企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』と飲食受発注システムの『タノム』が2019年冬よりAPI連携を開始

食品卸売業者の受注から請求・代金回収までの一元化が可能に

 MF KESSAI株式会社が提供する企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』と株式会社タノムが提供する受発注システム『タノム』は、2019年冬よりAPI連携を開始いたします。
 これにより、食品卸売業者は『タノム』上で商品を受注し、『MF KESSAI』を通じて請求・代金回収することで、受注から請求・代金回収までをワンストップで管理することが可能になります。

 飲食卸業者は、FAXや電話などのアナログな手段により受発注を行っているため、注文のミスや、FAXの紛失などが発生するリスクがあります。また取引先も多く、請求業務に時間がかかるほか、掛け払いが主流であるため資金繰りの不安があるなどの課題があります。

 タノムは、『タノム』の提供を通じて、FAXや電話でのやりとりが一般的だった食品卸売業者の受発注業務を効率化してきました。MF KESSAIは、『MF KESSAI』を通じて、請求から代金回収までの全ての請求業務を代行することで、事業者が抱える請求業務の負荷や資金繰りの不安を解決してきました。
 この度『タノム』と『MF KESSAI』がAPI連携することにより、飲食卸業者の受注におけるトラブルやミスを防ぎながら、受注から請求・代金回収までの業務をワンストップで実現し、飲食卸業者が抱えている請求業務や資金繰りの課題を解決します。

 今後もタノムとMF KESSAIでは、飲食店や飲食卸業者の課題を解決すべくサービスや機能の開発を進めてまいります。

■『MF KESSAI』について
 『MF KESSAI』は、企業の与信審査から請求書発行、代金回収までの決済業務を一括して代行する企業間後払い決済サービスです。

<『MF KESSAI』の特長>
(1)業務効率化
・取引データを入力するだけで与信審査、請求業務、入金管理が自動で行われる
・請求に関する一連の業務を『MF KESSAI』が代行、バックオフィス業務の負担とコストの削減が可能に
(2)売上増加
・与信審査結果が最短で数秒で分かるため、サービス提供までのスピードが向上し、売上増加につながる
(3)資金繰り改善
・審査通過後は100%入金が保証されるため、貸し倒れリスクから解放される
・支払日に確実に入金されるため、資金繰りの見通しがつきやすく、資金の有効活用が可能に
URL:https://mfkessai.co.jp/

■『タノム』について
 『タノム』は飲食店と食品卸売業者間の受発注をPCやスマートフォンで管理可能な、次世代型の受発注管理システムです。2019年7月現在、8000店を超える飲食店・食材卸業者のみなさまに導入いただき急成長を続けています。

<『タノム』の特長>
(1)徹底したモバイルファーストのインターフェース
・従来型の受発注システムと異なり、あらゆる操作がスマートフォンで完結
・PCを普段使用しない卸売業者・飲食店の方々にも即日で導入いただくことが可能
(2)卸売業者の売上増加
・その日の仕入れ状況をタイムリーにお知らせし、発注を促進
・ECサイトのような注文画面で、飲食店からの「ついで買い」を誘引
URL:https://lp.tano.mu/
 


■MF KESSAI株式会社について
名称  :MF KESSAI株式会社
所在地 :東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル4階(FINOLAB内)
代表者 :冨山 直道
事業内容:企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』の開発・提供
サービス開始日:2017年6月20日
URL:https://mfkessai.co.jp/
サービスに関するお問い合わせ:support@mfkessai.co.jp

■株式会社タノムについて
名称  :株式会社タノム
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷5-6-7 トーエイ・ハイツ 1A
代表者 :川野 秀哉
事業内容:WEBサービスの運営・開発事業
サービス開始日:2018年11月1日
RL:https://lp.tano.mu/
サービスに関するお問い合わせ:https://lp.tano.mu/#mailform
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マネーフォワード >
  3. 企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』と飲食受発注システムの『タノム』が2019年冬よりAPI連携を開始