【緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置解除前後の移動に関するアンケート結果】解除後は車でのお出かけが増加、withコロナ時代の移動では「車(76.7%)」を選択するという人が最多に

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、akippaユーザーを対象に「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置解除前後の移動」に関するアンケート調査を実施いたしましたので、その結果を発表いたします。

【調査概要】
調査主体:akippa株式会社
調査方法:アンケート調査
エリア:全国
有効回答数:636
対象:akippaユーザー
調査対象期間:2021年12月13日(月)〜12月20日(月)

・調査結果データの引用、転載に際しては必ず「駐車場予約アプリakippa調べ」または「akippa株式会社調べ」と記載してください。
・調査結果に関する問い合わせは、下記担当者までお問い合わせください。

 
  • 【調査結果概要】
緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置「解除前後」の車移動に関する調査結果
・解除前と比較して、解除後に「車移動が増えた」と回答した人は31.6%という結果に
・解除前と比較して、解除後は「レジャー(20.8%)」や「旅行・観光(17.5%)」などのおでかけでの車移動が増加傾向に
withコロナ時代での移動に関する調査結果
・withコロナ時代での移動において最も利用が増えると予想されるものは「車(76.7%)」が最多という結果に
・車移動をする際に予想される困りごとの半数以上が「駐車場に関する困りごと」
 
  • 【調査結果詳細】
■緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置「解除前」と比較して車での移動は増えましたか?


・解除前と比較して、解除後に「車移動が増えた」と回答した人は31.6%という結果に
緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置「解除前」と比較して車での移動は増えたか質問したところ、31.6%の人が増えたと回答しています。
理由としては「外出の機会が増えた」という意見が多く挙げられており、移動の制限解除に伴い、車移動も増えていることが分かります。一方で、混雑回避を目的として車での移動を選択しているという意見もあり、宣言等の解除後も密を避けた移動を心がけている人もいることが想定できます。
反対に、減った(6.4%)と回答した人の理由を見てみると「車通勤が減った」などの意見が挙げられました。
また、変わらない(61.9%)と回答した人のなかには「普段から車を利用している」という意見が挙げられており、制限の有無に関わらず、車移動をしているという人も多いようです。


■緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置「解除前後」の車の利用目的で多かったものを教えてください。
(複数回答・上位10位)

・解除前と比較して、解除後は「レジャー(20.8%)」や「旅行・観光(17.5%)」などのおでかけでの車移動が増加傾向に
次に、車の利用目的で多かったものを解除前後で比較してみると、解除前は「買い物(67.8%)」や「通勤(44.5%)」など日常生活での車利用が多く挙げられました。
一方で、解除後は「レジャー(20.8%)」や「旅行・観光(17.5%)」などの項目が解除前を上回っており、宣言等の解除に伴いおでかけでの車移動が増加傾向であることが分かります。


■withコロナ時代での移動手段として最も利用が増えると思うものを教えてください。

・withコロナ時代での移動において最も利用が増えると予想されるものは「車(76.7%)」が最多という結果に次に、withコロナ時代での移動において最も利用が増えると思うものを聞いてみたところ、「車(76.7%)」が最多という結果になりました。
多くの人が、密や他人との接触を避けられることを理由に挙げており、この先も引き続き、感染予防を意識した移動をする人が多いことが伺えます。
他にも「便利だから」「子どもがいるから」などの理由もありました。
2番目に多かった「自転車(11.3%)」では、車と同様に密の回避はもちろん「運動のため」「安価」などの理由も挙げられました。


■withコロナ時代での車移動において予想される困りごとを教えてください。 

・車移動をする際に予想される困りごとの半数以上が「駐車場に関する困りごと」

最後にwithコロナ時代での車移動において予想される困りごとを聞いてみたところ、「駐車場料金が高い(32.1%)」と答えた人が最多という結果になりました。
withコロナ時代でも、他人との接触を避けるために車移動をしたいと考える一方で、車移動の機会が増えるとともに駐車場の利用回数が増えたり都心部など駐車料金が高いエリアへも車移動をするようになったりすることで、思わぬ出費に繋がっているようです。
他にも「駐車場が見つからない(16.5%)」、「駐車場が満車(14.2%)」など駐車場に関する困りごとが上位にランクインしており、半数以上を占めています。
ドライバーにとって駐車場に関する困りごとは大きな課題となっているようです。

 
  • ■駐車場でお困りの方へ
akippaには、事前に予約して利用できる駐車場が全国にあります。事前決済のため追加料金を心配する必要もなく、都心部でも駐車場料金を比較的安価に抑えることができます。
withコロナ時代での車移動をお考えの際は、akippaにて駐車場の予約をご検討ください。
駐車場予約アプリ「akippa」は以下よりご利用いただけます▼
https://www.akippa.com/

■akippaからのお願い
他人との接触を避けて移動ができるバイクや車は、感染リスクが低い移動手段ですが、どちらも移動には「駐車場」が欠かせません。
私たちは予約できる駐車場をたくさん提供することで、人々の移動に「安心」をプラスでききるよう、予約ができる駐車場の数を増やしております。しかしエリアによっては足りないのが現状です。初期費用や月額費用、初期投資は一切かからないので、ご自宅や職場、周囲の方々が空いている駐車場、土地をお持ちでしたら一時的にでも貸し出しをしていただけたら幸いです。
貸し出し登録はこちらからお願いします▼
https://www.akippa.com/owner


akippaでは今後も”世の中の困りごとを解決する”企業として、人々の移動をより安心に“あいたい”をつなげられるよう努めてまいります。


■akippaとは
駐車場のシェアリングサービス。
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設など空いているスペースを、Webまたはアプリから事前予約・事前決済して安く利用できるサービスで、会員数は累計250万人(2022年1月時点、貸主は含まない)を突破。
空いているスペースをお持ちの方は誰でも簡単に登録・貸し出しができ、費用をかけることなく副収入を得ることができます。EV用充電器が設置されている駐車場を含め予約できる駐車場は全国に常時3万件以上あり、順次拡大中です。
駐車場の事前予約は、駐車場を探しながら運転するうろつき交通の削減、排出ガスの削減になることから、脱炭素化社会への貢献にもつながります。
https://www.akippa.com/

【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報(担当:石川、森村)
東京オフィス:〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4-7  +SHIFT KANDA 2F
大阪オフィス:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー14F
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: https://akippa.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. akippa株式会社 >
  3. 【緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置解除前後の移動に関するアンケート結果】解除後は車でのお出かけが増加、withコロナ時代の移動では「車(76.7%)」を選択するという人が最多に