10代の購買に、最も影響を与えるのは「SNSやキュレーションアプリの動画広告」

『動画&動画広告 月次定点調査(2018年10月度)』

~「Fire TV Stick」の認知率は約4割~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2018年10月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全67ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】                                                        
■10代の購買に、最も影響を与えるのは「SNSやキュレーションアプリの動画広告」
視聴後に購買行動につながった動画広告のタイプを聞いたところ、最も多く挙がったのは「Webページの左右など、バナー形式で表示される動画広告」(7.4%)、次に「動画コンテンツの視聴前に表示される動画広告」(7.2%)、「Webページの記事途中などに表示される動画広告」(6.7%)でした。10代のみに絞ってみると「SNSやキュレーションアプリのタイムライン上に表示される動画広告」(16.5%)が最多でした。
※「このタイプの動画広告を見かけ、購買やクリックなど何らかの行動につながった」と回答した人の割合。
                         
■「Fire TV Stick」の認知率は約4割
Wi-Fiを利用することで、テレビでインターネット動画配信サービスなどを利用できる「動画ストリーミング端末」の認知率※は、「Apple TV」が最も高く(46.6%)、次いで「Fire TV Stick(Amazon Fire TV)」(41.1%)、「Chromecast(Chromecast Ultra)」(34.1%)でした。「Fire TV Stick(Amazon Fire TV)」の認知率は2017年10月度調査時(35.9%)から5.2ポイント上昇し、他の端末はほぼ横ばいでした(2017年10月度調査時の認知率は、Apple TV:45.5%、Chromecast(Chromecast Ultra):34.2%)。
※「現在、利用している」「以前は利用していたが、今は利用していない」「知っているが、利用したことがない」の合計。

■ケーブルテレビ利用者の3割以上が「月額制動画配信サービス」を利用中
ケーブルテレビを現在利用している人のうち、「Amazonプライム・ビデオ」「Hulu」などの「月額制動画配信サービス」を利用している人の割合は35.8%でした。年代別に見ると、10代は56.7%、20代は52.0%と、10代と20代の利用率は半数を超えていました。

■10代の5人に1人が「ハロウィン写真」をSNSへ投稿
今年のハロウィンに関して、「動画をSNSへ投稿した」人は5.2%、「写真をSNSへ投稿した」人は6.5%でした。10代に絞ってみると「動画をSNSへ投稿した」人は10.0%、「写真をSNSへ投稿した」人は22.0%でした。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 10代の購買に、最も影響を与えるのは「SNSやキュレーションアプリの動画広告」