10月より新規実施の「相続検定2級」「年金検定2級」検定試験セミナー開催

申込者多数のため急遽追加実施するなど大好評!

公認会計士や税理士など、多くの国家資格や検定試験の受験指導といった教育事業を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役:多田敏男)は、2019年秋より新たに開始される検定試験「相続検定2級」及び「年金検定2級」の創設の意義や内容を伝える検定試験セミナーを、当該検定試験の実施団体である一般社団法人 日本金融人材育成協会との共催により、4月21日(日)にTAC八重洲校にて開催いたしました。

2つの検定は発表直後から大きな話題を集め、このセミナーへの注目度も非常に高かったこともあり、早々に定員を上回る大変多くの方からの参加申込みをいただきました。このため急遽、同じ内容のセミナーを同日に追加して実施。検定試験の盛り上がりを十分に期待させるものとなりました。


■人生100年時代に、将来のライフプラン設計と、頼られるアドバイザー・相談者となるための検定試験
人生100年時代ともいわれるようになりましたが、それに伴い、相続の件数も増加を続けています(※1)。各所へ寄せられる相談は相続だけにとどまらず、事業承継、年金受給に関するものが増加しています(※2.3.4)。これらに対応するために、専門的かつ実務的な知識と能力を持った、頼られる“アドバイザー・相談者”の育成が急務となっています。

セミナー当日は試験アドバイザーでもある講師が、2つの検定試験の概要や出題形式を説明したうえで、実際の試験を想定した問題を使って解説を実施。また、この資格の取得は単に自身の将来のライフプランにも役立つだけではなく、仕事の場での業務の拡大にも有用であると説明、その言葉に、多くの参加者が賛同する場面が見られました。

セミナーには20代~70代までの幅広い年齢層(最高齢は77歳の方)の、計81名の方にご参加いただきました。興味深い点として、女性の方の関心度が非常に高かったようで、参加者のうちの約半数の方が女性の方となりました。

新たな検定への期待感を持ち、サンプル問題の解答解説を真剣に聞き入り、質疑応答でも多くの質問が寄せられるなど、熱気溢れるセミナーは好評のうちに終了し、認定教育機関であるTACが行う対策講座の申込を早くもされる方もいらっしゃるなど、検定試験への期待感が十分感じられるものとなりました。

【参加者の声】
  • セミナーを受けて、本気で受験に向けて学習する気になりました。(介護福祉士)
  • もっと勉強して知識を広げたいと思いました。患者さんの家族の相談に乗れるのでは。(医療相談員)
  • 会計事務所のクライアントにおいても相続事業承継問題は需要があるので、今後の仕事に結びつけていきたい。(会計事務所勤務)
  • 60歳以上の金融資産保有者が多数存在している中、ライフプラン策定にあたり、適切なコンサルティングが可能となると感じました。(金融機関勤務)

TAC株式会社は、昨今社会問題となっている数々の課題を解決するために、頼られるアドバイザー・相談者の育成を目指すという日本金融人材育成協会の設立趣旨に賛同し、認定教育機関として一人でも多くの方が新たに創設されたこの資格を取得できるよう、教育コンテンツの開発に努めております。そのため、今後もこのようなセミナー等を企画・実施し、時代の要請に応じた人材の輩出に寄与して参ります。

------
※1 国税庁「相続税の申告状況」(平成29年12月)によると、課税対象被相続人数は平成28年分では約10万6,000人にまで増加。
※2 裁判所「裁判の迅速化に係る検証に関する報告書 家庭裁判所における家事事件の概況及び実情並びに人事訴訟事件の概況等」(平成27年7月)によると、平成26年における遺産分割に関する新受件数は1万5261件となり長期的に見ると増加傾向である。
※3 中小企業庁「事業承継・創業政策について」(平成31年2月)によると、後継者不在の中小企業・小規模事業者の事業引継ぎを支援するため、マッチング支援を行う「事業引継ぎセンター」の相談件数は平成30年度で3万件を突破。
※4 日本年金機構「運営評議会」資料(平成30年12月)によると、年金事務所への来訪相談件数は平成29年度で558万件にのぼる。
​------

■セミナー登壇講師
月井 京(つきい たかし) 氏
 月井FP事務所代表 CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士
 FPとして相続対策を含む数多くのライフプラン相談に対応し、顧客からの厚い信頼を得ている。

川島 隆良(かわしま たかよし)氏
 社会保険労務士、宅建士、メンタルヘルス・マネジメント®検定Ⅱ種合格。
 年金関連のスペシャリストであり、年金関連書籍を多数執筆するなどして活躍中である。


■相続検定2級/年金検定2級とは
「相続検定」は相続に関する専門的、実務的な知識及び能力を身につけていることを証明する検定試験です。また「年金検定」は、公的年金給付や公的医療保障に関する専門的、実務的な知識及び能力を身につけていることを証明する検定試験です。第1回検定試験は、2019年10月20日(日)に実施予定となっています。


■TACの対策講座
TAC株式会社は、検定試験を主催する(一社)日本金融人材育成協会の認定教育機関として、各検定試験の対策講座を販売しています。

相続検定2級対策講座HP
https://www.tac-school.co.jp/kouza_sozoku.html

年金検定2級対策講座HP
https://www.tac-school.co.jp/kouza_nenkin.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■会社概要 
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田敏男 
設 立:1980年12月 
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業 
本 社:〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18 
電話番号:03-5276-8911(代表) 
Webサイト:https://www.tac-school.co.jp/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TAC株式会社 >
  3. 10月より新規実施の「相続検定2級」「年金検定2級」検定試験セミナー開催