「レイダ レセルヴァ」「レイダ シングル・ヴィンヤード」合計6アイテムを新発売!

冷涼な海洋性気候からつくられるエレガントな味わいのチリワイン

 アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、チリ/レイダ社のワイン計6アイテムの取り扱いを開始します。2018年9月4日(火)から「レイダ・レセルヴァ」4アイテム、2018年11月20日(火)から「レイダ・シングル・ヴィンヤード」2アイテムを全国で新発売します。

 

レイダ社は、チリの中で比較的新しいワイン産地であるレイダ・ヴァレー地区に1998年に創業したプレミアムワインメーカーです。レイダ・ヴァレー地区は、昼夜の寒暖差が大きく、チリの中では冷涼な海洋性気候であるため、欧州系ぶどう品種の栽培に適しており、果実味と酸味のバランスがよいエレガントなワインに仕上がることで知られています。

2007年から女性醸造家ヴィヴィアナ・ナバレッテ氏がレイダ社のチーフワインメーカーに就任して以降、冷涼気候産地の特長を活かしたワイン造りに取り組み、世界的なトップブランドとして評価されるまでに成長しました。

「レイダ・レセルヴァ」は、ぶどう本来の香りを最大限に引き出し、果実味と酸味を調和させエレガントな味わいに仕上げたシリーズです。単一ぶどう品種で造られており、その品種が持つ個性が楽しめます。<ピノ・ノワール><ソーヴィニヨン・ブラン><シラー><シャルドネ>の4アイテムを発売します。
「レイダ・シングル・ヴィンヤード」は、レイダ社が所有する190haの自社畑の中でも、特に厳選した単一畑のぶどうのみで造られたワインで、土地の個性を表現した味わいが楽しめるシリーズです。“そよ風”という意味のラス・ブリサス畑で造られた<ラス・ブリサス・ピノ・ノワール>と、“カモメ”を意味するガルマ畑で造られた<ガルマ・ソーヴィニヨン・ブラン>の2アイテムを数量限定で発売します。
それぞれのラベルには、その昔旅人がサンチアゴから太平洋を目指した際、最後に降り立つレイダ駅の駅舎がモチーフとなっています。

アサヒビール㈱では、伸長するチリワインのラインアップを拡充し、お客様の多様化するニーズに対応すると同時に、ワインの様々な魅力を紹介していきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. 「レイダ レセルヴァ」「レイダ シングル・ヴィンヤード」合計6アイテムを新発売!