2/13発売『WIRED』日本版最新号Vol.27:科学のゆくえを問う大特集

「Before and After Scienceサイエンスのゆくえ」

2月13日発売の『WIRED』VOL.27は、”科学”はどこからきて、どこへむかうのかを問う大特集となっている。:村上陽一郎、CRISPR-Cas9、アンドレア・ウルフ ……and more!


世界が最も信頼するイノヴェイションメディア『WIRED(ワイアード)』日本版は、2月13日(月)に、雑誌『WIRED』VOL.27を発売します。特集タイトルは、「Before and After Science サイエンスのゆくえ」。人類に自由や進歩や豊かさをもたらしてくれるはずだった「科学」は、いつしか人を、科学自身を、窮屈な機械論的世界のなかに閉じ込めてしまった。「科学」は、いかにしてみずみずしさと驚きを取り戻すのか。

http://wired.jp/magazine/vol_27/

特集は、テクノロジーと科学の関係を見つめてきた科学哲学者・村上陽一郎のロングインタヴューを収録。さらに、この先科学は豊かさに満ちた「未知の世界」とどう向き合うのか、蔵本由紀、長沼伸一郎、北野宏明、宇川直宏、ピーター・ペジックの5人の賢人に訊いた。民俗学者の畑中章宏は柳田国男とガストン・バシュラールの火の考察から、もうひとつの「科学史」を問い直す。1月に発売された新刊『フンボルトの冒険』から一部抜粋。『フンボルトの冒険』の著者であるアンドレア・ウルフのインタヴューも掲載している。京都大学学際融合教育研究推進センター准教授・宮野公樹とゲーム作家・山本貴光が「サイエンス」の本来を問い直す。

さらに、トランプ大統領就任式当日に行われた50万人規模のウィメンズマーチに参加したライター佐久間裕美子が、アメリカの「戦いの時代」の姿を描くレポート「ふたつのアメリカ」も掲載する。また、科学が苦手な『WIRED』編集部がこの号をつくるために一生懸命読んだ13冊の本もご紹介!

特集「Before and After Science サイエンスのゆくえ」

村上陽一郎村上陽一郎


◇科学はどこからきて、どこへいくのか:科学哲学者・村上陽一郎との対話
テクノロジーと科学の関係を見つめてきた科学哲学者・村上陽一郎は、科学を「ユニークソリューション」として捉えてはならないという。科学が向かわなかった道とその行先を、自らの人生とともに振り返るロングインタヴュー。

 ◇神の鋏、CRISPR-Cas9:遺伝子編集・科学とビジネスと倫理の迷宮
2012年、カリフォルニアのふたりの女性生物学者が発表した論文は、種の運命を変えるだけでなく、莫大な富と権力をもたらす“神の御業”だった。この革命的な科学技術がもたらす“力”をめぐる骨肉の争いは、もはや誰にも止めることはできない。
 

アンドレア・ウルフアンドレア・ウルフ


◇『フンボルトの冒険』の著者、アンドレア・ウルフに訊く:わたしたちは、フンボルトの眼から
もう一度、世界を新しく見つめなおすことができる
科学の専門化以前の世界で「科学界のシェイクスピア」と呼ばれたドイツ人科学者、アレクサンダー・フォン・フンボルト。彼が生涯をかけて実践した人々の心に語りかけるストーリーとしての科学から、いま、わたしたちが学ぶべきこと。

◇飛びたたぬ梟たちのために:21世紀の「学問」論:宮野公樹×山本貴光
大学はかつて「学問」の場所だった。そこでは世界を理解するための“知”が、羽ばたく瞬間を待っていた。哲学から大学が遠ざかり、たこつぼ化が叫ばれるいまこそ「サイエンス」の本来を問い直す必要がある。京都大学学際融合教育研究推進センター准教授・宮野公樹とゲーム作家・山本貴光がオルタナティヴな知の殿堂、京都大学で相まみえた。
 

 

 ルパート・シェルドレイク ルパート・シェルドレイク


美しき異端:独立科学者、ルパート・シェルドレイクの肖像
かつて科学界のメインストリームから「もっとも危険な科学者」と糾弾されたルパート・シェルドレイク。以来30年以上にわたって、これまで科学が見て見ぬ振りをしてきた「日常に潜む不思議」に迫ってきた博士の姿から、いま、わたしたちが学ぶべきこととは何か?

◇遠野へ:柳田とバシュラールと火の科学史
科学的実証のない民話や神話は、現実ではないと言ってよいのだろうか。柳田国男とガストン・バシュラールの「火」の考察を手がかりに、民俗学者・畑中章宏が探るもうひとつの「科学史」の可能性。……and more!

Amazonにて予約受付中!:http://amzn.asia/fjzJcqX

本プレスリリースは次のリンクよりダウンロードいただけます:https://prtimes.jp/a/?f=d930-20170207-9088.pdf



■WIRED(ワイアード)1993年に米国で創刊し、現在5カ国で展開する、世界で最も影響力のあるテクノロジーメディア『WIRED』の日本版として、2011年6月にウェブサイトと雑誌を同時スタート。テクノロジーの進化を通して、カルチャーから、サイエンス、ビジネス、医療、エンターテインメントまで、社会のあらゆる事象を、読み応えのあるテキスト、美しいデザインとビジュアルでレポート。テクノロジーが時代をどう変え、時代がテクノロジーに何を望むかを考えることで、来るべき世界の未来像を探る総合メディア。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コンデナスト・ジャパン >
  3. 2/13発売『WIRED』日本版最新号Vol.27:科学のゆくえを問う大特集