朗読劇『君の膵臓をたべたい』(双葉文庫)。岡本信彦、島﨑信長、直田姫奈、悠木碧ほか、出演キャスト8名からの意気込みコメントが到着! 機材席開放に伴い追加席の一般発売の延長も決定!

数々の大ヒット作品を世に送り出す小説家・住野よるのデビュー作であり、実写映画、劇場アニメ公開と、様々なメディアミックスを展開した大ヒット小説『君の膵臓をたべたい』の朗読劇が、2022年12月10日(土)・11日(日)に上演決定。

主人公である「僕」を岡本信彦・島﨑信長、「僕」のクラスメイトである山内桜良を直田姫奈・悠木碧がWキャストで演じ、桜良の親友・滝本恭子を古賀葵・原紗友里、「僕」と桜良のクラスメイト・ガムの彼・語りを伊東健人・中島ヨシキが担当する本作が、各公演の機材開放に伴い追加席の一般発売の延長が決定いたしました。

ローソンチケットにて、12月10日(土)・11日(日)の追加席を各公演の開演1時間前まで販売。価格は8,500円(税込)、先着順となり、上限数に達し次第受付終了となります。

また、12月11日(日)の2公演がローチケLIVE STREAMINGにて生配信が決定しており、価格は2,800円。公演後3日間アーカイブ視聴でもご覧いただけます。

本番公演直前の出演キャスト8名からの意気込みコメントも到着!
豪華声優陣の「生」のお芝居をお楽しみ頂ける本公演を是非、会場・生配信にてお楽しみください。
 
  • 12月10日(土)・11日(日)の各公演の機材開放により追加席の一般発売の延長決定!
発売期間:
【12月10日(土)昼の部】12月7日(水)22:00~12月10日(土)11:30

【12月10日(土)夜の部】12月7日(水)22:00~12月10日(土)17:30

【12月11日(日)昼の部】12月7日(水)22:00~12月11日(日)11:30

【12月11日(日)夜の部】12月7日(水)22:00~12月11日(日)16:00

ローソンチケット販売ページ:https://l-tike.com/kimisui-reading/

※ローソンチケットにて各公演の開演1時間前まで販売。※先着順となりますので、上限数に達し次第、受付終了となります。あらかじめご了承ください。
※会場でのチケット販売はございませんのでご注意ください。
 
  • 本番直前の出演キャスト8名からの意気込みコメントが到着!
稽古を終えた出演キャストの皆さんからの意気込みコメントを公開!
 

・僕 役:岡本信彦

「本作は作品を深く楽しみたいなら原作小説があるし、わかりやすく知りたいなら、映画でも見れる作品です。

でも、朗読劇は耳で楽しむ作品になるので、そう考えると僕らのファンの方や、耳で朗読を聞く楽しみを知っている方々が鑑賞に来て下さると思います。

そうした皆さんが、こういう骨太な朗読劇をまた見たい!と思ってもらえる作品にしたいです。ぜひ前のめりで、期待していただけたら嬉しいです!」

 

・僕 役:島﨑信長

「一番最初にこの朗読劇のお話しをいただいた際に、昨今声優の仕事が多岐に渡る中で、声優の本質である「声の演技」をしっかりと世の中に伝えたいという趣旨を伺いまして、そこに非常に共感したというか、大変テンションが上がりました。

「声の演技」で原作の良さを表現し伝えるという事で、ごまかしが利くような舞台にはできないと稽古を通して体感しています。当日公演をご覧くださった皆さんに、やっぱり素敵な原作だな、そして素敵な朗読劇だったな。と感じてもらえるように精一杯表現したいと思います。」

 

・山内桜良 役:直田姫奈

稽古では、岡本さんとはじめて「僕」と桜良の会話を合わせることができ、桜良が一方的にぐいぐいと突き進む中、「僕」のリアクションが入ってくるその会話の積み重ねが嬉しく、楽しく感じました。演じながら、桜良は「僕」との会話が楽しいのだろうなと、第三者として垣間見ることができました。

残りの稽古の中で、桜良の人となりをもっと掘り下げ、まだまだ磨きあげていって、もっと「僕」を引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います!

 

・山内桜良 役:悠木 碧

「桜良は作品の中で最も表情が豊かなキャラクターで、他の登場キャラクターと比べると桜良はかなり華やかに演じられるところが見せどころかなと思って頑張っています。

ただ、やりすぎてしまうと現代劇の良さがなくなってしまいますし、加減をしながら桜良の華やかな部分と、華やかに見せている部分の演じ分けを意識し、この子がここに存在しているように感じてもらえたらと思いながら取り組んでいます。

今まで様々な形でメディアミックス化されてきた作品ですので、様々な方が「僕」や「桜良」を演じられていますが、皆さんが原作に触れられたときに想像した、誰かの「桜良」に近づけられたらいいなと思って今回の朗読劇に臨んでいます。
是非、ご来場いただけましたら幸いです。」

 

・滝本恭子 役:原紗友里

「私は、恭子ちゃんや桜良のお母さんを演じさせて頂いているのですが、この物語は、「僕」と桜良ちゃんの2人を軸に進んでいく物語です。「僕」が桜良ちゃんに出会って心情が変化し、世界の見え方が変わっていく様子を、「僕」と桜良は素敵な人々に囲まれてこの世界で生きているんだよという事を感じて頂ける表現ができたらな。と思います。

原作や劇場映画を通してすでにお話をご存知の方も多いと思うのですが、朗読劇として上演されるのは初めてということで、作品にはじめて触れられる方、そしてすでにご覧になられた方へも、生の声のみでお芝居するということの魅力をお伝えできたらいいなと思います。ぜひ皆様も、ハンカチをご用意した上でご来場ください。」

 

・滝本恭子 役:古賀葵

「『君の膵臓をたべたい』は桜良、「僕」をはじめ登場キャラクター達に感情移入ができる作品です。

私も演じながら、恭子の気持ちを思うとただただ切ない・・・・・。
という感情が沸き起こります。様々な年代の方に楽しんで頂ける作品だと思いますので、是非、ご家族・お友達、大事な方とご一緒にご覧頂けますと幸いです。」



 

・ガムの彼・語り 役:伊東健人

「ガムの彼以外にも、“語り”という劇中での「僕」のモノローグも担当しているのですが、稽古でキャストの皆さんと合わせてみて「僕」がはじめて人に興味を持ち、心を開いていく過程を体感することができました。

そういったところも朗読劇ならではなので、是非お楽しみいただければと思います。」



 

 

・ガムの彼・語り 役:中島ヨシキ

「一番最初に朗読劇のお話いただいたときに、原作も映画も非常に人気のある作品が朗読劇にどう落とし込まれていくのかなとすごく楽しみにしていました。台本頂くと僕が演じる役どころ(ガムの彼、語り他)は表現の形として新しく、役どころも難しいと感じていたのですが、稽古を通して他の出演キャストの皆さんと合わせると改めて良い作品だなと実感しました。

今回の公演は、Wキャストの上演ですので演じられるキャストさんによって表現の仕方も変わると思います。朗読劇という新しい『君の膵臓をたべたい』という作品の魅力をお伝えできるよう頑張ります。楽しみにしていただきたいです。」

 
  • 12月11日(日)の2公演がローチケLIVE STREAMINGにて生配信が決定!
配信日時:12月11日(日)12:30公演/17:00公演
※各公演3日間のアーカイブ配信あり

配信販売期間:2022年11月28日(月)12:00~12月14日(水)21:00

価格:2,800円(税込)
※購入手数料が別途発生致します。

配信チケット販売ページ:https://l-tike.zaiko.io/e/kimisui-reading
 
  • WEB声優MENにて僕役 岡本信彦さんインタビュー(全3回)を公開中
WEB声優MENにて僕を演じる岡本信彦さんの単独インタビューを全3回に分けて公開中。
撮りおろし写真と共に今回の朗読劇に出演されるにあたっての想いなどをお伺いしました。

岡本信彦「僕に課せられた使命は、こみ上げる涙に耐えること」
・朗読劇『君の膵臓をたべたい』インタビュー(第1回)
https://futaman.futabanet.jp/articles/-/86261

・朗読劇『君の膵臓をたべたい』インタビュー(第2回)
https://futabanet.jp/articles/-/86262

・朗読劇『君の膵臓をたべたい』インタビュー(第3回)
https://futaman.futabanet.jp/articles/-/86263?page=1
 
  • 公演情報
公演日時:
12月10日(土)〈昼の部〉12:30開演 〈夜の部〉18:30
12月11日(日)〈昼の部〉12:30開演 〈夜の部〉17:00
※各開演時間の30分前より開場いたします。

会場:ニッショーホール(東京都港区東新橋1-1-19ヤクルト本社ビル)

料金:8,500円(税込)

原作:住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社刊)

脚本・演出:保科由里子

制作:MAパブリッシング

主催:朗読劇『君の膵臓をたべたい』製作委員会

朗読劇「君の膵臓をたべたい」公式サイト:https://www.kimisui-reading.com/

朗読劇「君の膵臓をたべたい」Twitterアカウント:@kimisui_reading
https://twitter.com/kimisui_reading


●あらすじ
主人公である「僕」は病院で偶然「共病文庫」というタイトルの本を拾う。
その本は「僕」のクラスメイトである山内桜良がつづっていた秘密の日記帳で、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くはないことが書かれていた。
「僕」はその本の中身を興味本位で覗いたことにより、家族以外で唯一桜良の病気を知る人物となった。
「桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合っていくうちに「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、お互いに自分には欠けている部分にそれぞれ憧れを持つようになり、次第に心を通わせて成長していく。

●出演者情報
12月10日(土)〈夜の部〉18:30開演 / 12月11日(日)〈昼の部〉12:30開演

僕役:岡本信彦  山内桜良役:直田姫奈
滝本恭子 役:古賀葵 ガムの彼・語り 役:伊東健人

12月10日(土)〈昼の部〉12:30開演 / 12月11日(日)〈夜の部〉17:00開演

僕役:島﨑信長 山内桜良役:悠木 碧
滝本恭子役:原紗友里 ガムの彼・語り 役:中島ヨシキ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社双葉社 >
  3. 朗読劇『君の膵臓をたべたい』(双葉文庫)。岡本信彦、島﨑信長、直田姫奈、悠木碧ほか、出演キャスト8名からの意気込みコメントが到着! 機材席開放に伴い追加席の一般発売の延長も決定!