日本製「ナノエアーマスク」2020年グッドデザイン賞受賞

 アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山晃弘)は、このたび、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2020年グッドデザイン賞」(Gマーク)において、当社の「ナノエアーマスク」が受賞したことをお知らせします。
グッドデザイン賞 受賞商品:
ナノエアーマスク(PK-NI7L / PK-NI5L / PK-NI7S)

 

 マスク着用時の息苦しさという問題を解消したマスクです。マスクフィルターにエレクトロスピニング製法を採用し、太さの異なる特殊ナノファイバー繊維を組み合わせることでウイルス飛沫・花粉等を99%カット(※)する捕集性能と高い通気性能を両立させました。

※ 花粉粒子のろ過効率試験の各試験に於いて99%以上のろ過効率。
  試験機関:一般財団法人カケンテストセンター

<評価コメント>
 コロナ禍でマスクが品薄になり、国内でのマスク増産に迅速に着手していくスピード感の中で、息苦しくないように施された口元のワイヤーや、耳ひもの柔らかさなど、使用者への負担を軽減する工夫が随所に凝らされており評価が集まった。


受賞内容詳細:https://www.g-mark.org/award/describe/49911?token=5Q2sbtMz8G
製品詳細:https://www.irisohyama.co.jp/nano-air-mask-pollen-virus/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. 日本製「ナノエアーマスク」2020年グッドデザイン賞受賞