【JR西日本】大阪駅(うめきたエリア)開業に伴う運行体系等について

つながる、はじまる!NEWネットワーク

 大阪駅北地区のうめきたエリアでは、周辺地域との一体的なまちづくりが進められており、現在、2023年春の大阪駅(うめきたエリア)開業およびエリア西側を縦断している東海道線支線約1.7キロメートルの地下化にむけた工事が大詰めを迎えています。
 このたび、開業時の運行体系等が決まりましたので、お知らせいたします。
 関西エリアの「玄関口」である大阪駅の拠点性がさらに高まり、関西エリア全体のネットワークがより強化されますので、ぜひご期待ください。

大阪駅(うめきたエリア)について

 新大阪駅から大阪環状線に至る線路(東海道線支線)の一部を移設・地下化することに伴い、大阪駅の近接地(うめきたエリア)に大阪駅の一部として新たな地下ホームを設置します。
 この地下ホームには、これまでは大阪駅に停車していなかった関西国際空港に向かう特急「はるか」、和歌山方面に向かう特急「くろしお」が停車します。
 あわせて現在、新大阪~久宝寺駅間で運転しているおおさか東線の列車が乗り入れます。
 
  • 「大阪駅(うめきたエリア)」と「大阪駅(西側エリア)」との改札内連絡通路
大阪駅(うめきたエリア)に「うめきた地下口」を、大阪駅西側エリアに「西口」をそれぞれ設置します。
また、「うめきた地下口」と「西口」を地下でつなぎ、エレベーター・エスカレーターを備えた改札内連絡通路を整備します。

  • 特急「はるか」「くろしお」が「大阪駅(うめきたエリア)」に停車~ 大阪駅と各方面へのアクセスがさらに便利に ~
 「大阪駅(うめきたエリア)」には1日あたり、特急「はるか」が上下各30本、特急「くろしお」が上下各18本停車し、関西国際空港や和歌山方面とのアクセスがさらに便利になります。
 また、京都方面から大阪駅に向けても、特急「はるか」「くろしお」を新たにご利用いただけるようになり、特急「サンダーバード」など他の特急と合わせて、大阪駅への通勤・お出かけにご利用いただけるチャンスが増えます。

【大阪駅から関西空港駅・和歌山駅までの所要時間(昼間時間帯平均・直通列車比較)】
  改正前(関空・紀州路快速) 改正後(特急) 増  減
大阪⇒関西空港 1時間07分 47分 △20分
大阪⇒和歌山 1時間30分 57分 △33分

 

【平日7~9時台に大阪駅に到着する特急列車の本数】
  改正前 改正後 増 減
草津・京都方面
から大阪駅
(新大阪駅始発を除く)
「サンダーバード」  3本
「びわこエクスプレス」1本
「スーパーはくと」  2本
計6本
「はるか」     5本
「サンダーバード」  3本
「びわこエクスプレス」1本
「スーパーはくと」  2本
計11本
+5本
関西空港・和歌山
方面から大阪駅
「はるか」       4本
「くろしお」     4本
計8本
+8本

なお、一部の「くろしお」は西九条駅に停車しておりましたが、通過に変更します。
 

  • 「J-WESTチケットレス390」を設定
 2022年に特急等での着座通勤をお試しいただけるよう実施し、好評をいただきました「すわっていこかキャンペーン」を2023年春も実施します。
 現在、近畿圏の特急列車をチケットレスでお手軽にご利用いただける「J-WESTチケットレス」を発売しておりますが、お客様の日頃のご利用への感謝と、特急「はるか」「くろしお」が大阪駅(うめきたエリア)地下ホームに新たに停車することを記念し、期間限定で「J-WESTチケットレス390」を新規設定し、一律390円で発売いたします。
 キャンペーン期間等の詳細は本日別途プレスしております「『すわっていこかキャンペーン』を実施します!~この機会にぜひ特急列車や新快速Aシートでの通勤をおためしください~」をご覧ください。
 

 J-WESTチケットレス390」(新規発売)
  ①利用期間                    
   2023年3月中旬から2023年4月28日(金)までの平日
   ※平日のみ設定
   ※JR西日本ネット予約「e5489」で発売します(駅のみどりの窓口での発売はありません)。
   ※ご利用日の前日および当日(出発時刻の2分前まで)に限りご予約いただけます。
   ※発売開始日については改めてお知らせいたします。
  ②発売額
   390円(全区間一律)
   ※こども用の設定はありません。
   ※特急料金のおねだんです。ご乗車には、別途、ご利用区間の乗車券(定期券、ICカード乗車券含む)が必要です。

  <ご参考:区間例>

  (価格は現時点のものであり、2023年4月1日から変更となる区間があります。)

  ※「大阪~関西空港」「大阪~和歌山」は現在発売しておりませんので、新大阪からのおねだんを記載しています。
  • おおさか東線の列車が「大阪駅(うめきたエリア)」まで乗り入れ
    ~ 大阪駅へのアクセスがより便利に ~
 新大阪~久宝寺駅間で運転しているおおさか東線の列車が「大阪駅(うめきたエリア)」まで乗り入れます。これにより、おおさか東線の普通電車上下各67本と、直通快速上下各4本が大阪駅までお乗り換えなしでご利用いただけることになり、おおさか東線から大阪駅へのアクセスがより便利になります。
【大阪駅(うめきたエリア)への所要時間(昼間時間帯)】

 

発駅 改正前(新大阪乗換) 改正後(直通) 増  減
南吹田 12分 8分 △4分
JR淡路 14分 10分 △4分
城北公園通 17分 13分 △4分
JR野江 20分 16分 △4分

 

  • おおさか東線「直通快速」がJR淡路駅に停車
 新大阪~奈良駅間で運転している「直通快速」が「大阪駅(うめきたエリア)」まで直通するとともに、JR淡路駅に新たに停車します。これにより、朝夕時間帯の乗車機会が増え、平日の通勤・通学、休日のお出かけが便利になります。
 また、7両編成から座席数の多い8両編成クロスシート車両に変更し、快適にご利用いただけます。
【おおさか東線乗り入れ区間及び輸送体系】

 


今回のご案内の取り組みは、SDGsの17のゴールのうち、特に8番、9番、11番、17番に貢献するものと考えています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JR西日本 >
  3. 【JR西日本】大阪駅(うめきたエリア)開業に伴う運行体系等について