AIシステムの開発やBTMシステム「Deppari」を運営する株式会社シナプスとシステム(API)連携に関して基本合意

~同時にシナプス社への商材提供と資本参加も決定~

 One Asia のビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、IT オフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、AIシステムの開発やBTMシステム「Deppari」を運営する株式会社シナプス(本社:東京都江戸川区、代表取締役CEO:片山 善博、以下シナプス社)と、資本業務提携を決定いたしました。国内航空券や国内ホテルにおいてシステム(API)連携を開始し、旅行サービスとコンテンツの提供を開始いたします。またAIが出張手配や旅行手配を行い、承認申請から出張費の精算までワンストップで行う新サービス「Deppari」を当社の運営する総合旅行プラットフォーム「エアトリ」の出張者向けアプリとして採用することを決定いたしました。
 


■サービス連携の背景、概要
 シナプス社は2018年6月より、当社の子会社であるエボラブルアジアソリューションズ社の開発ソリューションを利用しており、個人・企業向けの出張予約サービスアプリの開発を行っております。この度、両社の業務上の提携をさらに推し進めるため、新たにシステム(API)連携を開始いたします。
 シナプス社は今後、当社グループとの提携を生かし、国内航空券と国内ホテルを中心に旅行サービスとコンテンツ提供を行っていく予定です。

■シナプス社の概要
 シナプス社はAIやビックデータを用いたAIシステム・インターネットシステムの開発やBTMシステム「Deppari」の運営を行っております。
 BTMシステム「Deppari」はAIが企業の出張に関わる業務を効率化し『より簡単に』『より安く』『より結果の出る』出張をプロデュースするサービスを提供しており、弊社の出張予約サービス「エアトリBTM」とのシナジー効果も見込まれます。

■株式取得の目的
 この資本参加は、投資事業の一環での取り組みであり、シナプス社の今後の成長によるリターンを期待しております。 また、AIが出張手配や旅行手配を行い、承認申請から出張費の精算までワンストップで行う新サービス「Deppari」を当社の運営する総合旅行プラットフォーム「エアトリ」の出張者向けアプリとして採用することで、当社のBTMサービスのさらなる事業拡大とシナプス社のサービス品質向上が見込まれます。

■業績に与える影響
 今期の当社の業績へ与える影響は軽微と見込んでおります。今後、変更の必要が生じた場合には適時にお知らせいたします。


【株式会社シナプス】
本社   :東京都江戸川区北小岩3-6-13
社名   :株式会社シナプス
代表者:代表取締役CEO 片山 善博
URL:http://synapse-corp.com/

【株式会社エボラブルアジア】
本社   :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19F
社名   :株式会社エボラブルアジア
代表者:代表取締役社長 吉村 英毅
資本金:1,069,291千円(払込資本3,252,715千円)
URL:http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ          :https://www.airtrip.jp/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業 :http://www.evolableasia.com/service/online_travel/btm/
ITオフショア開発事業                   :http://www.evolableasia.com/service/offshore/
【当社IRサイト】                                    :http://www.evolableasia.com/ir/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エボラブルアジア >
  3. AIシステムの開発やBTMシステム「Deppari」を運営する株式会社シナプスとシステム(API)連携に関して基本合意