ホエイプロテインコンセントレート(WPC)の市場調査:地理、タイプ、アプリケーション別―グローバルステータスと予測(2016-2026年)

Kenneth Researchは、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)の市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年9月 18日 に発刊しました。これは、ホエイプロテインコンセントレート(WPC)の市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/whey-protein-concentrate-wpc-market/10324659


ホエイプロテインは、ホエイから分離されたタンパク質の混合物を指します。それは、副産物としてのチーズの製造中に牛乳が凝固したときに残される液体材料です。このタンパク質は、食事の栄養素の改善に役立ちます。栄養補助食品として一般的に販売されているため、それに関連するさまざまな健康属性があります。ホエイプロテインは、ヘルスケア、栄養学、製薬などのいくつかの業界で広く使用されています。

スポーツ栄養は、グローバルホエイプロテインコンセントレートマーケットの主要な収益源の一つです。

2021年のホエイプロテインコンセントレート(WPC)市場の価値は101,70.22百万米ドルで、2021-2026 年の予測期間中に7.59%のCAGRを登録することにより、2026年末までに18,367.03百万米ドルを獲得すると予測されています。世界的にホエイプロテインの需要が高まっている主な要因は、老年人口の増加、千年人口の出現と健康的な生活への意識、および個人の可処分所得の増加です。これにより、通常の食事でのタンパク質サプリメントの採用が増加しています。

インドの産業政策推進局(DIPP)によって提供されたデータによると、食品加工部門は2000〜2017年の期間に約74.5億米ドル相当の対外直接投資(FDI)を受け取りました。同様に、インドネシア政府は食品と飲料への投資を2019年に44億800万米ドルに達すると予測しています。これは、今度は世界中のホエイプロテインの需要を加速すると予測されています。COVID-19の発生により、新規コロナウイルスの普及中に免疫強化サプリメントを選択する消費者が増えるにつれ、栄養補助食品および機能性食品の需要が高まっています。さらに、世界中の肉、魚介類、家禽製品の摂取量の減少により、近い将来、動物性および植物性タンパク質サプリメントの需要が高まることが予想されます。ただし、高いコストは急速に2021-2026 年の予測期間中の市場の成長への主要な制約要因として考えられています。
 
主要企業
ホエイプロテインコンセントレート(WPC)市場における業界のリーダーはArla Foods、Agropur Cooperative、Glanbia PLC、Fonterra、FrieslandCampina、Lactalis Ingredients、Valio、Foremost Farms、DMK Group、Leprino Foods、Euroserum、Devondale Murray Goulburn、Hilmar Cheese Company、Carbery Group、Milk Specialties、Westland Milk Products、SachsenMilchなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10324659

 

市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割されています。北米は、ホエイプロテイン市場において、2024年までに収益面でトップシェアを占めると予測されています。二番目に大きい市場シェアを保持するヨーロッパは、予測期間にわたって8.34%のCAGRで成長すると予想されます。これは、老年人口の増加に起因する可能性があります。中国の市場は、アジア太平洋地域で最高の収益を獲得すると予想されています。中国は人口が最も多い国の一つであり、食品産業も成長しており、ホエイプロテインから作られた製品を含むより健康的な食品の需要が高まっています。

 

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. ホエイプロテインコンセントレート(WPC)の市場調査:地理、タイプ、アプリケーション別―グローバルステータスと予測(2016-2026年)