電子出版プラットフォーム『Beyond Publishing』が地域コンテンツの電子出版拡販支援サービスを開始。第1弾は「沖縄発」電子書籍ポータルサイト「沖縄ebooks」

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、クラウド型電子出版プラットフォーム「Beyond Publishing(ビヨンドパブリッシング)」において、全国各地の郷土出版物やガイドブックを出版する地域法人の電子出版をトータルサポートする郷土出版支援サービスを2017年6月20日(火)より開始します。
第1弾は、沖縄県南風原町の印刷会社、近代美術(代表取締役:大城恵美)が運営する、電子書籍ポータルサイト「沖縄ebooks」です。

■沖縄ebooksとは


「沖縄eBooks」は沖縄県の郷土出版物・観光ガイド・希少価値の高い雑誌等をアーカイブした沖縄特化型の電子書籍ポータルサイトです。2011年1月25日のサイトオープン後、沖縄の観光業、出版業、印刷業、自治体、その他一般企業など、各方面の協力のもと、約600タイトルに及ぶ沖縄発の書籍、雑誌を電子書籍化して配信中です。
http://www.okinawa-ebook.com


■ブックビヨンドのおもな支援サービス

 


1)沖縄・琉球文化・歴史ライブラリーを国内外の有力サイトや様々な販売チャネルに配信
「沖縄ebooks」が刊行するセレクトブック『OKINAWA100』シリーズ、沖縄限定発売の沖縄県産コミック誌『ファミマガ』などの電子書籍制作から専用電子書店構築および配信や外部電子書店への販売登録までをトータル支援。県外では流通しない地域のレアな郷土本を中心とした、沖縄・琉球文化・歴史ライブラリーを国内外の有力サイトや様々な販売チャネルに配信していきます。

 



2)画像データしか残されていない希少な出版物の電子書籍化
「Beyond Publishing」にて、画像データしか残されていない希少な出版物の電子書籍化に着手。今後も「電子書籍を通じて沖縄の魅力を県外へ・海外へ」というコンセプトのもと、文化的価値の高い書籍をデジタルアーカイブ化。出版・印刷・書店事業を展開する地元企業ならではの、まちあるき・グルメ・歴史などの幅広いコンテンツの無料試し読みも可能です。


【沖縄eBooks 書籍詳細・販売】
https://bpub.jp/okinawa-ebook/


■地域特化型ポータルサイトのコンテンツマーケティングをBeyond Publishingがサポート!
電子出版プラットフォーム Beyond Publishing(ビヨンド・パブリッシング)は、学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンドが運営する、トータル電子出版ソリューションサービスです。
電子出版に必要な「制作」「出版」「販売」などの各種サービスがオールインワンで揃っています。専門的なソフトウェアを使うことなく電子書籍を制作でき、自社の専用電子書店や会員限定の電子書籍ライブラリーで販売することが可能です。しかもローコストで、専門知識がなくても簡単に扱え、自社で発行する書籍や学習テキストのデジタル化に積極的な出版社や教育研究関連団体をはじめ、著者、研究者などの個人にも活用されています。


■『Beyond Publishing』の出版社支援サービス
①自社専用電子書店サイト構築・運営システムの提供
②リフロー型(テキストレイアウト可変型)・固定型電子書籍の制作、配信機能
③デジタル献本機能
④主要電子書店への配信取次・プロモーション代行
⑤アクセス解析ツールの提供及び販売動向分析

『Beyond Publishing』URL
http://bpub.jp/

■商標について
記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ブックビヨンド >
  3. 電子出版プラットフォーム『Beyond Publishing』が地域コンテンツの電子出版拡販支援サービスを開始。第1弾は「沖縄発」電子書籍ポータルサイト「沖縄ebooks」