出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン 新型コロナウィルスの感染拡大に対応し、在宅勤務を開始

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、代表取締役:伊藤 守)は、新型コロナウィルスが感染拡大している状況をうけ、2020年2月17日(月)より在宅勤務を導入いたします。従業員ならびにステークホルダーの皆様の健康を守ることを第一の目的に、 感染拡大の予防ならびに安定した事業継続を実行してまいります。
 

在宅勤務を実施中のディスカヴァー・トゥエンティワン執務エリアの様子 (2020年2月17日 午前10:12撮影)在宅勤務を実施中のディスカヴァー・トゥエンティワン執務エリアの様子 (2020年2月17日 午前10:12撮影)

新型コロナウィルスの感染拡大に対応し、在宅勤務を開始

<概要>

実施期間:2020年2月17日~21日(状況をみて延長を検討)
対象者:当社従業員(正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトスタッフ含む)

・当社従業員を対象に、出社ならびに公共の交通機関を使用した出張の停止を指示。
・業務内容によりやむを得ず出社をするスタッフに対しては、感染予防グッズの配布、時差通勤もしくはタクシーの利用を指示。
・オフィス業務(例 受付対応等)に従事していたスタッフには、自宅で作業可能な別の業務をアサインし、勤務継続。
・社内の感染予防対策として、マスクの配布、受付ならびに執務エリア入り口にアルコール消毒の導入。

なお、書店様からの受注ならびに商品の出荷は通常どおり行っております。


<在宅勤務の決定・導入まで背景と流れ>
当社では緊急時における事業の継続にむけて、在宅勤務に必要なシステムの構築に取り組んでまいりました。社内システムにアクセスする手段の整備をはじめとする運用準備と、今回の在宅勤務実施の流れは下記の通りです。

・2019年12月
編集部を含む全部署でフリーアドレス化を実施。
スタッフにノート型パソコンを支給。(管理部を除く)
・2020年1月
勤怠管理ならびに経費精算システムのWEB化を実施。
データのクラウド化とセキュリティ強化を実施。
・2020年2月14日(金)15:00
新型コロナウィルスのルート不明の感染拡大の報道をうけ、2月17日からの全社的在宅勤務の実施を決定。
・2020年2月14日(金)17:00
ノート型パソコンの持ち帰りを指示、週明けからの業務に関する通達
・2020年2月17日(月)9:30より
在宅勤務を実施中

 
<人事責任者からのコメント>
今回の在宅勤務は、従業員、およびステークホルダーの皆様の健康を守ることと、感染拡大を予防することを第一の目的に実施するものです。
当社の最寄り駅は、2020年東京オリンピックで混雑が予想される永田町ということもあり、2019年から在宅勤務の環境を整えるための業務配分やITシステムの構築を重要課題として位置づけ、取り組んでまいりました。
出版社で全社的に在宅勤務を実施するところはまだ多くないかもしれませんが、必要な情報に安全にアクセスすることができ、社内外とのコミュニケーションを円滑に行うことができれば、業務効率を落とすことなく事業を推進することが可能です。
急な決定ではありましたが、週明けから契約社員、派遣社員、アルバイトを含む従業員が、在宅勤務を速やかに実行していると報告を受けていますので、今後も必要なサポートを行いながら、どのような環境下においても、当社従業員が安全に職務に従事し、スピード感のある事業継続ができる仕組みを整えてまいります。
(株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン コーポレートデザイン部 部長 松原 史与志)

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン >
  3. 出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン 新型コロナウィルスの感染拡大に対応し、在宅勤務を開始