つくば市は日産自動車株式会社及び茨城日産自動車株式会社と、災害時における電気自動車による電力供給に関する協定を締結しました

 この協定は、災害時において電気自動車や充電スタンド等をつくば市が無償で借り受け、停電時における電力供給体制を整えることで、市民の生命、身体及び財産を守ることを目的としたものです。
 つくば市は本協定の締結を機に、ゼロ・エミッション社会の実現を目指す日産自動車株式会社の『ブルー・スイッチ』活動とともに、環境に優しく災害に強い持続可能なまちづくりの推進やEVの普及を通じた地域課題の解決、脱炭素化社会の実現、SDGsの達成に向け、様々な取り組みを行っていきます。

【協定名】 災害時における電気自動車による電力供給に関する協定

【締結日】 令和3年9月17日(金)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. つくば市 >
  3. つくば市は日産自動車株式会社及び茨城日産自動車株式会社と、災害時における電気自動車による電力供給に関する協定を締結しました