バンダイナムコアミューズメント初の“海外向け”オンライン発表会・商談会を実施 きただにひろしさんが『太鼓の達人』で「OVER THE TOP」に挑戦しました!

株式会社バンダイナムコアミューズメントは2020年9月4日(金)、当社初の試みとなるオンライン発表会および商談会を開催し、新製品のゲームセンター向け『太鼓の達人(新アジア版)』の魅力をアピールしました。

オンライン発表会開催は、東南アジアを中心とした9つの国と地域のB to Bのお客さまを対象に、本社ビル1Fの「NAMCO Hi-Scene STUDIO(ナムコ ハイ-シーン スタジオ)」からYouTube(限定公開)配信で行いました。代表取締役社長の萩原仁による挨拶の後、太鼓の達人プロデューサーを務める木水克典から新筐体のお披露目、仕様のご説明をしました。  

また、後半には、きただにひろしさんをゲストとして迎え、アーケードゲームにまつわるトークの後、自身の曲である「OVER THE TOP/ONE PIECEワノ国編主題歌」を『太鼓の達人』で演奏し、日本のアニメやゲームの海外への広がりについてコメントをいただきました。

     ▲自身の曲、「OVER THE TOP/ONE PIECEワノ国編主題歌」を”むずかしい“でプレイ

■『太鼓の達人(新アジア版)製品のご紹介 ※オンライン発表会中の木水のコメントより一部抜粋
2021年に、『太鼓の達人』の最新バージョン(愛称「ニジイロVer.」)をアジアの皆さまにお届けする準備が、いよいよ整いました。アジアでも、『太鼓の達人』の魅力をさらに楽しんでいただけるようになります。私たちは、長い間アジアの『太鼓の達人』を支えていただいた太鼓ファンの皆さまに、しっかり喜んでいただきたいと考えました。そのため、まず2021年には、アジアの太鼓ファンの方に楽しんでいただける内容を優先して提供しようと考えています。その間に、より広いお客さまに楽しんでもらう為の準備を進め、2022年以降に、次の段階として、ファミリーやライトゲーマーの方に、さらに知ってもらい、楽しんでもらえるように、ゲームの内外を盛り上げていきます。

   ▲オンライン発表会の様子(英語字幕)  

   ▲プレゼンテーションの様子(繁体字幕)


■『太鼓の達人(新アジア版)』PV解禁!
・英語版https://youtu.be/2MdeQoZTGkI
・繁体字版https://youtu.be/5oqAfXZxiuY
・韓国語版https://youtu.be/KL6OM1Z7uko

■『太鼓の達人(新アジア版)』の主な新要素
① 「新基板」・「新モニタ」で、フルHD & 120fpsに進化!
120fps対応のモニタ・ゲーム基板を新しく採用することで、速く流れてくる譜面でも残像が軽減され、従来よりも見やすくなりました。また、叩いてからの反応が速くなり、プレイをより正確に判定できるようになりました。太鼓を叩いてから「ドン」「カッ」と音が鳴るまでの間隔が更に短くなり、アーケード版ならではの大きな太鼓を叩いた際の爽快感・叩き心地がアップしました。シンプルなゲーム性だからこそ、一打の気持ちよさに極限までこだわった、『太鼓の達人』史上最高のレスポンスを、日本国外でもお楽しみいただけます。

② 「光拡散素材採用の新POP」・「交換用LED」で、明るく華やかに!
お祭りのような賑やかさ、誰でもすぐに楽しめる雰囲気はそのままに、新たに和のモチーフを追加し、明るく華やかになりました。筐体上部のLEDを一新し、POPには光を拡散する新素材を採用。これにより、虹のようにキラキラとした華やかさが増しましました。また、2つの太鼓の間にも新しいLEDを配置し、ゲーム機全体が一層明るくなりました。

③ 連動Webサイト『ドンだーひろば』 アジアサービスイン!
アーケードゲーム『太鼓の達人』と連動した専用ファンサイトの『ドンだーひろば』は、これまで日本国内でしかアクセスできませんでしたが、海外からアクセス可能になります。さらにWorld Wideランキングを実装します。

④ ゲーム内UIをローカライズ!
ゲーム内表示を 【英語・繁体字・韓国語】 にローカライズし、ファミリーやライト層がトライアルしやすくなりました。また、選曲画面などの言語が、従来の縦書きから横書きになったことで、アルファベットや、長い曲名が、読みやすく・選びやすくなりました。
※一部、曲名やデザイン物など、ローカライズ対象外のものもあります。

⑤ アジア各国の人気曲も収録!
稼働開始初期には、10曲程度の順次収録を予定しています。

⑥ 5種のやり込み要素を追加!
ドンダフルコンボ王冠・スコアランクシステム・スキップ機能などの演奏オプション・総合成績パネル・AIバトル演奏など、日本で実装しているやりこみ要素を海外でも楽しめるようになります。

      ▲オンライン発表会の様子(英語字幕)

      ▲オンライン発表会の様子(繁体字幕)

      ▲英語版PVより抜粋


■ゲストご紹介
きただにひろし氏

■出身地:山口県萩市
■誕生日:1968 年 8 月 24 日
■星座:おとめ座
■血液型:O 型
■趣味:野球、筋トレ、料理、アニメ

1994年、3人組ロックユニット「Stagger(スタッガー)」としてメジャーデビュー。
その後ロックバンド「Lapis Lazuli(ラピスラズリ)」の解散を経てソロ活動を開始。
1999年TVアニメ『ワンピース』の主題歌「ウィーアー!」のヒットにより、アニソンファンに絶大な支持を得る。その後も『仮面ライダー龍騎』『魔弾戦記リュウケンドー』『遊☆戯☆王デュエル モンスターズGX』など、数々のアニメやゲーム主題歌を歌唱。2002年、アニソンスーパーユニット「JAM Project」の第2期メンバーとして加入、武道館ライブや海外でのイベントにも精力的に参加し、現在もその中心として活動している。2012年にオリジナルアルバム「Real(リアル)」を発売。2013年2月、JAM Projectとして過去最大級の会場となる横浜アリーナ、そして大阪城ホールでの単独ライブを開催、大成功させる。近年は作家としても頭角を現し、JAM Projectへの楽曲提供はもちろん、他方面のアーティストへの楽曲提供も行っている。

自身、デビュー20周年となる2014年、ベストアルバム「SCORE(スコア)」の発売とともに東阪のライブツアーも敢行。ソロとしても活動の幅をさらに広げ、現在は世界でも大人気を誇るTVアニメ『ワンピース』の主題歌「ウィーキャン!」もロックバンド「気志團」と異色タッグを組みアニソンシンガーとして更なる新境地と向かっている。

また2019年7月からTVアニメ『ワンピース』ワノ国編主題歌「OVER THE TOP」を担当。ソロとしては計3回目のTVアニメ『ワンピース』主題歌となる。ソロ、ユニット、そして作家としても今後もさらなる活躍を期待されている。

Discography
「ウィーアー!」 CODC-1806 <TV アニメ「ワンピース」主題歌>
「魔弾戦記リュウケンドー」 CTCR-40226 <TV 特撮ドラマ「魔弾戦記リュウケンドー」主題歌>
「Endless Dream」 MJCD-23036 <TV アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ GX」ED テーマ>
「ウィーゴー!」AVCA-49102 <TV アニメ「ワンピース新章『最後の海“新世界”編』OP テーマ」>
「爆アツ!ガイストクラッシャー」 AVCA-74051 <TV アニメ「ガイストクラッシャー」主題歌>
「ウィーキャン!」AVCD-83652/B〈TV アニメ「ワンピース」主題歌〉氣志團ときただにひろし
「OVER THE TOP」EYCA-12665< TV アニメ「ワンピース主題歌」>
「The Brave」LACM-14550〈テレビ東京系ドラマ 24『勇者ヨシヒコと導かれし七人』OP テーマ〉JAM Project

製品情報

ジャンル 和太鼓リズムゲーム / プレイ人数 1~2人
権利表記 ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

太鼓の達人とは… 曲のリズムに合わせて太鼓をたたくだけという、お子様から大人まで幅広い世代に親しまれている【和太鼓リズムゲーム】です。2001年に全国のアミューズメント施設に登場以来、家庭用ゲームソフト、モバイルコンテンツなど幅広く展開。 日本国内のアミューズメント施設用では、現在までに4000台以上設置されている人気コンテンツです。


※ニュースリリースの情報は発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。 
※画像はイメージです。 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バンダイナムコアミューズメント >
  3. バンダイナムコアミューズメント初の“海外向け”オンライン発表会・商談会を実施 きただにひろしさんが『太鼓の達人』で「OVER THE TOP」に挑戦しました!