由紀さおり&ピンク・マルティーニ:ロンドン「ロイヤル・アルバート・ホール」公演で7,000人が熱狂!

main image
2011年10月17日、ロンドン「ロイヤル・アルバート・ホール」で、アメリカ・オレゴン州のジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」のコンサートが開催され、7000席がソールドアウトとなりました。この公演にヴォーカリストとして参加したのが、由紀さおり。2組は、由紀が「夜明けのスキャット」でデビューした1969年の世界のヒット曲を集めたコラボレーションアルバム『1969』(日本発売:2011年10月12日)を完成させたばかり。このアルバムは現在世界20カ国以上でCD発売、配信が始まっています。今回は、BBCコンサート・オーケストラも迎えての大舞台。由紀は、第一部「夜明けのスキャット」、「ブルー・ライト・ヨコハマ」、第二部「さらば夏の日」、「夕月」、アンコールでは「マシュケナダ」という『1969』で共演した5曲を披露しました。

ピンク・マルティーニのリーダー、トーマス・M・ローダーデールは「由紀さんの歌謡曲は、日本語の響きも含めて、実に魅力的。例えばブラジルやフランスのスタンダードのように、日本語の歌謡曲も素晴らしい」と語っています。
由紀は「コンサートの当日、ようやく決まったセットリストがリクエスト通りだったのでホッとしました」。ベテランも、今まで体験したことのない大舞台には、さすがに緊張し、「私がちゃんと歌えるように、1時頃から都合三回、夕方5時半まで、リハーサルをしてくれました」「本番では、緊張したままステージに上がったら、トーマスがニッコリと笑ってくれて、それで少しリラックスできました。」

第一部の後半、ピンク・マルティーニのレパートリーに観客が陶然となったところで、トーマスが、10数年前に由紀のアナログ盤のアルバムを地元の中古店で見つけたことや、一緒にアルバムを作った話をひとしきりした後、「日本の伝説的なシンガーSaori Yukiさんです!」と由紀さおりを紹介。由紀は、英語で観客に挨拶し、「夜明けのスキャット」を歌うと、日本ではお馴染みの歌謡曲が新鮮に映ったようで、初めて聴くサウンドに魅了された観客から大きな拍手が送られました。続いて、チャチャのアレンジによる「ブルー・ライト・ヨコハマ」では、観客たちがリズムに合わせて身を動かし、ここでも、盛大な拍手が続きました。

第二部では、フランシス・レイ作曲の「さらば夏の日」を、ピンク・マルティーニのティモシー・ニシモトと、見事なフランス語でデュエット。続いて「夕月」を、トーマスが歌の意味を英語で伝えてから、由紀が日本語で歌いました。
観客は、彼らの最後の曲が終わると、足を鳴らし、地響きのようにアンコールを求めていました。由紀が「最後に一番難しい曲が残っていたの」と語ったアンコール曲が「マシュケナダ」。おなじみのリズム、しかし歌詞が“日本語”であると気づいた瞬間、劇場の空気が一変。ほとんどが椅子から立ち上がり、スタンディングオベーションで、由紀のパフォーマンスを賞讃。この日、会場に来ていた50代のイギリス婦人は「とてもキュートで、ハートを掴まれました。由紀さんは日本ではスターでしょう?でも、初めて観て、本当に素敵だと思ったわ」と語っていました。

終演後、UKでも10月10日に発売されたアルバム『1969』を購入した観客たちがサイン会の行列に並び、由紀さおり、ピンク・マルティーニのメンバー一人一人がサインを書き、握手。その列は途切れることなく、終演後1時間30分近く続きました。

トーマスは、「今日はファンタスティックだったろう? スゴいよ。由紀さんは!ロイヤル・アルバート・ホール、初お目見えなのに、大スターがカムバックしたときみたいな、ビッグ・ナイトだった。12月のアメリカツアーは、もっと大変なことになるかも知れない」とゴキゲンで語り、会場を後にしました。

写真:ロイヤル・アルバート・ホールで歌う由紀さおり、
ロイヤル・アルバート・ホール前の由紀さおりとトーマス・M・ローダーデール

■由紀さおり EMIミュージック・特設サイト http://www.emimusic.jp/pmsy1969/

■由紀さおり & ピンク・マルティーニ『1969』
2011年10月12日 日本発売、TOCT-27098 ¥3,000(tax in) 全12曲
【収録曲】(  )内:オリジナル歌唱アーティスト
1. ブルー・ライト・ヨコハマ(いしだあゆみ)
2. 真夜中のボサ・ノバ (ヒデとロザンナ)
3. さらば夏の日 <Du soleil plein les yeux>(フランシス・レイ)
4. パフ <Puff, The Magin Dragon>(ピーター・ポール&マリー)
5. いいじゃないの幸せならば(佐良直美)
6. 夕月(黛ジュン)
7. 夜明けのスキャット(由紀さおり)
8. マシュケナダ <Mas Que Nada>(日本語版:アストラッド・ジルベルト)
9. イズ・ザット・オール・ゼア・イズ? <Is That All There Is?>(ペギー・リー)
10. 私もあなたと泣いていい? (兼田みえ子)
11. わすれたいのに / 原曲<I Love How You Love Me>(モコ・ビーバー・オリーブ)
12. 季節の足音 [bonus track]

【発売予定国】(2011年10月11日現在)
日本、アメリカ、イギリス、イスラエル、ウクライナ、オーストリア、カザフスタン、カナダ、韓国、ギリシャ、シンガポール、スイス、トルコ、ドイツ、ドバイ、ノルウェー、フランス、ポルトガル、南アフリカ、ラトビア、ルーマニア、ロシア

【由紀さおりプロフィール】
本名・安田章子。小学生時代、ひばり児童合唱団に所属。童謡歌手として活躍。その後、NHK 歌のお姉さん、アニメの声優、CM ソングなどで活躍。
1969 年由紀さおりとして「夜明けのスキャット」でデビュー。女優として映画、ドラマへ出演、司会、バラエティ、姉 安田祥子とのコンサート活動と幅広く活躍。2009 年デビュー40 周年を迎え、歌謡曲のコンサートをスタート。

【ピンク・マルティーニ プロフィール】
ピアノ奏者のトーマス・ローダーデールを中心に、1994 年に米国オレゴン州ポートランドで結成。1940年代から60年代にかけて世界中で流行したジャズ、映画音楽、ミュージカルのナンバーなどを主なレパートリーとする、ヴォーカリストを含めた12人編成のオーケストラ・グループ。
1997年に自身のインディペンデント・レーベル“Heinz Records” からデビュー・アルバム『Sympathique』(日本未発売) をリリース。世界中で250万枚の売り上げ実績を持つ。アメリカだけでなく、ヨーロッパでも積極的にツアーを行い、ライヴで鍛えぬかれたその独創的なサウンドと確かな演奏力で世界で活躍中のグループです。

■Pink Martini(ピンク・マルティーニ) World Tour  
※由紀さおり ゲスト出演分のみ記載
2011/10/17(月)London, UK / Royal Albert Hall 
2011/12/12(月)Washington DC (Bethesda, MD) / Strathmore
2011/12/13(火)New York, NY / Town Hall
2011/12/14(水)New York, NY / Town Hall
2011/12/16(金)Boston, MA / Berklee Performance Hall
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニバーサル ミュージック合同会社 >
  3. 由紀さおり&ピンク・マルティーニ:ロンドン「ロイヤル・アルバート・ホール」公演で7,000人が熱狂!