「老後を変える全国47都道府県大調査2022」の結果を発表

約7割が物価上昇に不安、資産形成・投資への関心高まるも、知識習得に課題 理想の老後は、若者は「つながり」を重視、シニア層は「究極の自由」を求める

メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 ディルク・オステイン)は9月2日、「老後を変える全国47都道府県大調査2022」の結果を発表しました。全国の18歳~70代までの男女14,900人を対象にして、老後や人生観について調査しました。
当社は「老後を変える」をテーマとして、明るく豊かな老後を思い描くヒントを探るために2018 年から毎年、本調査を実施しており、今年が5回目となります。今回は、今年4月に新成人となった18~19歳の男女800人を新たに調査対象に加えた他、テレビのコメンテーターや慶應義塾大学特任准教授などとしてご活躍されている若新雄純氏に監修いただきました。

<主な調査結果>
■将来や老後に向けて資産運用などへの意欲は 5年間で10pt以上増加
資産形成の意向は過去5年で年々増加傾向を見せ今年は約6割に。同時に金融知識獲得へのサポートも求められる。

■必要だと思う金融知識と身についていると思う金融知識に大きな差
「必要だと思う」知識と「身についていると思う」知識のptを比較すると、ニーズと実態に大きな差が見られた。「資産形成・資産管理・投資の考え方」が-30.3ptで最も差が大きく、「金融商品の利用・選択」(-27.0pt)、「生活設計・ライフプランニング」(-24.9pt)と続いた。

■昨今の社会情勢に対して、約7割が物価上昇・インフレに不安
物価上昇・インフレに対して、約7割が不安と回答。不安と答えた回答者の約2割が資産運用の意欲を高めており、社会情勢が「お金」への向き合い方の変化を後押ししている。

■老後の不安要因は、5年連続で「お金」がトップに
老後の不安要因、5年連続でトップ3は不動。1位「お金」、2位「健康」、3位「認知症」という結果に。

■お金に加え、長い人生を豊かに生きるための鍵は、「自分らしさ」
趣味・活動があると回答した「自分らしく」生きている方は、老後の「生活充実度」が15pt高い結果に。

■理想の老後、若い世代ほど「つながり」重視。一方シニア層は“人に干渉されない”ありのままの自分を望む
新成人世代(18-19歳)は「人とのつながりを重視」した老後生活を送りたいという意向が半数超え。
年齢を重ねるほど「人に干渉されずに生きていたい」「ありのままでのんびり生きていたい」傾向に。

調査結果の詳細につきましては、ホームページをご覧ください。
https://www.metlife.co.jp/data/changerougo/japanproject/pdf/survey_report_2022.pdf

<調査監修:若新雄純氏コメント>

老後に向けた資産形成への関心はどんどん高まってるようです。生涯の活動資金として選択の幅を広げたり、自由を追求する楽しみを見出せたら、人生観を瑞々しくできるんじゃないかと期待しています。面白かったのは、新成人は「つながり」を重視するのに対し、歳を重ねると一人の時間や自己決定を尊重し、究極の自由を求めようとする傾向。人間の老いには、単に枯れていくことだけではなく、熟成させていく奥深さのようなものがあるのかもしれません。だけどそこには、ある程度のお金と老後への軽やかな姿勢が必要でしょう。

もしもわかしんが、100まで生きるなら
メットライフ生命の公式サイトで、宇宙飛行士 野口聡一氏らとの対談を掲載しています。
https://www.metlife.co.jp/changerougo/wakashinjourney/kanagawa/

<若新雄純(わかしん ゆうじゅん)氏プロフィール>
株式会社NEWYOUTH 代表取締役
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授 国立福井大学 産学官連携本部 客員准教授
人・組織・社会における、「創造するコミュニケーション」を研究。日本全国の企業・団体・学校等において実験的な政策や新規事業を多数企画・実施し、ビジネス、人材育成・組織開発、就職・キャリア、生涯学習、学校教育、地域・コミュニティ開発などさまざまな現場でフィールドワークを行う。

当社は、日々の暮らしからお客さまとご家族の変化に寄り添い、いつでも頼れるパートナーであり続けたいと考えています。2023 年 2 月には日本での営業開始から 50 年の節目を迎えますが、この想いは変わりません。人生 100 年時代を迎えると言われる日本において、常に世の中のニーズに合った商品やサービスを提供し、お客さまのよりたしかな未来に向けて継続的な責任を果たすことを目指します。

以上

「老後を変える」取り組み
当社は、誰もが明るく豊かな老後を思い描くことができることを目指し、2017年から「老後を変える」取り組みを実施しています。2022年には新メッセージ「もしも私が、100まで生きるなら。」を掲げ、全国47都道府県大調査2022 」や特設サイトを新設し、人生100年時代に向けて自分らしいライフデザインを描く皆さまに寄り添ったサポートを目指してまいります。
https://www.metlife.co.jp/changerougo/


メットライフ生命について
メットライフ生命は日本初の外資系生命保険会社として1973年に営業を開始し、現在は世界有数の生命保険グループ会社、米国メットライフの日本法人として お客さまに常に寄り添い、最適な保障を選ぶお手伝いをしています。多様な販売チャネルを通じて、個人・法人のお客さまに対し幅広いリスクに対応できる、 革新的な商品の提供に努めています。
https://www.metlife.co.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メットライフ生命 >
  3. 「老後を変える全国47都道府県大調査2022」の結果を発表