プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

AOSデータ株式会社
会社概要

AOSデータ社、EdTechカオスマップ2024版公開 ChatGPTで32業界クラスターに

〜教育のDXをData to AI® プラットフォームで支援〜 2024年1月25日EdTechフォーラム開催

AOSデータ株式会社

「企業データとAIの利活用カンパニー」AOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 吉田 宣也 以下 AOS データ社)は、教育に関連するEdTech分野の32業界クラスターを網羅した「カオスマップ」を公開しました。本マップは、市場が拡大している環境業界におけるテクノロジーの最新動向を把握するための一助となれば幸いです。

教育に取り組んでいる企業・団体は近年、ABC MIND(AI、Blockchain、Cloud、Metaverse、IoT、Network、Data)などの先端技術の進化により大きな変革を遂げています。これらの技術は、教育の質を高め、教育効果を最大限に高め、新たなビジネスモデルを生み出す可能性を秘めています。EdTechは、教育業界のこれまでの課題を解決し、教育に関わる企業のビジネスを劇的に変える力を持っています。

これらの技術が教育業界にどのように取り入れられ、どのように活用されているのかを理解するために、AOSデータ社は、ChatGPTを使って、各領域を8つのメインカテゴリと4つのサブカテゴリ、合わせて32業界クラスターに分け、各クラスター毎に代表的な日本の企業・団体をピックアップした「EdTechカオスマップ」を作成しました。

EdTechカオスマップ2024版

EdTechカオスマップ2024版は、オンライン学習プラットフォーム、教育コンテンツ&リソース、学習管理システム(LMS)、評価&テストツール、スマートクラスルーム技術、教師支援ツール、学生支援サービス、教育行政&管理の8つのメインカテゴリで構成されています。それぞれのカテゴリはさらに、より具体的な4つのサブカテゴリに細分化され、一つ一つの業界クラスターには、その分野で活躍する企業・団体がリストアップされています。

本マップは、環境業界のステークホルダーがテクノロジーの最新トレンドを把握し、その影響を理解するのに役立つ情報源となることでしょう。また、EdTechのエコシステムを探る際の参考にもなります。

AOSデータ社は、今後も教育業界の動向を見つめ、最新の情報を提供し続けることで、業界全体の発展に寄与してまいります。教育業界はデジタル化と革新を通じて、更なる成長と発展を遂げることでしょう。

■EdTechが全ての教育業界のDXを推進
2023年は、AIブームが世界に到来し、毎日のように生成AIの話題で世界中が湧きかえりました。現在は、第四次産業革命が進展しており、教育業界でも劇的な変革が起こっていますが、それらは、EdTech(エドテック)と呼ばれています。EdTechとは、「教育(Education)」と「技術(Technology)」を組み合わせた造語で、教育分野における技術の応用を指します。これには、オンライン学習プラットフォーム、教育用アプリ、インタラクティブな教材、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を用いた学習ツール、学習管理システム(LMS)、AIを活用した個別化学習プログラムなどが含まれます。AOSデータ社は、このエドテックの発展に不可欠な教育データプラットフォーム「AOS IDX」を提供し、教育業界のDX推進を支援しております。

AOSデータ社は、今後も業界の動向を追い、革新的なEdTech企業の登場を支援いたします。この「EdTechカオスマップ」の目的は、企業が教育業界の動向を理解し、新たなビジネス機会を探求することで、全体的なX-Techエコシステムの構築を支援することです。

▼ X-TechのInside実装については、こちらをご参照ください。
https://www.aosidx.jp/xtech/

■今回、掲載したEdTechカオスマップの業界クラスタ一覧
1. オンライン学習プラットフォーム(動画ベースのコース、MOOC(大規模公開オンライン講座)、インタラクティブな学習ツール、言語学習アプリ)
2. 教育コンテンツ&リソース(教科書・教材デジタル化、オンライン図書館・リソース、学習ゲーム、教育用アプリ)
3. 学習管理システム(LMS)(成績管理システム、出席管理、カリキュラム計画ツール、学習進捗トラッキング)
4. 評価&テストツール(オンライン試験・テスト、自動採点システム、学習成果分析、ポートフォリオ評価ツール)
5. スマートクラスルーム技術(インタラクティブホワイトボード、リモート学習ツール、VR/AR教育アプリケーション、クラウドベース学習ツール)
5. 教師支援ツール(教材作成ツール、コミュニケーションプラットフォーム、プロフェッショナル開発、教育データ分析)
6. 学生支援サービス(キャリアカウンセリング、メンタリングサービス、学生ポータル、ウェルネス&メンタルヘルスサポート)
7. 教育行政&管理(学校管理システム、資金調達プラットフォーム、教育政策分析ツール、教育統計&リポーティング)

<ロゴ・サービス名称の掲載について>
カオスマップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させていただいた各社様に事前許諾を得ていないものもございます。

使用上問題がある場合は、お手数ですが「pr_data@aosdata.co.jp」までご連絡ください。

■X-Techの「エドテック×AI/DXフォーラム」を2024年1月25日開催
学習者の記憶定着支援や、非認知能力の可視化、AIアプリ開発支援事例をご紹介するX-Techのエドテック×AI/DXフォーラムを2024年1月25日に日経ホール&カンファレンスルームで開催いたします。

(1)日時:2024年1月25日(木)13:45~17:30
(2)会場:日経ホール&カンファレンスルーム https://www.nikkei-hall.com/access/
      東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル6F *当日は、オンラインとハイブリッドで開催予定です。
(3)お申し込み先: https://form.aosdata.co.jp/corporate/aidx2401-input/
(4)アジェンダ:

*本アジェンダは予告なく変更される場合がございます。予めご了承ください。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:吉田 宣也
設 立:2015年4月
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町ビル4F
資本金:1億円(資本準備金15億2500万円)
URL: https://www.aosdata.co.jp/
 AOSデータ株式会社は、クラウドバックアップのAOSBOXを初めとしたソフトウェアの導入からパソコンやスマートフォンの廃棄まで、ライフサイクルに合わせた様々な製品を提供し、2020年8月に「リーガルデータ事業」をグループ会社から事業承継しました。これにより、下記のラインナップで「データ管理」の製品とサービスをご提供しております。


・データトラブル予防対策の「クラウドバックアップ」
・データメンテナンスの「データ復元」「データ抹消」「データ移行」
・データトラブル事後対策の「データ復旧サービス」
・データをトラブルから守る「データセキュリティ」
・証拠データの復元調査や証拠データ作成を行う「リーガルデータサービス」
 

さらに2021年4月よりAOSグループのAI・DX事業部門を「データアセット マネジメント」ソリューションと融合し、産業DXのキーになるデータの利活用、特にAIのためのデータ利活用を最大にするデータプラットフォームの会社へと進化して参ります。


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://www.aosidx.jp/notice/edmap/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

AOSデータ株式会社

9フォロワー

RSS
URL
https://www.aosdata.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
電話番号
03-6809-2578
代表者名
吉田 宣也
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2015年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード