ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパが2019年に誕生

全89室、スパ、レストランを備えた世界屈指のラグジュアリーなスパ・リゾート

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、本日、東京センチュリー株式会社が新たに開発し、GHS株式会社が経営する大分県別府市のスパ・リゾート開発プロジェクトに参画し、GHSとのホテルマネジメント契約のもと、IHGのラグジュアリーホテルブランドである「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」が出店することで合意に至りました。
IHG・ANA・ホテルズグループジャパン(本社:英国、日本:東京都港区、CEO:ハンス・ハイリガーズ、以下、IHGANA))は、本日、東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅田 俊一、以下、東京センチュリー)が新たに開発し、GHS株式会社(本社:大阪府大阪市北区/東京都中央区、代表取締役:近藤 智、以下、GHS)が経営する大分県別府市のスパ・リゾート開発プロジェクトに参画し、GHSとのホテルマネジメント契約のもと、IHGのラグジュアリーホテルブランドである「インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ」(以下、インターコンチネンタル)が出店することで合意に至りました。

 

外観イメージ外観イメージ


東京センチュリーが大分県および別府市のサポート体制のもと、新たに開発するこのスパ・リゾートは、別府市街と別府湾を見渡す明礬(みょうばん)地区の景勝地に立地、総敷地面積およそ82,000㎡、89の客室、レストラン、専用ラウンジなど付帯サービスつき「クラブ・インターコンチネンタル」、スパ、フィットネスルーム、プールを備えたラグジュアリーなスパ・リゾート「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」として、2019年にオープンする予定です。

世界有数のラグジュアリーホテルブランドであるインターコンチネンタルによる、日本ならではの温泉をモチーフとした世界初のラグジュアリーなスパ・リゾートとして、国内外の集客を図ります。

IHGANAのCEO、ハンス・ハイリガーズは次のように話しています。
「インターコンチネンタルは、世界的に高い知名度を誇る、真の国際的ラグジュアリーホテルブランドで、世界の主要都市や数多くのリゾート地に展開しています。自然景勝、歴史、豊かな食、そして素晴らしい温泉に恵まれた大分・別府に誕生することをたいへん嬉しく思います。ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは、世界的にも希なラグジュアリー・リゾートとして、弊社ならではのIHGとANAの両ブランドの強みを活かし、国内外の多くのお客様から支持されると確信しています。」

本リゾートのプロジェクト開発者である東京センチュリーの代表取締役社長、浅田 俊一は次のように話しています。
「当社として初めて、ラグジュアリー・リゾートの開発を手がけ、さらに世界有数のホテルブランドであるインターコンチネンタルの誘致に成功し、たいへん嬉しく思います。ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパの開発を通して大分県や別府市がさらに豊かな国際観光都市として発展することを願っています。」

さらに、IHGANAとインターコンチネンタルとしての運営委託契約を結び、本リゾートを経営するGHS株式会社の代表取締役、近藤 智は、「大分・別府はアジアにおいても日本の代表的な温泉地として高い知名度があります。今後はさらに国際観光都市としてポテンシャルのあるデスティネーションになると注目しています。このたび、真のラグジュアリーブランドを体現するインターコンチネンタルが進出することにより、別府が世界的な観光地になると期待しています。」と話しています。

源泉数・湧出量ともに日本一を誇る別府温泉は、千数百の温泉が集まり、古代にさかのぼる歴史ある温泉地として知られています。韓国や台湾、中国、東南アジアを中心としたインバウンド旅行者のレジャー拠点として人気が高まり、さらに2019年にはラグビー・ワールド・カップの開催地の一つとなることが予定されています。別府市も温泉を活かした観光開発に積極的で、世界的なラグジュアリーホテルブランドの誘致により、日本有数の温泉地でワールドクラスのラグジュアリーな体験を求める世界の旅行者の認知を高め、誘客を促進することが期待されます。

インターコンチネンタルは、ロンドン、パリ、ニューヨーク、香港などの大都市の他、バリ島やタヒチ島などのリゾート地など、世界60カ国以上で187軒、そのうちアジア・中東・アフリカ地域では約3分の1にあたる69ホテルを展開しています。グローバルでは現在、さらに27軒を開発中です。日本では、ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂)やインターコンチネンタルホテル大阪(大阪府大阪市北区)など7ホテルを展開。専用ラウンジなどの付帯サービス付き客室「クラブ・インターコンチネンタル」や、経験豊富なコンシェルジュのサービス、高品質なインターコンチネンタルのグローバルスタンダード等、国内外からのお客様から高い評価をいただいているラグジュアリーホテルブランドです。

以上

インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツについて

インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツは、70 年の歴史を通じ、それぞれの土地ならではの魅力を知りつくした180以上 のホテルを世界 60か国以上で展開しています。卓越しつつも控えめなサービスと、充実した施設はもちろんのこと、お客様の滞在を最高のひとときにしていただけるよう、心からの思いやりを示していることに定評がございます。旅慣れたお客様にもスタッフが知るその土地ならではの魅力をご紹介し、お客様一人一人が他では味わえない本物の体験を通じて、お客様の人生に豊かで発見に満ちた滞在になるようお手伝いをします。
インターコンチネンタルについての詳しい情報は、インターネットでもご覧いただけます。
http://www.intercontinental.com
https://twitter.com/InterConHotels
http://www.facebook.com/intercontinental

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、2006年12月1日に、客室数で世界最大のホテルグループであるIHGと、ANAの業務提携により設立されたジョイントベンチャー会社で、国内で合計33ホテル、客室数約10,000室を運営する日本最大のインターナショナルなホテル運営会社です。
国内で 7 軒のインターコンチネンタル、18 軒の ANA クラウンプラザホテルのほか、5 軒のホリデイ・イ
ン、ANA ホテルを展開しています。2015 年には ANA クラウンプラザホテル岡山が誕生。2016 年 11 月 1 日から、新たにホリデイ・イン大阪難波が加わりました。2017年10月にはANAクラウンプラザホテル米子、12月にはANAクラウンプラザホテル札幌、さらに2019年にはANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパがオープンする予定です。
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト: http://www.anaihghotels.co.jp
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのニュースリリースサイト: http://www.anaihghotels.co.jp/corporate/pr

GHS株式会社について

ホテル経営・運営を軸に飲食・婚礼・不動産事業などトータルホスピタリティ事業をを幅広く展開しています。国内では、ANAクラウンプラザホテル大阪、ANAクラウンプラザホテル釧路、ANAクラウンプラザホテル千歳を中心としたホテル経営・運営を通じて、質の高いサービスとノウハウを育み、ホスピタリティ事業や観光産業のさらなる発展に貢献します。その他、米国を中心とした不動産ビジネスなどの海外事業、航空機リース事業にも拡大しています。
http://www.ghs-osaka.com/

東京センチュリー株式会社について

東京センチュリーグループは、広範な顧客基盤と豊富な資金調達力を有し、国内外のパートナー企業との強力なネットワークを構築しています。業界トップクラスの取扱高を誇る「国内リース事業分野」、成長を牽引する「スペシャルティ事業分野」、法人・個人向けオートリースにレンタカーを加えた「国内オート事業分野」、世界37カ国で展開する「国際事業分野」と、金融の枠を超えた幅広い事業領域で付加価値の高いビジネスを展開しています。規制に縛られない自由度の高い有利な経営環境を活かし、航空機事業や太陽光発電事業、ロボット派遣(レンタル)事業といった、リースや金融の枠にとらわれない、成長性の高い分野に注力しています。今後も様々なビジネスに果敢に挑戦することで、更なる成長機会を追求していきます。
https://www.tokyocentury.co.jp

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)/IHG・ANA・ホテルズグループジャパン >
  3. ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパが2019年に誕生