第3世代AMD Ryzen™ Threadripper™をサポートするTRX40チップセット搭載のハイエンドマザーボード3製品を発表

ASUS JAPAN株式会社は、第3世代AMD Ryzen™ Threadripper™をサポートするTRX40チップセット搭載のハイエンドマザーボード3製品を発表しました。
■ ROG Zenith II Extreme


----------------------------------------------
・製品名:ROG Zenith II Extreme
・対応CPU:第3世代 AMD Ryzen™ Threadripper™
・対応ソケット:Socket sTRX4
・チップセット:AMD TRX40
・対応メモリ:DDR4-4600×8 (最大256GB)
・拡張スロット:PCIe 4.0 x16×4
・ストレージ機能:M.2×3、M.2×2 (付属のSO-DIMM.2拡張カード使用)、SATA 6Gb/s×8
・USB機能:USB 3.2 Gen 2x2×1、USB 3.2 Gen 2×9、USB 3.2 Gen 1×8、USB 2.0×3
・無線機能 : Wi-Fi 6 IEEE802.11 ax/ac/n/a/g/b、Bluetooth 5.0
・ネットワーク機能:10GBASE-T×1、1000BASE-T×1
・フォームファクター:Extended ATX(310mm×277mm)
・価格:未定
・発売予定日 : 未定
・製品ページ : https://www.asus.com/jp/ROG-Republic-Of-Gamers/ROG-Zenith-II-Extreme/
----------------------------------------------

○ 「ROG Zenith II Extreme」の主な特長

チーム化された電源アーキテクチャ​
最新のCPUアーキテクチャは、省電力モードから全負荷に瞬時に移行するため、そのことを前提にマザーボードの電力設計が行われる必要があります。ASUSの最新のVRMアーキテクチャは、標準的な熱性能を維持しながら、チーム化された16のパワーステージを使用して急速に変わる要求電力に対して低遅延での供給を目的としたデザイン設計を採用しています。

アクティブクーリングヒートシンク
ヒートシンク内にあるカスタムDelta Superfloファンは60°C以上で作動し、500ワット以上の持続的な消費電力を処理できます。またチップセットのアルミニウム製ヒートシンクの下には、60°C以上で稼働開始するファンを搭載しています。 SoC VRMは、このファンのエアフローの経路にも配置されており、メモリオーバークロック中も冷却状態を維持します。

優れたコネクティビティ
ROG Zenith II Extremeは、AMD Ryzen™ Threadripper™の64レーン機能を最大限に活用し、最大20のPCIeデバイスを同時に接続できるようにします。 すべてのPCIe x16およびM.2はPCIe 4.0で配線されており、ボードはAquantia 10 Gbpsイーサネットと最新のWi-Fi 6(802.11ax)の両方を搭載しているため、有線ネットワークとワイヤレスネットワークの両方を高速化します。



■ ROG STRIX TRX40-E GAMING

----------------------------------------------
・製品名:ROG STRIX TRX40-E GAMING
・対応CPU:第3世代 AMD Ryzen™ Threadripper™
・対応ソケット:Socket sTRX4
・チップセット:AMD TRX40
・対応メモリ:DDR4-4400×8 (最大256GB)
・拡張スロット:PCIe 4.0 x16×3、PCIe 4.0 x4×1
・ストレージ機能:M.2×3、SATA 6Gb/s×8
・USB機能:USB 3.2 Gen 2×9、USB 3.2 Gen 1×4、USB 2.0×4
・無線機能 : Wi-Fi 6 IEEE802.11 ax/ac/n/a/g/b、Bluetooth 5.0
・ネットワーク機能:2.5GBASE-T×1、1000BASE-T×1
・フォームファクター:ATX(305mm×244mm)
・価格:未定
・発売予定日 : 未定
・製品ページ : https://www.asus.com/jp/ROG-Republic-Of-Gamers/ROG-Strix-TRX40-E-Gaming/
----------------------------------------------

○ 「ROG STRIX TRX40-E GAMING」の主な特長


LEDでマザーボードを美しく照らす「Aura」機能を搭載
Aura Sync RGBイルミネーションは、Auraに対応したすべての製品のLEDを1つのアプリケーションからまとめてコントロールし、シンクロした自分好みの光り方にすることができます。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダをマザーボード上に搭載しており、市販のLEDテープを接続すれば、PC全体をLEDテープでデコレーションすることができます。

・高機能オーディオ設定ソフト「Sonic Studio III」
Sonic Studioは、VRヘッドセット用にHRTF(頭部伝達関数)ベースのバーチャルサラウンドをサポートしており、風景を感じるような深みのあるサウンドを再現します。直感的なインターフェイスには、さまざまなEQオプションが用意されており、ユーザーの好みやヘッドセットの特性に合わせて音響を調整することができます。


・GameFirst V
GameFirst Vは、ネットワークトラフィックとネットワーク接続を最適化し、高速で遅れのないオンラインゲーミングを実現するROG独自のツールです。最大限の安定性と最小限の干渉を実現する最良のWi-Fiチャンネルを選択し、ゲートウェイのチーミングや帯域幅を消費するアプリケーションのモニタリングが可能です。直感的に操作できるインターフェースによって、簡単にオンザフライ調整を行うことができます。



■ PRIME TRX40-PRO

----------------------------------------------
・製品名:PRIME TRX40-PRO
・対応CPU:第3世代 AMD Ryzen™ Threadripper™
・対応ソケット:Socket sTRX4
・チップセット:AMD TRX40
・対応メモリ:DDR4-4400×8 (最大256GB)
・拡張スロット:PCIe 4.0 x16×3、PCIe 4.0 x4×1
・ストレージ機能:M.2×3、SATA 6Gb/s×8
・USB機能:USB 3.2 Gen 2×5、USB 3.2 Gen 1×10、USB 2.0×2
・ネットワーク機能:1000BASE-T×1
・フォームファクター:ATX(305mm×244mm)
・価格:未定
・発売予定日 : 未定
・製品ページ : https://www.asus.com/jp/Motherboards/Prime-TRX40-Pro/
----------------------------------------------

○ 「PRIME TRX40-PRO」の主な特長

堅牢な電源設計
新しいAMD Socket sTRX4は、最大32コア、最大64 PCIe 4.0レーン、280ワットの熱設計電力(TDP)を備えた第3世代AMD Ryzen Threadripper CPUと互換性があります。 この仕様には大きな電力が必要なため、Prime TRX40-Proには、プロセッサが創造性を維持できるように16のパワーステージを含む強化された電力ソリューションが装備されています。

業界最高水準の高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載
Fan Xpert 4は、CPUファンとケースファン、および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能です。PWMファンとDCファンの両方に対応しており、PWMファンに対しては、DC制御を組み合わせることで低回転時の制御精度を向上する、PWM/DCハイブリッド制御の「Extreme Quietモード」を使用できます。

5-Way Optimization
ワンクリックで複雑なチューニングを自動設定します。5-Way Optimizationは PCビルドに合わせてカスタマイズされたオーバークロックと冷却の設定を提供し、自動的にシステム全体のチューニングを施します。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ASUS JAPAN株式会社 >
  3. 第3世代AMD Ryzen™ Threadripper™をサポートするTRX40チップセット搭載のハイエンドマザーボード3製品を発表