学生が大学所属アスリートを取材しコンテンツ制作 メ~テレ×中京大 インターンシップ研修 第1期生の作品を動画配信スタート

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は、2017年7月に中京大学とインターンシップ研修の覚書を締結、10月から第1期生として5人(男性2人・女性3人)の学生を受け入れ、研修をスタートさせました。
そしてこのたび、5本のコンテンツが完成し、3月23日(金)からYouTubeのメ~テレチャンネルで配信を始めました。

メ~テレ×中京大インターンシップ研修第1期生の作品よりメ~テレ×中京大インターンシップ研修第1期生の作品より

メ~テレ×中京大インターンシップ研修第1期生の作品よりメ~テレ×中京大インターンシップ研修第1期生の作品より


YouTubeメ~テレチャンネル:https://www.youtube.com/user/MeiteleCH

<第1期生の作品>
「フィギュアスケート 大庭雅」 キャプテンで挑む大学最後のインカレに密着
(現代社会学部 現代社会学科 2年 安藤 由圭)

「ショートトラックスピードスケート 平井亜美」 平昌五輪代表選考会、世界を目指す姿を追った
(現代社会学部 現代社会学科 3年 南 光勇士)

「水泳部コーチ 佐々木祐一郎」 世界で戦える選手へ!コーチ奮闘記
(現代社会学部 現代社会学科 3年 濱口 悠那)

「パラ陸上短距離 池田樹生」 練習の様子をリポート&体験、密着取材!
(国際教養学部 国際教養学科 3年 有働 彩夏)

「フェンシング 小田みはる」 工学部に在籍する異色のアスリートを紹介
(工学部 メディア工学科 3年 磯村 幸暉)


このインターンシップ研修は、世界レベルのトップアスリートを数多く輩出している中京大学と、スポーツの取材や番組制作を手がけるメ~テレスポーツ部による、映像分野でのコラボレーションです。
研修の期間が1年間(初年度は半年間)と長く、大学所属のアスリートの映像に特化した実践的なインターンシップ研修は、他に類を見ない取り組みです。
学生が大学所属のアスリートを取材対象に選び、撮影から編集までをメ~テレスポーツ部員が指導しました。最後はメ~テレアナウンサーがナレーションをつけ、5人の学生が各1本のコンテンツを完成。3月23日(金)からYouTubeのメ~テレチャンネルで配信がスタートしました。
インターン第1期生が撮影し始めたアスリートは、第2期生へと引き継がれます。そして4月からは新たなアスリートの撮影も始まります。こうした積み重ねが、メ~テレにとっても中京大学にとっても貴重な映像資料、財産となります。

<インターンシップ概要>
■採用人数:5人(メ~テレと中京大学で選考を実施)
■期  間:1年  ※初年度は半年間(2017年10月~2018年3月)
■概  要:
メ~テレは、インターンシップ研修として学生を受け入れ、テレビ局の基本的な業務の説明や、取材・撮影・編集の方法などを指導します。その上で、学生はメ~テレスポーツ部員の指導のもと、大学所属のアスリートの中から、取材する選手や撮影するテーマを決定。取材・撮影を行い、最終的に映像を編集し作品(コンテンツ)を制作します。制作したコンテンツは、YouTubeのメ~テレチャンネルや、「Spoken!」(スポケン)などの自社制作番組で放送します。
取材対象は、陸上競技、水泳をはじめ、経験を積みながらオリンピック種目を中心に広げていき、最終的には中京大学の39全競技をカバーできるようにしていく予定です。
 

インターンシップ研修第1期生の5人インターンシップ研修第1期生の5人

コンテンツ制作中の研修生コンテンツ制作中の研修生




 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メ~テレ >
  3. 学生が大学所属アスリートを取材しコンテンツ制作 メ~テレ×中京大 インターンシップ研修 第1期生の作品を動画配信スタート