3月就活スタート時の一人あたりのエントリー社数の平均は26.3社。 キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年3月)

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2018年3月卒業予定の全国の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、3月1日時点の就職活動調査を行いました。(調査時期:2017年3月1日~6日、回答数:1,423人)

1.エントリー状況
○一人あたりのエントリー社数の平均は26.3社。前年調査(25.0社)より1.3社増加しました。
○今後の予定社数の平均は16.4社。前年調査(22.2社)より5.8社少ない見込みです。

2.選考試験の受験状況
○エントリーシート提出者は37.9%、筆記試験受験者41.3%、面接試験受験者33.9%で、すべて前年の実績を上回っています。

3.3月1日現在の内定状況
○内定率は6.0%で、前年同期(5.0%)より1.0ポイント増加しました。
○内定企業の6割(60.9%)はインターンシップ参加企業でした。

4.現時点の志望業界
○志望業界1位「銀行」、2位「水産・食品」、3位「素材・化学」で前年と同じ順位でした。

5.企業研究を行う上で知りたい情報
○トップ3は、「実際の仕事内容」「社風」「他社と比べた強み・弱み」でした。
全体的には分散しており、企業研究の際に必要とする情報は多岐にわたるので、企業には就活生が知りたい情報をより積極的に開示することが望まれます。

6.就職活動で話題になっていることや真偽が知りたい噂(コメント)
○「インターンの選考に落ちてしまうと本選考で絶対に受からない?」、「インターン優遇があるのかないのか」、「集団面接の際、人が喋っているとき、うなずかなきゃいけないかどうかすごく知りたい」など様々な内容の疑問が集まりました。

▼調査概要
調査対象 : 2018年3月に卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)
回答者数 : 1,423人(文系男子500人、文系女子421人、理系男子339人、理系女子163人)
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2017年3月1日~6日
サンプリング : キャリタス就活2018学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

図表1. エントリー状況
 


図表2. 選考試験の受験状況


図表3. 3月1日現在の内定状況   ※「内定」には、内々定を含む


図表4. 志望業界(上位5業界)


図表5. 企業研究を行う上で知りたい情報



6.就職活動で話題になっていることや真偽が知りたい噂



詳細はこちら
http://www.disc.co.jp/uploads/2017/03/20170315gakuseityousa2018.pdf

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DISCO >
  3. 3月就活スタート時の一人あたりのエントリー社数の平均は26.3社。 キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年3月)