秋冬 2022-2023 オートクチュールコレクション メイクアップ

 

ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージディレクター、ピーター・フィリップスは、マリア・グラ
ツィア・キウリによる秋冬 2022- 2023 オートクチュール コレクションのためにツヤ感を強調したピュアな
メイクルックを作りました。

「光とツヤが強調されるようなルックを作り上げました。肌に絶妙に溶け込むようなヌードトーンがフェイス
全体に自然なツヤを与えます」

ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクター
ピーター・フィリップス

COMPLEXION
輝くようなツヤを演出するため、まずはプレステージ マイクロ ユイル ド ローズ セラムで保湿しキメを
整えます。そしてディオールスキン フォーエヴァー スキン ヴェール、そしてディオールスキン フォーエ
ヴァー
で肌の色ムラや凹凸を補正し、ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー
整えます。
そして、ディオール アディクト リップステック 558 ボア ドゥ ローズ720 アイコンを頬骨に塗り、上から
軽くたたくことで、輝きと血色感を演出しました。最後にディオールスキン フォーエヴァー メイクアップ
フィックス ミスト
で完璧に仕上げます。

EYES
サンク クルール クチュール 519 ヌード ダンテルでまぶたの際に極細のラインを入れることで明るい
印象をもたらします。次に、マスカラ ディオールショウ アイコニック オーバーカールで自然なカールを
保ちながら、まつげを強調し、最後にディオールショウ カブキ ブロウ スタイラー ウォータープルーフ
眉を整えました。

LIPS
ルージュ ディオール バーム 000 ディオール ナチュラル サテンでナチュラルに潤う美しい唇を演出します。

NAILS
ディオール ヴェルニ 108 ミュゲで自然な仕上がりに。

MANDATORY CREDITS:
AUTUMN-WINTER 2022-2023 HAUTE COUTURE BY DIOR
DIOR MAKEUP CREATED AND STYLED BY PETER PHILIPS
PHOTOGRAPHY: OLIVIER ROSE FOR CHRISTIAN DIOR PARFUMS

@DIORBEAUTY
@DIOR
@PETERPHILIPSMAKEUP

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社 >
  3. 秋冬 2022-2023 オートクチュールコレクション メイクアップ