プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

西日本電信電話株式会社
会社概要

大阪・関西万博開催予定地である夢洲のコンテナターミナルにおける「ローカル5Gを活用した港湾・コンテナターミナルのDXの実現」に向けた実証実験の開始について

NTT西日本

 西日本電信電話株式会社、夢洲コンテナターミナル株式会社、三菱ロジスネクスト株式会社、大阪市、阪神国際港湾株式会社、京セラコミュニケーションシステム株式会社、NTTビジネスソリューションズ株式会社の7者で構成した実証コンソーシアムによる実証提案「ローカル5Gを活用したコンテナプランニングデータのリアルタイム伝送等による港湾・コンテナターミナルのDXの実現」が、総務省「令和4年度 課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」※1に採択されました。
 
 既に実施された2021年度の開発実証に引き続き、実環境下におけるローカル5Gを活用した港湾業務の効率化・周辺道路の混雑緩和に向けた実証実験を大阪・関西万博予定地の夢洲で開始します。
※1 「課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」等に係る令和4年度事業の提案の公募の結果(開発実証事業)
    (関連URL)https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000325.html

1.背景と開発実証の趣旨
 サプライチェーンの更なるグローバル化により重要性を増す港湾事業においては、大型コンテナ船の寄港増加による荷役時間の長期化、コンテナターミナルのゲート前混雑の深刻化という課題と高齢化および担い手不足への対応が求められています。
 このような課題に対応するため、夢洲コンテナターミナル内にローカル5G環境を構築し、コンテナターミナル内業務ネットワークの高品質化、コンテナプランニングデータ※2のリアルタイム伝送による保管工程業務の効率化、トレーラー待機場の混雑状況の可視化を実現し、実環境下での港湾・コンテナターミナルのDX化による効果を実証します。
 また、コンテナターミナルという環境下において、伝搬路におけるコンテナ等の遮蔽物や海面の割合などに着目した電波伝搬モデルの精緻化を行います。
 実証コンソーシアムでは、昨年度に引き続き、港湾事業の持続的発展、万博開催に向けて抱えている課題および通信環境整備に関する課題の解決につなげる実証実験に取り組みます。

※2 コンテナ船からの効率的な積み下ろしのため、港湾事業者が予め策定する作業計画のこと。

2.実証内容
(1)ローカル5Gを用いた港湾・コンテナターミナルのDX化による効果の実証
 ① コンテナターミナル内業務ネットワークの高品質化による業務効率化の実証
 夢洲コンテナターミナル内において、各種システム個々で採用していた無線機やWi-Fiなどの通信手段をローカル5Gに一元化し、ネットワークを高品質化することで、港湾業務全体の業務効率化が実現できるかを検証します。


図1 ローカル5Gによるネットワークの高品質化実証のイメージ

② コンテナプランニングデータのリアルタイム伝送による保管工程業務効率化の実証
 従来、作業員に配布していた紙での荷揚げ計画指示書をプランニングデータとしてRTG※3に設置したタブレットに送信することで保管工程業務の効率化が実現できるかを検証します。


図2 コンテナプランニングデータのリアルタイム送信実証のイメージ
※3 Rubber Tired Gantry crane(タイヤ式門型クレーン)

③ トレーラー待機場の混雑状況の可視化による行動変容の実証
 トレーラー待機場からローカル5Gにより車番認証システムへ送られてきたトレーラーのナンバープレート画像を基にデータ分析と混雑状況の予測を行い、待ち時間の予測情報をポータルサイトに掲載することで、ドライバーの行動変容を促し、車両来場時間の平準化が実現できるかを検証します。


図3 混雑状況の可視化による行動変容実証のイメージ

(2)ローカル5Gの電波伝搬特性等に関する技術的実証
 コンテナターミナル特有の環境要因であるコンテナや海面等の影響を考慮した電波伝搬特性を調査し、港湾業務で求められる通信要件を満たしつつ、周りへの電波干渉等の影響を最小限に抑えることを目的とした電波伝搬モデルの精緻化について、電波測定等を通して検証します。

3.実証期間
2023年1月30日(月)から2023年3月24日(金)まで

4.実証エリア
夢洲コンテナターミナル及びトレーラー待機場(下図参照)


図4 夢洲全体像

5.コンソーシアムメンバーの主な役割

 

西日本電信電話株式会社
関西支店
・全体統括(応募申請、契約、WG運営)
・コンソーシアム全体管理
・実証全体のシステム設計、調達、構築、運用
・実証全体の実行管理 (計画、実施、分析、評価 等)
・本実証結果を活用した他港湾事業者へのシステム提案及び導入の推進
・港湾業務のDX化に向けた各種政策検討への知見提供・報告書の作成
夢洲コンテナターミナル株式会社 ・実証フィールドの提供
・港湾業務の課題抽出及び知見提供
・課題実証の評価
・実装、自走の検討・報告書の作成
三菱ロジスネクスト株式会社 ・実証の実施
・港湾業務システムに関する課題抽出と知見提供
・その他関連システム、荷役機器に関する課題抽出及び知見提供
・本実証結果を活用した他港湾事業者へのシステム提案及び導入の推進
・報告書の作成
大阪市 ・実証フィールドの提供
・実証フィールド周辺環境利用等の各種調整
・港湾DXに向けた各種政策検討・報告書の作成
阪神国際港湾株式会社 ・阪神港のコンテナターミナルに関する課題抽出と知見提供
・港湾関連システムに関する課題抽出及び知見提供
・阪神港における他ターミナルへの展開検討・報告書の作成
京セラコミュニケーションシステム株式会社 ・ローカル5G関連装置の調達、設計、設定、運用
・技術実証の実行 (計画、測定、分析、考察、評価 等)
・エリア設計検討・報告書の作成
NTTビジネスソリューションズ株式会社 ・ローカル5Gに関する技術的及びソリューションに関するノウハウの提供
・他港湾事業者への展開検討
・動画作成、視察会等の実証全体支援・報告書の作成

 

6.実証結果の展開
 実証により得られた知見を基に、ローカル5Gの特長である広範囲・低遅延・大容量無線通信を活用し、コンテナターミナル内業務ネットワークの高品質化やコンテナプランニングデータのリアルタイム伝送による業務効率化、トレーラー待機場の混雑状況の可視化による周辺道路等における交通渋滞の緩和をめざし、全国の港湾事業全体の発展に貢献していきます。


本件に関するお問い合せ先
コンソーシアム代表
西日本電信電話株式会社 関西支店
dreamisland-l5g@west.ntt.co.jp

※ニュースリリースに記載している情報は、発表日時点のものです。現時点では、発表日時点での情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承いただくとともに、ご注意をお願いいたします。

すべての画像


種類
その他
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

西日本電信電話株式会社

28フォロワー

RSS
URL
https://www.ntt-west.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
大阪市都島区東野田町4-15-82
電話番号
06-6493-9111
代表者名
森林 正彰
上場
未上場
資本金
3120億円
設立
1999年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード