幼稚園の預かり保育後の送迎負担解消へ、横浜市で「AI活用型オンデマンドバス」実証実験を開始

AIシステムの活用で各園・各家庭に最適なルートを素早く算出、預かり保育後の柔軟なバス送迎の実現へ

幼稚園の預かり保育後は、多くの園でバス送迎が行われておらず、保護者にとって仕事の後のお迎えが負担となっている現状があります。一方で、自宅まで運んでくれる送迎バスへのニーズは高いことがアンケート調査により判明。そこで、幼稚園の送迎バス運行に長年携わってきた株式会社みつばコミュニティ(東京都港区芝、代表:浜地 康太)は、この課題に取り組むため、スペア・テクノロジーソリューションズ株式会社(東京都千代田区丸の内、代表:中川 和明)のAI活用型オンデマンド交通システムを利用し、「横浜市都築区預かり保育児童向けシェアリングバス事業に向けた実証運行」を行なうことをお知らせいたします。

学校法人岩谷学園(横浜市西区平沼、理事長:岩谷 大介)のグループ校である神奈川県横浜市都筑区の認定こども園エクレス 幼稚園の協力のもと、5月から7月にかけて実証実験を進めています。

■背景

近年、共働き家庭の増加や待機児童の問題から幼稚園でも「預かり保育」を利用する家庭が増えてきています。一方、預かり保育後は、園児ごとに帰宅時間が異なることや、送迎コストが高くなるため、多くの園で帰宅時の各家庭へのバス送迎は行なわれてきませんでした。そのため18時半や19時までに園までお迎えに行かなくてはならないため、保護者は早く退勤するなどの対応が必要となり「送迎の負担」という課題が顕在化してきています。
 

■ニーズ調査

認定こども園エクレス 幼稚園に通う園児のうち年中・年長の1号認定の保護者184名にアンケート調査を実施。期日までに回答を得られた145名のうち、2022年4月以降、市型預かり保育(横浜市私立幼稚園等預かり保育事業)を利用すると回答したのは69名。43.8%(30名)が預かり保育終了時のバス送迎を希望していることがわかりました。利用を希望する保護者からは、「共働き家庭のため、バス運行費が別途必要であっても、是非とも利用したい」「兄弟・姉妹がエクレスすみれ保育園に通っており、2園へのお迎えの負荷を軽減したい」といったコメントがありました。一方で、利用を希望しないと回答した保護者からも、「次年度以降に利用を検討したい」「実証実験の結果を踏まえて利用を検討したい」といったコメントがありました。多くの保護者の預かり保育終了時のバス送迎への関心の高さが伺えたと同時に、課題の大きさを実感する結果となりました。
 

■実証実験の趣旨

みつばコミュニティは、預かり保育後の送迎バス運行実現を目指し、AI活用型オンデマンド交通システムを利用したバス実証実験を実施します。利用ニーズに応じて日々柔軟に最適ルートを運行する仕組みが必要となるため、実証実験においては、スペア・テクノロジーソリューションズのAI活用型オンデマンド交通システムを利用。幼稚園と各家庭を効率よく結ぶルートを、AIが速やかに見つけ出し、「働く保護者の方がおうちで子どもの帰りを待てる」環境を作ります。
 

■実証実験の概要

 

・実施期間:2022年5月16日(月)~7月15日(金)
・実施地区:神奈川県横浜市都筑区
・実施園:認定こども園エクレス 幼稚園
・送迎バス利用児童数:23名
 

■今後の展望
今回の実証実験で、預かり保育後の送迎におけるオンデマンドバスの有効性を確認します。

またみつばコミュニティとしては、実証実験の結果を踏まえて、複数の園を結ぶシェアバス送迎の実現を目指します。将来的には他の業種とも連携したシェアバス送迎を展開し、地域交通の利便性向上に取り組みつつ、最適なルート運行による交通事故リスクの最小化や環境負荷低減(ガソリン消費量削減、CO2排出量削減)を課題とし、SDGsの目標3(すべての人に健康と福祉を)や目標13(気候変動に具体的な対策を)の達成へ貢献します。
 

  • 認定こども園エクレス 幼稚園について

「自ら育つ力を育む」というエクレスの教育・保育理念と、学園共通の目標「楽しい教育」のもと、園では、次の3つの教育目標をかかげて、日々保育に取り組んでいます。
・やさしく、たくましく、うつくしく、表現力豊かな子どもを育てる。
・「こころ」「ことば」「あそび」「表現」の “4つのつばさ”を育てる。
・遊びと学びをとおして基本的生活習慣を身につけ、生きる力を育む。
 

  • スペア・テクノロジーソリューションズ株式会社について

三菱商事株式会社とカナダSpare Labs社との合弁会社として2019年に設立され、AI活用型オンデマンド交通システムの提供を通じ、本邦における移動・交通に関する社会問題の改善に取り組んでいます。
 

  • 株式会社みつばコミュニティについて

みつばコミュニティは、主に送迎バスの運行管理を行っている会社です。地域でナンバーワンの信頼度の会社を目指し、安心安全な運行実施を徹底しております。そのため、運行の担い手である運転士・添乗員がストレスフリーに働けるよう、接遇面の向上に努めております。おかげさまで、幼稚園送迎では首都圏トップクラスのシェアを占めており、安心安全で丁寧な運行は多くのお客様から高い評価を頂戴しております。

 【株式会社みつばコミュニティ】
~地域でナンバーワンの"信頼度"の会社を目指します~
社長執行役員:浜地 康太
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町Ⅱ10F
創業:1994年6月
事業内容:自動車運行管理事業
URL:https://www.mitsuba-c.jp/
 
 【ソシオークグループ】
商号:ソシオークホールディングス株式会社
代表者:大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町Ⅱ10F
事業内容:フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ソシオフードサービス株式会社/株式会社クックサービス/株式会社明日葉/株式会社あしたばマインド/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
URL:https://www.socioak.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソシオークグループ >
  3. 幼稚園の預かり保育後の送迎負担解消へ、横浜市で「AI活用型オンデマンドバス」実証実験を開始