「少食で運動不足」の若くてやせている女性に高い糖尿病リスク!将来の健康のために今から意識してほしいポイントを動画で紹介

順天堂大学(学長:新井 一)は、医学研究科代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターの研究グループによる研究成果をもとに、少食・運動不足でやせている若年女性が抱える糖尿病リスクを啓発するための動画「順天堂大学の医師が伝える健康のハナシ」を制作し、公開しましたのでお知らせします。動画の監修は、糖尿病専門医の田村好史 国際教養学部教授・大学院医学研究科スポーツ医学・スポートロジー 先任准教授/代謝内分泌内科学 准教授が行っています。

 

制作の背景

日本は、やせ型(BMI 18.5㎏/㎡未満)の女性の比率が先進国の中でもっとも高く、特に20歳代の若い女性では、その割合が約20%(厚生労働省:令和元年「国民健康・栄養調査」)と極めて高い状態にあります。現在、肥満が世界各国に共通する大きな健康課題となっている一方で、やせていることは「健康的で良いこと」と思われがちですが、これまでの研究から、少食・運動不足でやせている若い女性は肥満の女性と同じように、標準体重の女性に比べて糖尿病の発症リスクが高いことがわかってきました。「やせているのは良いこと」という意識を背景に「やせるために食べる量を減らす」「運動不足でも、やせているから大丈夫」と考える若い女性も見られることから、今回の動画では本学の研究で得られた知見をもとに少食・運動不足による「やせ」がはらむ健康リスクと健康的な体づくりについて、わかりやすく訴求しています。

動画イメージ



動画を監修した田村好史教授のインタビュー記事も同時公開!
今回制作した動画のもとになった研究の内容と、やせた若い女性が気をつけたい健康づくりのポイントや運動のヒントについて、動画を監修した田村好史教授のインタビュー記事で詳しく紹介しています。また、スポーツ健康科学部の教員が提案する「女性のためのエクササイズプログラム」も同時公開中です。

<関連URL>
やせていても「少食で運動不足」はハイリスク。若い女性も気をつけたい糖尿病
https://goodhealth.juntendo.ac.jp/medical/000233.html

"動けるワタシ"を好きになる!やせた若い女性の健康リスク解消を目指したエクササイズプログラムが完成
https://goodhealth.juntendo.ac.jp/sports/000234.html

運動不足で高まる健康リスク解消の第一歩に!「女性のためのエクササイズプログラム」-実践編-
https://goodhealth.juntendo.ac.jp/sports/000238.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 順天堂 >
  3. 「少食で運動不足」の若くてやせている女性に高い糖尿病リスク!将来の健康のために今から意識してほしいポイントを動画で紹介