発売から続々重版! 急性白血病から復帰を果たしたJリーガー 早川史哉選手の1,287日を綴った渾身の著書『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』がマンガに!!

4月11日(日)より『マガポケ』にて連載開始!

株式会社徳間書店 (本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:小宮英行)は、2019年10月の発売からこれまでに3度の重版がかかっている、サッカーJ2リーグ、 アルビレックス新潟所属、早川史哉選手が、自らの急性骨髄性白血病の闘病生活、サッカー、そして、仲間への思いを綴った初の著書 『 そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常 』 が、このたび株式会社講談社(本社:東京都文京区音羽 代表取締役社長:野間省伸)が配信するマンガアプリ「マガジンポケット(以下、マガポケ)」にて完全コミカライズし、2021年4月11日(日)より連載開始となりますことをお知らせ致します。

©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021 ©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021

 原作となる書籍『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』は、アルビレックス新潟 の 早川史哉選手が、自身の生い立ちや選手としてのキャリアをはじめ、急性白血病の発症後、どのような想いで日常を過ごし、どのような壁にぶつかり、どのように受け入れ、どのように生きてきたのかを記した書籍です。「マガポケ」では、この不屈のJリーガー 早川史哉選手が戦い抜いた1287日を、新鋭漫画家の伊禮ゆきとし氏が完全コミカライズいたします。
  •  作品概要

©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021

『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』
著者/伊禮ゆきとし 原作/早川史哉
[URL] https://pocket.shonenmagazine.com/episode/3269632237306433643

<あらすじ>
いつもの朝のはずだった――。
プロデビューしたばかりのJリーガー・早川史哉はその日、急性白血病と診断された。開幕戦からスタメンを摑み、これからという時に襲った病魔。
壮絶な闘病、果てのない不安、そして復帰への希望。
不屈の男が戦い抜いた1287日を新鋭漫画家が完全コミカライズ。
  • 原作者:早川史哉 氏より
ついに『そして歩き出す』がコミカライズされます。漫画で描いていただいたことから、当時の情景や感情が、より現実味を持って思い出されました。
原作の書籍を読んでいただいた方には、絵を通じて新たに感じてもらえるものもあると思います。
また、コミカライズしていただいたからこそ、今まで届けられなかった方々にも触れてほしいと願います。
 
  • サンプルページ

©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021

 

©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021©伊禮ゆきとし、早川史哉 2021

  • URL各種
●「マガポケ」の無料DLはコチラから!
<App Store>iPhone/iPadの方
https://itunes.apple.com/jp/app/id998542154

<Google Play>Android端末の方
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.kodansha.android.magazinepocket

<WEB版>で充実の連載ラインナップをチェックしよう!
https://pocket.shonenmagazine.com
連載作品(一部)の試し読みもOK!

●公式twitter(@magapoke)  https://twitter.com/magapoke
更新情報や耳寄りなキャンペーン情報など、毎日つぶやき中! 

●公式ブログ「マガポケベース」  https://pocket.shonenmagazine.com/article/
マガポケ編集部がお送りする公式ブログ。裏話やオモシロ記事が満載!
  • 原作者プロフィール

©ALBIREX NIIGATA ©ALBIREX NIIGATA

早川史哉(はやかわ・ふみや)
1994 年 1 月 12 日、新潟市生まれ。プロサッカー選手。

アルビレックス新潟のアカデミー組織の出身。高校2年の 2011年にトップチームに2種登録される。メキシコで開催された2011FIFA U17ワールドカップには、FWからDFまでこなすオールラウンドプレーヤーとして3得点を挙げる活躍をみせた。2012年に筑波大学に進学して蹴球部に入部。関東大学リーグ2部に降格したチームを主将として引っ張り、1部への返り咲きをはたした。
 2016年シーズンにアルビレックス新潟へ加入。2016年2月27日のJ1開幕節・湘南戦に先発フル出場デビューをはたし、開幕戦を含めたリーグ戦3試合とヤマザキナビスコカップ1試合に先発フル出場。しかし、4 月24日のJ1第8節・名古屋戦後にリンパ節の腫れを訴え、病院で検査を受けた結果、急性白血病と診断される。抗がん剤治療ののち、同年11月に骨髄移植手術を行う。
2017年から治療に専念するため選手契約を一旦凍結。同年7月に病院を退院すると復帰に向けたリハビリを開始。 
2018年3月にアカデミー組織、2018年8月にトップチームの練習に合流。10月には対外試合に出場し、11月12日に契約凍結が解除されて、2年7カ月ぶりにプロサッカー選手に復帰。2019年8月17日、J2第28節・岡山戦で1256日ぶりにメンバー入りをはたすと、10月5 日には、J2第35節・鹿児島戦にフル出場。カップ戦を含めると、実に1287日ぶりに公式戦のピッチでプレーした。

アルビレックス新潟公式HP 内 早川選手ページ  https://www.albirex.co.jp/team/player/28/
オフィシャルTwitter  https://twitter.com/paya238
オフィシャルInstagram  https://www.instagram.com/fumizo_official/
オフィシャルブログ  https://ameblo.jp/fumiya hayakawa0112/
  • 原作情報

早川史哉著『そして歩き出す』(徳間書店)早川史哉著『そして歩き出す』(徳間書店)

[タイトル]  そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常
[著者]  早川史哉
[発売日]  2019年10月26日(土)より好評発売中
[定価]  1,650円(10%税込)
[判型/仕様]  四六判ソフトカバー
[発売]  株式会社徳間書店
[商品URL] http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198649586



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 徳間書店 >
  3. 発売から続々重版! 急性白血病から復帰を果たしたJリーガー 早川史哉選手の1,287日を綴った渾身の著書『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』がマンガに!!