【国立科学博物館】企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」 開催のお知らせ ≪2021(令和3)年12月14日(火)~2022(令和4)年2月27日(日)≫

 国立科学博物館(館長:篠田 謙一)は、日本博主催・共催型プロジェクトとして、2021(令和3)年12月14日(火)から2022(令和4)年2月27日(日)までの期間、企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」を開催いたします。 【詳細URL: https://www.kahaku.go.jp/event/2021/12biodiversity/

企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」ポスター企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」ポスター

 日本列島は、豊富な固有種をはじめとする特徴的な生物相が見られる地域です。一方で、現在では多くの種が絶滅の一歩手前の危機的状況にあり、中には既に絶滅してしまった種も存在します。  

 本展は、標本などのコレクションが、日本の生物多様性の変遷と現状の把握、さらには実際の種の保全に対してどのように貢献しているのか、貴重な標本や関連資料の展示の中から「発見」していただくことを目指した企画展です。 
 

  • 開催概要
​企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」
【会  場】国立科学博物館(東京・上野公園) 日本館1階企画展示室及び中央ホール
【会  期】2021(令和3)年12月14日(火)~2022(令和4)年2月27日(日)
【開館時間】午前9時~午後5時 ※入館は閉館時刻の30分前まで。
【休 館 日】毎週月曜日、12月28日(火)~1月1日(土・祝)
      ただし12月27日(月)、1月3日(月)・10日(月・祝)は開館
      ※会期等は変更となることがあります。
【入 館 料】一般・大学生:630円(団体510円)(税込)、高校生以下及び65歳以上無料
      ※本展は常設展示入館料のみでご覧いただけます。団体は20名以上。
【入館方法】新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を実施しています。
※入館の際は、当館ホームページでの事前予約が必要です。
※入館前に検温、体調等の確認をし、発熱等がある場合は入館をお断りします。
※入館方法の詳細等については、当館ホームページの予約サイトをご覧ください。
https://www.kahaku.go.jp/news/2020/reservation/index.html
【主  催】国立科学博物館、文化庁、日本芸術文化振興会 
【公式サイト】https://www.kahaku.go.jp/event/2021/12biodiversity/

※「日本博」は文化庁及び独立行政法人日本芸術文化振興会が中心となって、関係府省庁、地方公共団体、民間団体等と連携しつつ、各地域が誇るさまざまな文化観光資源を活用し、年間を通じて体系的に展開する国家プロジェクトです。 
 
  • 展示紹介
日本から絶滅寸前の生物が語ること
代表的な日本の絶滅寸前種(絶滅危惧Ⅰ類)
・チシマラッコ・オオウラギンヒョウモン・アマミデンダ

貴重な日本産のラッコ(チシマラッコ)剥製(写真提供・所蔵:根室市歴史と自然の資料館)貴重な日本産のラッコ(チシマラッコ)剥製(写真提供・所蔵:根室市歴史と自然の資料館)

絶滅危惧IA類のチョウ オオウラギンヒョウモンの標本(所蔵:国立科学博物館)絶滅危惧IA類のチョウ オオウラギンヒョウモンの標本(所蔵:国立科学博物館)


絶滅からの「復活」を遂げた種
シマクモキリソウ・ムニンキヌラン・ホソバノキミズ・カバイロチャダイゴケ・ハハシマアコウショウロ
・トキ・クニマス・カドタメクラチビゴミムシ


日本から絶滅した生物の標本が上野に集う
・ニホンオオカミ・ニホンカワウソ・チョウザメ・マミジロクイナ・シマハヤブサ・エンザガイ・トキウモウダニ
・イオウジマハナヤスリ・コウヨウザンカズラ・サガミメドハギ・オウミコゴメグサ・クモイコゴメグサ
・タカノホシクサ・チャイロテンツキ・アミラッパタケ

・ニホンカワウソ(最後の目撃は1979年)

絶滅種ニホンカワウソの剥製(所蔵:国立科学博物館)絶滅種ニホンカワウソの剥製(所蔵:国立科学博物館)

 

・コウヨウザンカズラ(1966年に1回だけ採集されたシダ植物)

 

日本国内で1回だけ採集されたシダ植物 コウヨウザンカズラの標本(所蔵:国立科学博物館)日本国内で1回だけ採集されたシダ植物 コウヨウザンカズラの標本(所蔵:国立科学博物館)

・アミラッパタケ(1914年以降見つからないキノコ)
 

1914年以来再発見されていない絶滅種のきのこ アミラッパタケ(所蔵:国立科学博物館)1914年以来再発見されていない絶滅種のきのこ アミラッパタケ(所蔵:国立科学博物館)

 

​​
絶滅種・絶滅寸前種を克明に記録した博物図

『両羽博物図譜』に描かれた日本の絶滅動物
・チョウザメ・トキ

松森胤保『両羽博物図譜』に描かれたトキ(所蔵:酒田市立光丘文庫)松森胤保『両羽博物図譜』に描かれたトキ(所蔵:酒田市立光丘文庫)

ラン科植物絶滅寸前種原図
標本をもとに緻密に描かれ、今日でも新種記載に欠かせない植物の標本図

絶滅危惧IB類のタンザワサカネランの新種記載のために描かれた線画(画:中島睦子、所蔵:国立科学博物館)絶滅危惧IB類のタンザワサカネランの新種記載のために描かれた線画(画:中島睦子、所蔵:国立科学博物館)

 

 

標本をたくさん集めると何がわかる?
博物館標本から生化学・分子生物学的な情報を取り出すミュゼオミクス
古い標本のDNAを分析し、絶滅個体群の正体が判明!
・1910年父島産のメグロ標本

生物多様性情報学
標本から得られた情報を地図上に落としこむと、日本の生物多様性の今が見えてくる!
・プロジェクションマッピング

日本の生物多様性を守るために ~博物館での取り組み~
種の特性の把握
希少な新種を発見し、種の保全を図る
・ツクバハコネサンショウウオ

筑波山塊の固有種ツクバハコネサンショウウオ筑波山塊の固有種ツクバハコネサンショウウオ


リビングコレクションの活用
野外では絶滅してしまった植物の野生復帰を目指す
・コシガヤホシクサ



国立科学博物館ホームページ:https://www.kahaku.go.jp/
企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」ウェブページ:https://www.kahaku.go.jp/event/2021/12biodiversity/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文化庁 >
  3. 【国立科学博物館】企画展「発見!日本の生物多様性 ~標本から読み解く、未来への光~」 開催のお知らせ ≪2021(令和3)年12月14日(火)~2022(令和4)年2月27日(日)≫