VRソフト「バーチャルデザインレビュー」のワイヤレスオプション販売開始(HTC社およびAMD社と共同開発)

ヘッドマウントディスプレイHTC VIVE※1 Focus Plusを利用し、完全ワイヤレスで3D CADデータをVR活用!空間やケーブル類にとらわれず、より手軽で高精度なVR検証が可能になります。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、サイバネットが販売・サポートするVRソフトウェア「バーチャルデザインレビュー」のワイヤレスオプションをHTC Corporation(本社:台湾、以下「HTC社」)、ならびにAdvanced Micro Devices, Inc.(本社:米国、以下「AMD社」)と共同で開発し、販売開始したことをお知らせいたします。
バーチャルデザインレビューは、3D CADの形状をデータ変換等の手間をかけず直接VR空間に投影させ、遠隔地のメンバーを含む複数人が同一のVR空間の中でコミュニケーションを取りながらレビューすることができるVRシステムです。手戻りや設計変更等の情報を有効に共有することで、コストと時間の圧縮を実現します。

ワイヤレス化により、時間や場所を選ばずに高精度なVR検証が可能にワイヤレス化により、時間や場所を選ばずに高精度なVR検証が可能に


=======================
開発の背景
=======================
◆設計・製造現場におけるVR活用の課題
近年、VRの業務活用が急速に広がっています。AR/VRの市場規模の推移は、2019年の168億ドル(約1.8兆円)に対して2023年は1,600億ドル(約17.3兆円)と年平均成長率(CAGR)は78.3%とされており、企業での利用が成長を牽引すると予測されています※2。
特に、輸送機器や産業機器、プラントなどを扱う業界では、VR空間上なら既存の3Dモデルデータを実物と同じ感覚で試作段階から検証できることから、フロントローディングを大きく加速させる手段としてVRの活用が広く定着しつつあります。
一方、VR活用が広がるにつれ、PCとVR機器をつなぐケーブルがVR検証中に与える安全面の懸念や行動の制限、ベースステーションの設置やその場所への移動の手間などから、ワイヤレス化のニーズが高まっていました。しかし、従来のワイヤレスタイプのヘッドマウントディスプレイでは、3D CADデータは簡略化しなければ扱えず、利用できないことが課題でした。

◆設置作業不要。ワイヤレス化により、時間や場所を選ばずに高精度なVR検証が可能に
今回 HTC 社及び AMD 社と共同開発したバーチャルデザインレビューワイヤレスオプションは、AMD Radeon™ Pro※3グラフィックス・カードを搭載したワークステーションで表示した3D CAD のVR 画像を、HTC 社のワイヤレスヘッドマウントディスプレイ VIVE Focus Plusに無線で表示させるものです。内蔵のセンサーを利用するため、ベースステーションの設置も不要です。
3D CAD データでも加工することなく、ワイヤレスでリアルタイムにVR 空間に表示させる技術は、AMD 社の VR ストリーミングソリューションAMD Radeon™ ReLive for VR※4をバーチャルデザインレビューで最適なパフォーマンスが発揮できるようにカスタマイズさせることで実現しました。CAD に加えて、 CAE によるシミュレーション結果の表示も可能です。ワイヤレスでも遅延を感じることなく利用できます。
このワイヤレスオプションで、時間や場所を選ばない手軽な VR 検証を行えるようになり、設計・製造現場での更なる VR 活用と関係者間のコミュニケーションの促進と深化、ひいては手戻りの軽減、コストの削減、開発期間の短縮に貢献します。
 

VIVE Focus PlusVIVE Focus Plus


=======================
価格
=======================
お問い合わせください。

=======================
体験セミナー開催
=======================
バーチャルデザインレビュー ワイヤレスオプションの体験セミナーを開催いたします。是非ご参加ください。

日 時: 2019年10月10日(木)14:00~16:30
会 場: TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原(秋葉原駅徒歩3分)
定 員: 80名
お申込み: https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/seminar_event/


バーチャルデザインレビューの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/vdr/ 

----------------------------------------------------------
【注釈】
※1:HTC VIVE:ルームスケールVRでかつリアルなインタラクションを実現するために最適化された新しいVRプラットフォーム。テクノロジー業界のゲームチェンジャーとして、高い技術力と業界TOPクラスのコンテンツを提供している。
詳細:https://www.vive.com/
※2:IT専門調査会社IDC Japan株式会社が2019年6月26日に発表した『2023年までの世界AR/VR関連市場予測(https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ45301519)』による。
※3:AMD Radeon Pro:「Radeon VR Ready Creator」として設計されたグラフィックスボード。
※4:AMD Radeon ReLive for VR:AMD社が提供するVRストリーミングソリューション。
詳細:https://www.amd.com/en/technologies/vr-ready-creator 
----------------------------------------------------------

【HTC社について】
HTCの理念は「bring brilliance to life」(人生に輝きを)」です。1997年に設立されたHTC Corporationは、スマートモバイル機器とテクノロジーのグローバル・パイオニアとして、受賞歴を持つモバイルデバイスの数々や、世界初・業界初のモバイルデバイスを多数開発してきました。常にコンセプトの中心に「人」を据えることで、デザインやテクノロジーの限界を超え、 世界中のユーザーにとって革新的な体験を創造します。輝きを追求することが、私たちが行うすべての核心であり、クラス最高のデザインと、ゲームチェンジャーとなるモバイルとバーチャルリアリティの経験を世界中人々に提供していきます。台湾証券取引所 (TWSE) 上場 (2498)。 
HTC社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.htc.com/jp/ 

【AMD社について】
AMDは、ゲームや没入型プラットフォーム、データセンターに欠かせない要素である、ハイパフォーマンス・コンピューティング、グラフィックスと視覚化技術において50年にわたり革新をもたらしてきました。世界中の何億人もの消費者、フォーチュン500企業、最先端の科学研究施設が、日常の生活、仕事、遊びを向上させるために、AMDのテクノロジーに頼っています。世界中のAMD社員は可能性の限界を押し上げる優れた製品開発に注力しています。
AMDに関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.amd.com/ja-jp

【サイバネットについて】
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

----------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ先:サイバネットシステム株式会社
----------------------------------------------------------
■内容および製品の取り扱いについて
CAEソリューション事業部 営業推進室/荒井
TEL:03-5297-3799 E-MAIL: cnc-info@cybernet.co.jp

■報道の方は
コーポレートマーケティング部/新留
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

■投資家の方は
経営企画・IR部/目黒
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp
----------------------------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイバネットシステム >
  3. VRソフト「バーチャルデザインレビュー」のワイヤレスオプション販売開始(HTC社およびAMD社と共同開発)