未来のヒット商品・トレンドをリサーチ!!TREND EXPO TOKYO 2016 11月に開催決定!

日経BP社が発行する月刊誌「日経トレンディ」は、様々なヒット商品やトレンドを紹介し、世の中の流行の傾向をいち早く察知する雑誌である。
この「日経トレンディ」は誌面のみならず、「次のヒットの種」になるモノ、コト、サービスを集め、それらを実際に使ったり、遊んだり、味わったりできる新しいプレゼンテーションを展開するイベントを2015年より開催しており、今年も11月11日・12日に東京・六本木の東京ミッドタウンにて実施することが決まった。
「TREND EXPO TOKYO 2016」(TET2016)は、各種センサーやAI(人工知能)など最新技術を駆使したロボット、IoT(Internet of Things)をフル活用する自動車や家電、世界の金融業界が注目するフィンテックなど、様々な「未来のヒット」を感じさせるモノやコト、サービスが続々と登場する。さらにこれらをテクノロジーとマーケティングという2つの視点からとらえ、消費者起点で「何が購買意欲をかき立てるのか」「ヒットするには、さらに何が必要か」といった切り口で分析し、課題と展望を提示。未来のヒットを体験・体感し、消費者の需要は、製品やサービスそのものだけではなく、モノやコトが消費者にどのような体験を提供し、何を感じ取ってもらえるのかを考えることができる画期的なイベントである。
会場では「未来のヒット」を3つの分野から探れる。「テクノロジー」ではAI、IoT、VR(仮想現実)、フィンテック、クルマなど。そして「ライフ(衣食住)」にはスーパーフード、家電、デジタルヘルス、シニアビジネスなど。さらに「地方&ソーシャル」はシェアリング・エコノミー、オープン・イノベーション、地方創生、地方発ヒット商品などがある。

TREND EXPO 2015 の様子TREND EXPO 2015 の様子

また展示の他にも、様々な分野で活躍する著名人や数々のヒットを生み出してきたビジネス界のカリスマたちによるセミナーが多数用意されている。
事前登録をすれば無料で入場できる。詳細及び追加情報は公式サイト(http://nkbp.jp/tet)に順次掲載していく。

TREND EXPO 2015 の様子TREND EXPO 2015 の様子


【開催概要】
主催:日経BP社
協力:日本経済新聞、テレビ東京
協力媒体:日経電子版(NIKKEI STYLE)、日経トレンディ、日経トレンディネット、
日経エンタテインメント!、日経おとなのOFF、日経PC21など
会期:2016年11月11日(金)〜12日(土)、午前10時〜午後5時(予定)
※11日(金)はビジネスDAY、12日(土)は一般DAY
会場:東京ミッドタウン ホールA・B、カンファレンスルーム
参加人数:約10,000人(予定)
入場料:無料(一部有料)
 
公式サイト http://nkbp.jp/tet
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョードーメディアス >
  3. 未来のヒット商品・トレンドをリサーチ!!TREND EXPO TOKYO 2016 11月に開催決定!