2019年夏ダイヤ定期航空会社別スケジュール

総発着回数、国際線発着回数、就航都市数が開港以来最高を記録

=日平均の発着回数が初めて700回を突破=
 2019年夏ダイヤ(2019年3月31日~2019年10月26日)期初※の定期航空会社別スケジュールは、総発着回数が4,943回/週、就航都市数が海外115都市、国内22都市、合計137都市、乗り入れ航空会社数が99社となりました。(※集計対象期間は2019年4月7日~4月20日(14日間))

◆発着回数
 総発着回数は、冬ダイヤ期中の新規就航等のほか、夏ダイヤ期初より新たに新規就航・増便があり、過去最高だった2018年夏ダイヤ(4,797回/週)より146回増え、4,943回/週と開港以来の最高値を更新し、日平均の発着回数が初めて700回を突破しました。
 国際線発着回数は、旅客便において韓国や欧州方面を中心に新規就航及び増便があり、過去最高だった2018年夏ダイヤ(3,829回/週)より132回増え、 3,961回/週と開港以来の最高値を更新しました。

◆就航都市数
 就航都市数は、国際線において、ウズベキスタン国営航空/タシケント線、ロイヤルブルネイ航空/バンダルスリブガワン線の新規就航等に加え、国内線においては、ジェットスター・ジャパン/高知線、下地島線の新規就航もあり、海外115都市、国内22都市、合計137都市(141路線)と開港以来の最高値を更新しました。

◆定期乗り入れ航空会社数
 タイ ライオンエアーやベトジェットの新規乗り入れ、ウズベキスタン国営航空の運航再開に加え、今夏ダイヤよりオーストリア航空が運航再開することから、定期乗り入れ航空会社数が99社となりました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 成田国際空港株式会社 >
  3. 2019年夏ダイヤ定期航空会社別スケジュール