ワンストップで導入できる決済ソリューション「PayCAS」の医療機関向けパッケージを提供開始

~レセコン自動精算機との連動開発により、キャッシュレスを実現~

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、キャッシュレス決済の導入において決済端末・ネットワーク・関連サービスをワンパッケージで提供するサービス「PayCAS」と、株式会社GENOVA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:平瀬 智樹、以下「GENOVA」)が提供するレセコン(※)自動精算機の連動開発が完了し、2021年9月1日より医療機関向けパッケージの提供を開始します。
(※)医療施設から健康保険組合などの支払い機関に対し、診療報酬明細書を作成するコンピューターシステム

現在、企業や自治体におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進が求められている中、医療機関では自動精算機との連携や決済手数料の負担など、キャッシュレス決済導入へのハードルは依然として高い状況です。「PayCAS」が、レセコン自動精算機と連動することにより、今後は医療機関向けにワンストップで便利なキャッシュレス決済サービスを提供することが可能になります。

また、医療機関向けパッケージでは、医療機関向けの特別料率もご用意しています。


【GENOVA製自動精算機の特長】
‐   幅狭で省スペースに設置可能
‐   時間や手間の削減、打ち間違いによる書類不備を防止
‐   電子カルテ・レセコン連携済み

【サービスの詳細とお申し込み】
https://www.paycas.jp/

【サービスに関するお問い合わせ】
FinTech問い合わせ窓口
SBCASGRP-fintech@g.softbank.co.jp

【セミナー開催】
今回の医療機関向けパッケージの提供開始に伴い、オンライン共同セミナーを開催します。
・日時:2021年8月27日(金)午後7時~ ※所要時間1時間程度
・対象企業:中小病院、診療所などの医療機関
・募集定員:80名
・主催:日本経営ウィル税理士法人、株式会社GENOVA、SB C&S株式会社
・セミナー内容(予定):
 医療機関のキャッシュレスは何故流行らない?キャッシュレスから始めるクリニックDX
 ‐   これからのクリニック会計と事務効率化
 ‐   未来のスマートクリニックと会計と事務の在り方
 ‐   会計回り、事務回り効率化自動精算機とかを活用して効率化
・主催:日本経営ウィル税理士法人、株式会社GENOVA、SB C&S株式会社
・お申し込み:https://forms.gle/Y8xqN8BrPhj3HfiP7


株式会社GENOVA 取締役執行役員 日置 真太郎氏からのエンドースメント
医療機関における業務効率化を通じて機械でできる業務の範囲を広げ、また、医療業界の変革を通じて高齢者をはじめ、
子どもや忙しい現役世代の誰もが平等に医療を受けることができ、さらに健康を維持することができる社会を達成すべく、
当社では「待ち時間0、受付業務0、現金0」の「3つゼロ」を目指しています。
その中でもキャッシュレス決済導入は非常に重要なテーマとなり、
SB C&Sの「PayCAS」との連携を実現できたことは、レセコン自動精算機の今後の展開に大きく寄与するものと感じております。
これにより、お客さまがお一人で会計する場合も、決済端末を操作することなく決済が可能ですので、
より一層、会計業務の大幅削減を実現できるものと確信しております。


●SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SB C&S株式会社 >
  3. ワンストップで導入できる決済ソリューション「PayCAS」の医療機関向けパッケージを提供開始