「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Chalaza」の連携で請求書受け取りから会計システムなどへのデータ入力を完全自動化

~ インフォマートと三谷産業が協業。来年1月「電子帳簿保存法」改正に対応~

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:長尾 收、以下「インフォマート」)と、三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市 代表取締役社長:三谷 忠照、以下「三谷産業」)は、すべてのビジネスプロセスをデジタル技術がつなぐ社会を目指し、両社が開発するサービスの連携を開始しました。
 インフォマートが開発した請求書クラウドサービス「BtoBプラットフォーム 請求書」を、三谷産業が開発したFaaS(※1)インテグレーター「Chalaza(カラザ)」(※2・3)により会計システムなどの他システムと連携させることで、お客様の請求書受け取り後の業務効率化に貢献します。

< 電子帳簿保存法改正による社会の変化に対応 >

 2022年1月、電子帳簿保存法が改正されます。本改正では、電子取引により受領した請求書などの証憑を紙に印刷して保存するのではなく、オリジナルの電子データで保存することが求められます。これに伴い、企業は本改正に対応できるシステムの導入や開発の検討などの対策が必要となります。
 「BtoBプラットフォーム 請求書」は改正電子帳簿保存法に対応(※4)しており、国税関係電子帳簿の電子データ保存に関する多様な運用パターンに対応可能です。 


 
< 請求書受け取り後のプロセスを完全自動化 >

 「BtoBプラットフォーム 請求書」は、電子請求書の発行機能に留まらず、「受け取り」ができるプラットフォームとして、他の請求書システムにはない強みを持っています。しかし、電子請求書を受け取った後に、会計システム等への手動入力が必要なケースもありました。そこで、「BtoBプラットフォーム 請求書」に「Chalaza」を利用してデータ連携することにより、課題であった会計システムなどへの入力の完全自動化を可能にします。


 今回の連携を機に、インフォマートは三谷産業と協力し、「BtoBプラットフォーム 請求書」との連携先システムの拡充、連携による付加価値の向上に努め、お客さまのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進に貢献してまいります。さらに、三谷産業が持つ全国販売ネットワーク及び、インフォマートのシステム稼働ノウハウを融合させ、両社共同でサービスの普及を拡大してまいります。

 


< 「改正電子帳簿保存法から始めるDX推進」セミナーを共同で開催 >

 今回の連携に伴い、両社共催によるオンラインセミナーを開催いたします。2022年1月の電子帳簿保存法の改正に伴う企業の実務対応のご参考として、「Chalaza」を介して「BtoBプラットフォーム 請求書」と他システムを連携させ、社内DXを推進する方法を解説します。概要は下記をご参照ください。

 

【セミナー概要】

タイトル:「改正電子帳簿保存法から始めるDX推進」
開催日時:2021年12月21日(火)13:00~14:00
開催方法:オンライン(Zoom)
参加費:無料
お申込み:https://www.infomart.co.jp/magazine.asp?p=32184 (定員100名)
共催  :株式会社インフォマート、三谷産業株式会社



< サービス概要 >

 

■BtoBプラットフォーム 請求書


 「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」など、多様な請求業務の電子データ化に対応可能な請求書クラウドサービスです。時間・コスト・手間のかかる請求業務を大幅に改善し、ペーパーレス化、経理のテレワークの実現を後押しします。電子帳簿保存法に対応(※5)、そして、2023年のインボイス制度に向けた電子インボイスの標準規格にも対応予定です。2021年11月現在で65万社が利用しています。
 URL:https://www.infomart.co.jp/seikyu/index.asp 





■Chalaza

 三谷産業が開発した FaaS インテグレーター「Chalaza」は、「すべてのビジネスプロセスがつながる世界をつくる」をスローガンに、プログラム開発不要でさまざまなクラウドサービスを効率的に連携させるアダプタを提供するプラットフォームです。従来は各種クラウドサービスを連携させるためには個別のインターフェースを開発する必要がありましたが、「Chalaza」では各種クラウドサービスと速やかに連携することができます。これにより、開発導入コストやメンテナンスコストを大幅に削減できるほか、業務の効率化による生産性の向上、社員の「気付き」の促進等の効果を早期に得ることができます。また、連携モデルの構築は、連携対象システムの特性や現場のニーズに合わせ、柔軟に行うことが可能です。連携対象システム数は、2021年11月末時点で150システムとなっています。
 URL:https://www.mitani.co.jp/chalaza/

 

(※1)「Function as a Service」の略称で、サーバーレスでアプリケーション開発を可能にするクラウドサービスです。(※2)「Chalaza(ロゴ)」、「Chalaza」、「FaaS インテグレーター」は、三谷産業株式会社の登録商標です。(※3)「Chalaza」は、三谷産業株式会社の特許として申請中です。(※4・5)JIIMA 「電子取引ソフト法的要件認証制度」認証取得済  https://www.jiima.or.jp/certification/denshitorihiki/list/



< 会社概要 >

【三谷産業グループ】

 石川県金沢市で創業して93年、ベトナムで創業して27年の複合商社です。北陸、首都圏、ベトナムを拠点に、化学品/情報システム/樹脂・エレクトロニクス/空調設備工事/住宅設備機器/エネルギーの6セグメントで事業を展開しています。商社でありながら、時にメーカーとして、また時にコンサルタントとして、お客様にとっての最適を追求するとともに、「創業90年を越えるベンチャー企業」として更なる進化へと挑戦しています。

会社名:三谷産業株式会社(東証一部:8285)
代表者:代表取締役社長 三谷 忠照
本社所在地:石川県金沢市玉川町1-5
      東京都千代田区神田神保町2-36-1 住友不動産千代田ファーストウイング
創業年月日:1928年2月11日
資本金:48億800万円
事業内容:情報システム関連、樹脂・エレクトロニクス関連、化学品関連、空調設備工事関連、住宅設備機器関連
     およびエネルギー関連事業
従業員数:(連結) 3,540名 / (単体) 564名(2021年3月末時点)
URL:https://www.mitani.co.jp/



【インフォマート】

 企業間の商行為を電子データ化することで業務効率化、コスト削減、ペーパーレスを実現するクラウドサービス「BtoBプラットフォーム」を提供しています。商談・受発注・規格書・請求書・業界チャネル・見積書・契約書・TRADEの8つのシリーズからなり、2021年11月現在、66万社を超える企業に利用いただいています。

会社名:株式会社インフォマート(東証一部:2492)
代表者:代表取締役社長 長尾 收
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立:1998年2月13日
資本金:32億1,251万円
事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数:610名(2021年9月末現在)
URL:https://www.infomart.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インフォマート >
  3. 「BtoBプラットフォーム 請求書」と「Chalaza」の連携で請求書受け取りから会計システムなどへのデータ入力を完全自動化