別府温泉で大地の息吹を感じながら「別府のルーツをたどる」“Premium” ONSEN・ガストロノミーウォーキングを開催

2019年11月29日(金)、一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構*1(所在地:東京都港区/理事長:小川 正人)およびその事務局を担うANA総合研究所(所在地:東京都港区/代表取締役社長:岡田 晃)とインターコンチネンタルホテルズグループ(IHG®)(本社:英国、日本:東京都港区、日本国内運営会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社CEO:ハンス・ハイリガーズ)は別府市、一社)B‐biz LINK、ANA大分支店の協力の元、国内で初めて「Premium ONSEN・ガストロノミーウォーキング」イベントを共同で開催いたしました。

 ガストロノミーツーリズムとは、地域に根差した食やその背景にある地域の自然・歴史等の魅力に触れることそのものを目的としたツーリズムで、欧米を中心に世界各国で実施されていますが、ここに「温泉」をプラスした体験を「ONSEN・ガストロノミーツーリズム」と呼び、そのイベントをONSEN・ガストロノミーウォーキングと呼んでいます。
初めて日本でONSEN・ガストロノミーウォーキングを開催したのは、2016年11月、ここ別府であります。そこから始まった当イベントは全国各地の温泉地を舞台に開催され、2019年11月現在、63回開催、約15,000名の皆様が参加し反響をいただいております.

この度、源泉数、湧出量ともに日本一であり、世界に誇る温泉地である「別府のルーツをたどる旅」をテーマに、豊かな自然、歴史、食文化に世界最大のラグジュアリーホテルブランドである「インターコンチネンタル」が提供する、人生を豊かにする本物のラグジュアリー体験、「インターコンチネンタルライフ」を掛け合わせた体験の提供を通じONSEN・ガストロノミーウォーキング初の「Premium」というタイトルをつけた「Premium ONSEN・ガストロノミーウォーキング」*2をこの度開催いたしました。別府の原点を知り、新たな魅力を発掘した記憶に残るツアーを約60名の参加者の方々にご体験いただきました。

IHGの日本国内運営会社であるIHG・ANA・ホテルズグループジャパン、CEO ハンス・ハイリガーズは、「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは、多くの別府の皆様に迎えられ、そして支えられて、この8月に開業することができました。地域と一緒にこの別府の素晴らしさを国内、そして海外にさらに伝えていくための一つの取り組みとして、この度Premium ONSEN・ガストロノミーウォーキングイベントをビジネスパートナーであるANAグループと別府市と開催できることを大変嬉しく思います。日本各地に広がるIHGネットワークホテル、そして今後開業するホテルを通じ、まだまだ世界に知られていない日本の魅力を伝えていく所存です。」とコメント。

一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構理事長、株式会社ANA総合研究所取締役会長である小川正人は、「別府では今回で4回目の開催となり、初めてプレミアムの冠がつくイベントを別府で開催できることに非常に意義を感じています。今回は別府のルーツを辿るコースを専用ガイドとともに巡り、この土地でとれた特産品を別府ならではの調理法で召し上がっていただき、最後は別府の温泉を楽しんでいただく内容です。ANAセールス(株)主催、ANAトラベラーズにて先行発売したところ、あっという間に完売となり、期待値の高さが伺えます。今後もIHGと新たな取り組みをして、温泉地の新しい滞在のしかたを発信していきます。」とコメント。

日本国内において、IHGとANAホールディングスのジョイントベンチャーパートナーシップのもと、今後も日本が誇る、豊かなコンテンツを、地域コミュニティーと共に、国内そして世界の人々に広く伝えていくべく、様々なPremium ONSEN・ガストロノミーウォーキングイベントを実施していく予定です。

ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構について
*1ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構サイト:https://onsen-gastronomy.com/
*2 Premium ONSEN・ガストロノミーウォーキングイベント情報:https://onsen-gastronomy.com/eventinfo/premium-beppu-20191129/h

ANA総合研究所について
ANAグループが蓄積してきた知識・ノウハウ・ネットワークを核に、長期的な航空需要開拓を視野に入れた地域活性化や観光振興、海外との人的交流拡大策の研究、人材活用やアイデア発掘、新たな空港活用ビジネスモデルの研究など大胆な発想で元気に未来を切り開くようなテーマに取り組んでいます。

IHG® / IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて
IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ) [LON:IHG, NYSE:IHG (ADRs)]は、世界約100ヶ国に5,800ホテル、865,000室を展開するグローバルホテルオペレーターです。さらに、世界、約1,900軒のホテルが開発中となっています。現在のIHGブランドポートフォリオは、以下の通りです:

ラグジュアリーブランド: シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ、リージェント ホテルズ&リゾーツ、キンプトン ホテルズ&レストランツ、インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ

アップスケールブランド: ホテル インディゴ、EVENホテルズ、HUALUXE(華邑) ホテルズ&リゾーツ、クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ、VOCO

メインストリームブランド: ホリデイ・イン、ホリデイ・イン エクスプレス、ホリデイ・イン クラブバケーションズ、ホリデイ・イン リゾート、avid ホテルズ、ステイブリッジ スイーツ、キャンドルウッド スイーツ

IHG®リワーズクラブ: IHGのロイヤリティプログラム・IHGリワーズクラブは、世界最大級のロイヤリティプログラムです。現在、世界1億人を超える会員の皆様に様々な特典をお楽しみいただいております。

InterContinental Hotels Group PLCは、グループの持株会社であり、英国に設立、英国およびウェールズに登録されています。現在世界中のIHGホテル及びコーポレートオフィスには、400,000人を超えるIHGチームメンバーがおり、日々世界中から集まるお客様をお迎えしています。

日本国内では、2006年12月に、IHGとANAの業務提携によるジョイントベンチャー会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを設立。現在国内32ホテル、約10,000室を展開しています。その内、7軒がインターコンチネンタル、20軒がANAクラウンプラザ、5軒のホリデイ・インブランドで運営しています。今後日本国内では、新規ブランドとして、この冬にホテルインディゴ箱根強羅を、その後2020年春には、キンプトン新宿東京、ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん、2021年には、ホテルインディゴ犬山有楽苑、2022年にはインターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾートの開業を予定いたしております。<2019年9月30日現在>

IHGグローバルサイト:https://www.ihg.com
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト:https://www.anaihghotels.co.jp          
IHGグループサイト: https://www.ihgplc.com

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG)/IHG・ANA・ホテルズグループジャパン >
  3. 別府温泉で大地の息吹を感じながら「別府のルーツをたどる」“Premium” ONSEN・ガストロノミーウォーキングを開催