2019年4月から伊豆エリアにて実施する日本初の観光型MaaS実証実験の詳細が決定

専用アプリケーション「Izuko」で国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指します

 東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画は、国内外観光客が鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタサイクルなどの交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験を、2019年4月から「静岡デスティネーションキャンペーン」にあわせて伊豆エリアにて開始します。
1.  期間
・Phase1:2019年4月1日~6月30日(「静岡デスティネーションキャンペーン」と同期間)
・Phase2:2019年9月1日~11月30日  計6カ月間

2.  実験方法
(1)展開エリア:東伊豆および中伊豆エリア(右図参照)
(2) 使用する専用アプリ
   アプリ名:Izuko(「イズコ」、日英2カ国語対応、ダウンロードとアプリ使用は無料)
(3)専用アプリ「Izuko」の各機能(詳細は別添1・2・3参照)
【検索】
・鉄道 伊豆急線全線(伊東-伊豆急下田)、伊豆箱根鉄道駿豆線全線(三島-修善寺)
・路線バス 展開エリア内を運行する伊豆箱根バスと東海バス
【予約】
・AIオンデマンド乗合交通(別添4参照)、レンタサイクルとレンタカー(リンク連携)
【決済】
①デジタルフリーパス2種類(ともに有効期間2日間)
○「デジタルフリーパス・Izukoイースト」:3,700円(右図赤線)
 乗り放題:伊豆急線全線+伊東市内および下田駅周辺路線バス
○「デジタルフリーパス・Izukoワイド」:4,300円(右図青線)
 乗り放題:伊豆箱根鉄道駿豆線全線、修善寺駅および下田駅周辺路線バスなど
 片道乗車区間(※):東海バス(修善寺-河津)、伊豆急線(河津-伊豆急下田-伊東)
 ②観光施設入場券:小室山観光リフト、下田港内めぐり、下田海中水族館など5施設(予定)
【その他】
・デジタルマップ(飲食施設や携帯充電箇所などを多言語案内)、画面提示で約30施設の観光施設割引
※何度でも途中下車が可能
 
3.  期待される効果
(1)点在する伊豆エリアの観光拠点間のシームレスな移動実現による周遊促進と地域活性化
(2)IoT活用による交通・観光事業などの最適化、キャッシュレスや多言語対応といった観光拠点の抱える課題解決など
(3)(1)(2)を通じたPhase1(「静岡デスティネーションキャンペーン」期間)とPhase2での新たな顧客体験価値の提供

4.  推進体制(別添5を参照)
・実行委員会形式で推進(名称:「伊豆における観光型MaaSの実証実験実行委員会」)
【会長】(一社)美しい伊豆創造センター 【委員長】東京急行電鉄(株)、(株)ジェイアール東日本企画
【副委員長】東日本旅客鉄道(株)、楽天(株)、伊豆急行(株)
【推進内容】調査事業、商品・アプリ開発事業、広報宣伝事業、次世代2次交通実証実験事業 など















以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. 2019年4月から伊豆エリアにて実施する日本初の観光型MaaS実証実験の詳細が決定