『シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ』『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』9月26日(水)数量限定で新発売!

マンサニーリャ(※1)を熟成させた樽を特別に使用

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ニッカウヰスキー株式会社(本社 東京、社長 岸本健利)が製造する『シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ』、『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』を9月26日(水)から数量限定で発売します。

『シングルモルト余市マンサニーリャウッドフィニッシュ』『シングルモルト余市マンサニーリャウッドフィニッシュ』
今回発売する2商品は、「シングルモルト余市」および「シングルモルト宮城峡」に、なめらかな甘さやビターな味わいを付与したシングルモルトウイスキーです。通常の熟成後に、シェリーのマンサニーリャを50年間熟成させていた樽で、18か月間貯蔵・熟成させました。また、豊かで複雑な味わいを楽しんでいただくため、冷却ろ過を行わずにボトリングしています。
■『シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ』
力強く厚みのある味わいの「シングルモルト余市」を、マンサニーリャ樽でさらに熟成させ、フルーティーな甘さとコク、香ばしいピートが調和した味わいが特長です。ピーチやパパイヤのようなトロピカルフルーツの香りと、ショートケーキを思わせる甘酸っぱい香りに加え、焚火を思わせるようなピートの余韻をお楽しみいただけます。

『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』


■『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』
華やかで軽やかな味わいの「シングルモルト宮城峡」を、マンサニーリャ樽でさらに熟成させ、まろやかな甘さとやわらかな苦みが調和した味わいが特長です。ドライフルーツや、ココナッツ、ミルクチョコレートを思わせる甘い香りに加え、樽由来の少しほろ苦い余韻をお楽しみいただけます。

近年、お客様のウイスキーに対する関心が高まり、国内のウイスキー市場は拡大傾向にあります。また、蒸溜所の個性を味わえるシングルモルトウイスキーに注目が集まっています。「シングルモルト余市」および「シングルモルト宮城峡」の個性を一層際立たせ、フィニッシュ(※2)ならではの個性を持った商品を数量限定で発売することで、お客様にシングルモルトウイスキーのさらなる魅力を提供していきます。
(※1)マンサニーリャ:スペイン南部のサン・ルーカル・デ・バラメーダ地区で熟成された酒精強化ワイン(シェリー)のひとつ
(※2)フィニッシュとは、熟成した原酒をヴァッティング(ブレンド)した後、別の樽に移し、さらに熟成させることです。

アルコール分:48%
品目:ウイスキー
容量:瓶700ml
価格:オープン価格 *参考小売価格15,000円(税別)
販売数量:各4,000本
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アサヒビール株式会社 >
  3. 『シングルモルト余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ』『シングルモルト宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ』9月26日(水)数量限定で新発売!