ティファニー、ブランド史上初となるeスポーツトロフィーを『モンストグランプリ』のために制作

ティファニーは、日本で人気を誇るスマホアプリ『モンスターストライク』のために、ブランド史上初となるeスポーツトロフィーを制作いたします。ビリヤードの要素を取り入れたひっぱりアクションRPG『モンスターストライク』。同ゲームを開発した株式会社ミクシィが展開するエンターテインメント事業ブランド「XFLAG(エックスフラグ)」からの発注を受け制作された本トロフィーには、7月10日~7月11日に開催される『モンストグランプリ2021 ジャパンチャンピオンシップ』決勝大会で優勝チームの名前が刻まれます。スターリングシルバーと24Kゴールドで仕上げられたこの傑作は、160年以上にわたり数々のスポーツトロフィーをデザイン・制作してきたティファニーの歴史に新たなマイルストーンを刻みます。

 

eスポーツアプリ「モンスターストライク スタジアム」を象徴するエンブレムから着想を得てデザインされた『モンストグランプリ』トロフィーは、スターリングシルバーをベースに24Kイエローゴールドのバーメイルで仕上げられ、高さ約48cm、重さ約4.5kgを超え圧倒的な存在感を放っています。また、ティファニーの卓越したクラフトマンシップの証しである「TIFFANY & CO. MAKERS Ag 925」が刻印されています。

ティファニーのスポーツトロフィー制作における輝かしい歴史は、1860年に競馬トーナメントで贈られたウッドローン ベース(Woodlawn Vase)から始まりました。そのレガシーは現在にも受け継がれ、ティファニーは今でも数々の著名なスポーツトロフィーを制作しています。NFLスーパーボウルの「ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー」、NBAの「ラリー・オブライエン・チャンピオンシップ ・トロフィー」、PGAツアー・フェデックスカップの「PGAツアー・フェデックスカップ・トロフィー」などいずれも、ロードアイランド州カンバーランドにあるホローウェア工房にて、「ティファニーメーカー」と呼ばれる熟練の職人たちによって手作業で制作されています。世界で最も熟練した銀細工職人が一堂に会し、クラフトマンシップへの絶え間ない献身を注ぎながら、貴金属から芸術作品ともいえる輝くトロフィーの数々を生み出しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク >
  3. ティファニー、ブランド史上初となるeスポーツトロフィーを『モンストグランプリ』のために制作