5人に1人がSNSに写りこむ部屋のキレイさを意識!2017年末は“SNS映え”を意識して大掃除してみては?

~SNS投稿の実態について調査~

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村 輝治)は、全国の20歳以上の男女に、大掃除に関連したSNS投稿の実態をインターネット調査しました。

自宅で撮った写真をSNSに投稿するときや、他人が投稿した写真を見るときに感じることについて尋ねたところ、5人に1人が「部屋がキレイでない場合、自宅で撮った写真はSNSに投稿したくない」と回答。中でも20代の女性では3人に1人にのぼり、SNS映えや写りこむ部屋のキレイさへの意識の高さがうかがえます。
年末年始はイベント事が多く、自宅で楽しく過ごす様子をSNSに投稿する回数も増えることが予想されます。ぜひ躊躇なく部屋で写真を撮ったり、SNSに投稿できるように、2017年末の大掃除にしっかり取り組んでみてください。

【 調 査 概 要 】
■調査目的:2017年末の大掃除に関連したSNS投稿の実態の把握
■調査対象:20歳以上の男女
■調査時期:2017年10月5日(木)~10月7日(土)
■調査地域:全国(エリア区分:北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州)
■調査方法:インターネットリサーチ
■調査時期:2017年10月5日(木)~10月7日(土)
■サンプル数:2,080サンプル
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダスキン >
  3. 5人に1人がSNSに写りこむ部屋のキレイさを意識!2017年末は“SNS映え”を意識して大掃除してみては?