経営方針と代表取締役の異動を含む新経営体制について

株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」)は、2020年3月27日開催の取締役会において、経営方針と代表取締役の異動を含む新経営体制について決議いたしました。取締役、社外取締役の異動につきましては、2020年6月開催予定の定時株主総会及び同株主総会終了後の取締役会において正式に決定される予定です。
今後もビジョンである「A Heart Driven World.」の実現と、ゲームを中心としたエンターテインメントを通じて人々の心をカラフルに色づけられるよう、アカツキはさらなる成長を目指します。

◼︎経営戦略の基本方針
アカツキは、2020年6月に創業10年を迎えるのを機に、下記を重点領域とし選択と集中を進めていきます。創業時からの最大の強みであるモバイルゲームの開発・運営力の強化に加えて、IPの創出やメディアミックスの展開、新しいゲーム体験への挑戦を通じて 「ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニー」としてグローバルに突き抜けるべく、経営体制の強化を図ってまいります。

<基盤事業として強化する領域>
①他社IP及び自社IPモバイルゲームの開発運営の強化
②モバイルゲームのグローバル展開の強化

 

<価値創造のための挑戦領域>
③IP創出への挑戦
④新しいゲーム体験創出への挑戦

<経営基盤の強化>
⑤技術力・開発体制の強化
⑥コーポレート機能の強化


◼︎経営体制の変更
上記の経営方針の実現に向けて、体制の強化を進めます。

 1. 代表取締役の異動
代表取締役を塩田元規から取締役COO香田哲朗に異動します。
香田哲朗はアカツキ共同創業者として、創業から一貫して塩田元規と協力してアカツキの経営を担ってまいりました。創業期においてはエンジニア兼プロダクトリードとして、『シンデレラナイン』『シンデレライレブン』など自社タイトルの開発を牽引しつつ、人事・管理部門の立ち上げ及び整備を通じ、事業と組織の両面でアカツキの土台を整備しました。2014年には台湾現地子会社「暁数碼股份有限公司」の代表として拠点を立ち上げ、ゲームのグローバル配信を成功させました。その後、モバイルゲーム事業部の事業部長兼人事担当役員を経て、2018年からは自社IPプロデュース事業及びアカツキライブエンターテインメントの代表を兼任し、アカツキの業績拡大に大きく貢献してまいりました。

今後は香田哲朗のリーダーシップのもと、ビジョンである「A Heart Driven World.」の実現に向け、アカツキを次のステージへと成長させてまいります。

 2. 経営体制の強化
戦略の執行を行うExecutive Leadership Team(ELT)を新たに組成し、重点領域に関して機動的な執行と意思決定を行います。
取締役会、ELTともに中長期的な企業価値最大化に責任を持ち、相互発展型のチーム経営を実現します。
ELTが計画の策定と事業推進を中心とした経営の役割を担い、取締役会が最重要な意思決定とコーポレートガバナンス、ELTへのコーチングを中心とした経営の役割を担います。

 

取締役会の構成員は、中長期の企業成長に向けたコーポレートガバナンスのより一層の強化を図るため、社外取締役の人数を現在の1名から2名体制へ増員いたします。

取締役、社外取締役の異動につきましては、6月定時株主総会及び同株主総会終了後の取締役会において正式に決定される予定です。

◼︎Executive Leadership Team​

 

◼︎取締役会(6月定時株主総会及び同株主総会終了後の取締役会において正式に決定)

 

1. 塩田元規の今後の活動について

代表取締役を退任する塩田元規は、新たに代表権を有さない非常勤の取締役に就任し、ハートドリブンコーチとして、より客観性の高い立場からELTへのコーチングと、アカツキ全体のチーミングに貢献してまいります
また、アカツキのビジョンである「A Heart Driven World.」の実現を、アカツキに限らず幅広い企業がハートドリブンになるよう、社会に貢献する活動を始める予定です。アカツキの枠組みを超えて広く活動した体験と学び、人脈をアカツキに還元し、アカツキと社会との接続役として、今後もアカツキと活動してまいります。

2. 新任社外取締役水口哲也氏について
新任社外取締役候補者である水口哲也氏は、アカツキが重点領域とするゲーム事業とIP創出を含む周辺事業の知識・経験が豊富であり、グローバルで通用するゲーム事業、IP事業の成長に向けて、ELTに高い水準のコーチングを行っていただきます。そして、アカツキの経営をより独立した第三者の立場から監督していただく予定です。

 

◼︎プロフィール
Executive Leadership Team

CEO/代表取締役 香田 哲朗(こうだ てつろう)
筑波大学工学システム学類卒業後、アクセンチュアに入社。2010年にアカツキを塩田元規と共同創業。創業期からエンジニア兼ディレクターとしてモバイルゲームの開発を牽引。取締役COOとして事業と組織の両面でアカツキの土台を整備。2014年に台湾現地子会社を代表として立ち上げ、ゲームのグローバル配信を成功させる。モバイルゲーム事業部の事業部長兼人事担当役員を経て、2018年より自社IPプロデュース事業及びアカツキライブエンターテインメントの代表を兼任。

Head of Games/取締役 戸塚 佑貴(とつか ゆうき)
千葉県出身。上智大学卒業後、新卒入社したディー・エヌ・エーでソーシャルゲーム事業を経て、創業3年目のアカツキに入社。スマホゲーム市場黎明期より、プロデューサー・ディレクターとして複数のゲームプロジェクトの立ち上げを担当。2018年より執行役員 、2019年より取締役としてゲーム事業全体の執行に取り組む。

Head of Global Game Expansion 小川 智也(おがわ ともや)
米系コンサルティングファーム、法律事務所での勤務を経て、ディー・エヌ・エーでは執行役員経営企画本部長としてコーポレート部門を統括。2014年にアカツキに入社、取締役CFOとしてコーポレート部門全般・海外投資に従事。

Chief IP Producer 山口 修平(やまぐち しゅうへい)
大手ゲーム開発企業に新卒入社後、国民的RPGシリーズのコアメンバーとして活躍。その後ソーシャルゲーム企業ディレクターを経て、2014年アカツキに入社。トップセールスを記録した複数の著名IPタイトルや、自社IP『八月のシンデレラナイン』のプロデューサーを歴任。2018年より新規IP創出に特化したPI室のチーフ・プロデューサーも務める。

Head of IP Business 野澤 智信(のざわ とものぶ)
慶應義塾大学理工学部卒業後、2014年にアカツキへ新卒入社。複数の新作ゲームタイトルの立ち上げプロデューサー/ディレクターを経て、ゲーム事業部副部長務める。

Head of Global IP Expansion 河村 悠生(かわむら ゆうき)
新卒にて米系コンサルティングファーム(東京、シンガポール事務所)で勤務後、2015年よりNetflixの日本事業立ち上げにコンテンツ企画・分析担当として参画。その後、2018年よりアカツキにてインド投資に従事。並行して、日本発IPの海外展開に取り組む。

CTO & CISO 田中 勇輔(たなか ゆうすけ)
大手化学グループのシステムインテグレータで基幹システムの開発・運用等に携わった後、2012年よりアカツキに入社。ほぼ全てのゲームタイトルの開発に携わり、2014年にCTO就任。アカツキの技術力向上へのリーダーシップを持ち、エンジニア組織の文化づくり、ゲーム制作における技術基盤の開発、全社的なセキュリティ強化、情報システムの整備等に従事。

Chief of Staff, Games 湯前 慶大(ゆのまえ よしひろ)
新卒で日立製作所システム開発研究所(現横浜研究所)に入社。Linuxカーネルのアップストリーム活動に従事。2014年10月にクライアントエンジニアとしてアカツキに入社。2017年4月よりVP of Engineeringとしてエンジニア組織のマネジメント業務を行いながら組織づくりに従事。

CSO 清水 一成(しみず かずしげ)
新卒で東京三菱銀行に入社。2002年よりアクセンチュア戦略グループにて、通信、消費財、小売、医薬品等の全社戦略、新規事業立ち上げなどのコンサルティングに従事。2017年より同社マネジング・ダイレクター。2019年にアカツキに入社し、CSOとして事業開発含め経営アジェンダの検討推進に従事。

CFO 米島 慶一(よねしま けいいち)
慶應義塾大学大学院を修了後、通信会社に入社。2000年より金融業界に転身し、通信・インターネット業界担当のリサーチアナリストとして企業業績および株価の分析業務に従事。クレディ・スイス証券など複数の外資証券を経て、2020年よりアカツキに参画。

CHRO 法田 貴之(ほうだ たかゆき)
米国テキサス大学卒業後、NECに入社。アクセンチュア、グリーを経て2016年よりアカツキに入社。ライブエクスペリエンス事業の立ち上げを推進後、2018年より人事・労務、総務、広報業務に従事。2019年にCHRO就任。


取締役会(6月定時株主総会及び同株主総会終了後の取締役会において正式に決定)

取締役 塩田 元規(しおた げんき)

横浜国立大学電子情報工学科を経て、一橋大学大学院MBAコース修了。ディー・エヌ・エー新卒入社。2010年6月に共同創業者の香田哲朗とアカツキを創業。2016年東証マザーズ、2017年東証一部上場。「A Heart Driven World.」というビジョンのもとアカツキの成長を牽引し、業績拡大に貢献。著書に『ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力』(幻冬舎)。

社外取締役 勝屋 久(かつや ひさし)
勝屋久事務所 代表・画家。日本IBMにて25年間勤務。2000年IBM VentureCapitalGroup パートナー日本代表、経済産業省IPA未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月にリストラを期に独立。その後は生き方そのものを職業として夫婦で活動中。アカツキは創業2年目からメンター・応援団として夫婦でサポート。ビジネス・ブレークスルー大学客員教授、富山県立大学MOT非常勤講師、総務省地域情報化アドバイザー、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議理事/ビジネスプロデューサーなど多彩に活動中。

社外取締役 水口 哲也(みずぐち てつや)
セガ・エンタープライゼス入社後、同社情感デザイン研究室室長、ユナイテッド・ゲーム・アーティスツ(UGA)スタジオ代表を歴任。現在、米国法人エンハンス(Enhance Experience Inc.)代表取締役CEO、EDGEof取締役などを兼任。慶應義塾大学大学院(Keio Media Design)特任教授、金沢工業大学客員教授を務める。


◼︎株式会社アカツキ 会社概要
アカツキは、心が求める活動がみんなの幸せの原動力となる世界「A Heart Driven World.」をビジョンとしています。「ゲームを軸としたIPプロデュースカンパニー」として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。

URL https://aktsk.jp/
資本金 27億55百万円(2019年12月末時点)
設立 2010年6月
代表者 代表取締役CEO 塩田元規
所在地 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階
事業内容 モバイルゲーム事業、ライブエクスペリエンス事業

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アカツキ >
  3. 経営方針と代表取締役の異動を含む新経営体制について