電車内での過ごし方は?痴漢冤罪保険に入りたい?1都3県の通勤・通学電車事情(マクロミル調べ)

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「トレンドアイズ」として調査結果をお届けしています。
vol.70は「通勤・通学電車」をテーマに、1都3県在住で、電車を使って通勤・通学している男女500名を対象に、通勤・通学電車事情を調査しました。また最近は、「男性専用車両」の導入や、「痴漢冤罪保険」の誕生などが話題ですが、このように変化する環境についても調査しました。
<Trend Eyes vol.70>

■Topics

  • 通勤・通学電車で8割強がスマホ・タブレットを操作。やることは、1位 メールやメッセージ、2位 ニュースのチェック、3位 SNS
  • 通勤・通学電車でプレーするゲームは、「パズルゲーム」が5割超で圧倒的な人気
  • 女性のホンネ。「男性専用車両」の導入賛成は74%、「女性専用車両」の利用は36%
  • 男性のホンネ。「男性専用車両」の“導入に賛成 ”“利用したい”、ともに6割
  • 「痴漢冤罪保険」、男性の半数弱が“入会を検討”。女性も5人に1人が検討


■調査結果

通勤・通学電車で8割強がスマホ・タブレットを操作。やることは、1位 メールやメッセージ、2位 ニュースのチェック、3位 SNS

通勤・通学電車での過ごし方を調査しました。最も多い過ごし方は、「スマホやタブレットを操作する」でダントツの84%、2位は「車内広告を見る」46%、3位は「ぼーっとする」46%でした。

8割以上の人が「スマホやタブレットを操作する」と回答しましたが、具体的に何をしているのでしょうか。1位は「メールやメッセージのチェックや送信」85%、2位「ニュースをチェックする」65%、3位「SNSを閲覧、投稿する」55%でした。

【図】通勤・通学電車内での過ごし方 上位5位
ベース:全体(n=500)/最大10個まで選択

 


【図】通勤・通学電車において、スマホ・タブレットですること 上位5位
ベース:通勤・通学電車内で「スマホ・タブレット」を操作する人(n=471)/最大10個まで選択

 


 

「痴漢冤罪保険」、男性の半数弱が“入会を検討”。女性も5人に1人が検討


痴漢被害や、痴漢の冤罪、それらによる事件事故や電車の遅延などのニュースが度々報じられています。このような中で誕生した「痴漢冤罪保険」を知っているか聞くと、約半数の48%が知っていると回答しました。さらに、入会を検討したいか聞くと、男性の46%、女性も5人に1人にあたる22%が、「入会を検討したい」と回答しました。

【図】痴漢冤罪保険の入会意向
ベース:全体(n=1,000)



 >>その他のTopicsの詳細や調査項目の結果は、以下URLよりご確認いただけます。
https://honote.macromill.com/report/20170627/?cid=SL-PR



<その他の調査項目>
・通勤・通学で利用する電車の路線
・通勤・通学に掛かる片道の時間
・通勤・通学電車の中での過ごし方 6位以下の回答内容
・通勤・通学電車の中で、スマホ・タブレットで行っていること
・最近印象に残っている車内広告
・「痴漢冤罪保険」の認知率
 

▼ 調査概要
調査主体 マクロミル
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象 1都3県にお住まいで、電車で通勤・通学している15~59歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法 平成27年国勢調査による、性別×年代×地域(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の人口動態割付/合計500サンプル
調査期間 2017年6月13日(火)~14日(水)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マクロミル >
  3. 電車内での過ごし方は?痴漢冤罪保険に入りたい?1都3県の通勤・通学電車事情(マクロミル調べ)