クラウド請求書受領サービス「Bill One」がミロク情報サービスが提供する3つの財務・会計サービス「GalileoptDX」「MJSLINK DX」「ACELINKNX-CE」と連携

〜Bill Oneで作成した仕訳データを連携し、経理業務を迅速化〜

Sansan株式会社は、クラウド請求書受領サービス「Bill One」が、財務・会計サービス大手の株式会社ミロク情報サービス(以下、ミロク情報サービス)が提供する3つの財務・会計サービスとデータ連携することを発表します。

ミロク情報サービスが提供する中堅企業向け「Galileopt DX(ガリレオプト ディーエックス)」、中堅・中小企業向け「MJSLINK DX(エムジェイエスリンク ディーエックス)」、中小企業向け「ACELINK NX-CE(エースリンク エヌエックス シーイー)」の財務・会計サービスに、Bill Oneで作成した仕訳データを連携することで、請求書を基点とした経理業務を迅速化することが可能となります。

■連携の背景
請求書業務を取り巻く環境は転換期を迎えており、テレワークの浸透や電子帳簿保存法の改正、2023年10月に導入予定のインボイス制度に向けた電子インボイスの普及など、請求書業務のデジタル化への需要が高まっています。
 
Bill Oneは、あらゆる請求書をオンラインで受領・データ化し、月次決算の加速を後押しするクラウド請求書受領サービスです。2020年5月のサービス提供開始以降、経理業務の効率化を目的に積極的な機能アップデートを行っており、2021年10月には、受領・データ化された請求書情報を基に仕訳データを作成できる機能を追加しました(※1)。ユーザーは、作成した仕訳データをCSVファイル形式でダウンロードし、自社で利用している会計サービスと連携することで、請求書の受領から帳簿作成や経営分析までをクラウド上で完結できます。

そして今回新たに、仕訳データのCSV連携が可能な会計サービスに、ミロク情報サービスが提供する3つの財務・会計サービス「Galileopt DX」「MJSLINK DX」「ACELINK NX-CE」が加わります。ミロク情報サービスが提供する財務・会計サービスは、企業規模に応じた多様なラインナップを有しているほか、充実した会計・分析機能を有しており、多くの中堅・中小企業で利用されています。Bill One上で作成された仕訳データをミロク情報サービスの財務・会計サービスにCSV連携することで、より多くの企業の経理業務を効率化するだけでなく、月次決算の加速も後押しできると考え、今回の連携に至りました。

今回の連携で実現すること
今回の連携によって、Bill One上で作成した仕訳データをCSVファイル形式でダウンロードし、ミロク情報サービスの財務・会計サービスにインポートできるようになります(※2)。ミロク情報サービスの財務・会計サービスでは、Bill Oneからインポートした仕訳データを基に、会計帳簿、決算書、レポートを作成することができます。

経理担当者は、請求書の開封のためにオフィスに出社する必要がなくなるだけでなく、請求書情報を入力する際の記入ミスがなくなり、経理業務の質の向上につながります。さらに、請求書の受け取りから帳簿作成、経営分析などをクラウド上で行うことができるため、請求書に関わる経理業務を迅速化できます。

 

Bill Oneは、これまでも会計システムとの連携機能を提供するなど、Bill Oneを活用した経理業務のデジタル化を推進してきました。今後も、機能開発や関連サービスとの機能連携を積極的に進めることで、ユーザーの月次決算を加速させてまいります。

※1:Sansan株式会社「クラウド請求書受領サービスBill Oneに仕訳機能を追加」(2021年10月20日発表)
https://jp.corp-sansan.com/news/2021/1020.html
※2:本連携機能の利用には、Bill Oneおよび「Galileopt DX」「MJSLINK DX」「ACELINK NX-CE」の契約が必要になります。

■中堅企業向け経営情報システム「Galileopt DX」
Galileopt DXは外部連携基盤の強化やAI 仕訳の展開と拡張、ワークフローのスマホ対応により、業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進できる製品です。これにより、企業内の全体業務最適化、経理事務省力化、決算早期化に貢献します。
https://www.mjs.co.jp/products/galileopt.html

■中堅・中小企業向けクラウド型ERP「MJSLINK DX」
MJSLINK DXは中堅・中小企業向けクラウド型ERPシステムです。多彩なモジュール(財務・給与・人事・販売・資産管理)を用意し、シームレスに連携します。システム間連携を大幅に拡充し、AI仕訳、MJS AI監査支援が経理業務を効率化と業務のDXを推進します。
https://www.mjs.co.jp/products/mjslink.html

■中小・小規模企業向け財務パッケージ「ACELINK NX-CE
ACELINK NX-CEは中小企業の「経営力」「信用力」「判断力」の向上に貢献する中小・小規模企業向け財務パッケージです。ミロク情報サービスが長年培ってきた財務に関するノウハウを核として会計・販売・給与・税務を網羅するパッケージとし、中小企業の経営基盤の強化や金融機関からの信用獲得を実現します。また会計事務所とのスムーズなシステム連携によりプロフェッショナルなサポートを受けやすく、迅速な経営判断をサポートします。
https://www.mjs.co.jp/products/ace-nxce/

株式会社ミロク情報サービス 会社概要
全国の会計事務所と中堅・中小企業に対し、経営システムおよび経営ノウハウならびに経営情報サービスを提供しています。現在、約8,400の会計事務所ユーザーを有し、財務会計・税務を中心とした各種システムおよび経営・会計・税務等に関する多彩な情報サービスを提供しています。また、中堅・中小企業に対して、財務を中心としたERPシステムおよび各種ソリューションサービスを提供し、企業の経営改革、業務改善を支援しており、現在、約10万社の中堅・中小企業ユーザーを有しています。

代表者:代表取締役社長 是枝 周樹
設立:1977年11月2日
URL:https://www.mjs.co.jp/
所在地:東京都新宿区四谷4-29-1
資本金:31億98百万円(2022年3月末時点)
事業内容:税理士・公認会計士事務所およびその顧問先企業向けの業務用アプリケーションソフトの開発・販売等

(以上)

■請求書受領から、月次決算を加速する「Bill One」
Bill Oneは、Sansan株式会社が提供するクラウド請求書受領サービスです。郵送やメールといったさまざまな方法・形式で届く請求書をオンラインで一括受領し、99.9%の精度で素早くデータ化。社内の全ての請求書をクラウド上で一元管理することで、請求書の受け取りから保管までのアナログな請求書業務をデジタル化します。経理部門だけでなく企業全体の請求書業務をスムーズにし、テレワークの推進や業務効率の向上を実現。月次の決算業務の効率化につながり、企業経営における意思決定スピードを加速します。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるビジネスデータベースを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」、クラウド契約業務サービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL:https://jp.corp-sansan.com
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金:64億26百万円(2022年5月31日時点)
事業内容:働き方を変えるビジネスデータベースの企画・開発・販売
Sansan  https://s.sansan.com
Eight  https://8card.net
Bill One  https://bill-one.com
Contract One https://contract-one.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Sansan株式会社 >
  3. クラウド請求書受領サービス「Bill One」がミロク情報サービスが提供する3つの財務・会計サービス「GalileoptDX」「MJSLINK DX」「ACELINKNX-CE」と連携