自分のことだけを見てほしい女性は結婚歴を気にする?!

開始2ヵ月で5,000人以上が実施した【成婚コンシェルジュ診断】~右脳診断の結果によって、求める条件にも違いが~

 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、証券コード:東証マザーズ6181、URL:https://www.p-a.jp/、以下パートナーエージェント)は、結婚相手に求める条件を客観的・科学的に知ることができるEQアセスメントの簡易版として、2018年11月に「成婚コンシェルジュ診断」を公開しました。開始2ヵ月で5,000人以上の方に実施いただき、診断結果を元に考察しました。

■成婚コンシェルジュ診断とは

 成婚コンシェルジュ診断は、結婚相談所パートナーエージェントで使用しているマッチングロジックの一部を3分で体験いただける診断です。診断は右脳編と左脳編に分かれており、右脳編では、潜在的に相手に求めているものを顕在化させ、左脳編では年収や学歴、喫煙の習慣など、相手に求める条件ですでに顕在化しているものの中から、当人の優先順位を明確にします。11月1日にスタートし、5,000人以上に診断いただきました。診断結果を元に、右脳診断と左脳診断の相関に関し考察いたしました。
 なお本診断のロジックは、日本コミュニケーション学会第48回年次大会≪「婚活支援」における男女関係の発展に関する研究-男女関係における社会交換理論の適用について≫において、報告されたものと同様の仕組みを採用しております。


■男性(右脳診断×左脳診断)結果
 右脳診断は潜在的に求めているタイプを10種(横軸)の中から顕在化させ、左脳診断では相手に求める条件で、すでに顕在化している8項目(縦軸)に順位づけをします。
 例えば、わが道を行く女流作家タイプを求めている男性は、喫煙の習慣を一番重要視し、年収はあまり気にしていないということになります。



【保健室の先生タイプ】
悩んだり迷ったりした時には、労わり親身で的確なアドバイスをくれる彼女は癒しのオアシスのような存在。普段は気づかなかった彼女の有り難みを凹んだ時にひときわ強く感じ、思わず胸の内を明かしてしまいそうです。


 



【結婚相談所のコンシェルジュタイプ】
いつも冷静沈着で周りを良く観察している彼女に、つい迷いや悩みを打ち明けたくなってしまうでしょう。あなたが相談すると、間違った方向に行かないようにさり気なくアドバイスしてくれる、聞き上手でひかえ目な態度にもグッとくるかもしれません。

 



【愛情たっぷり保育士タイプ】
いつも困っていることがないか気を配り、全力でサポートしてくれる彼女。そのパワフルな愛情溢れるお世話ぶりと、時には諭してくれる姿はまるで母親のよう。献身的に尽くしてもらい、あなたは、ついつい甘えたくなってしまいそう。


 「保健室の先生」、「結婚相談所のコンシェルジュ」、「愛情たっぷり保育士」と、自分のことを優しく見守ってくれるタイプを選んでいる方は、結婚する際の条件として年齢を重視する傾向があります。結婚相手には優しく見守ってもらいたいという思いをもっている可能性があります。その思いに強く影響しているのが年齢で、過去に優しくしてもらった人のイメージを引きずっていることが考えられます。
 



【献身的な看護士タイプ】
あなたが困っていると、すぐに駆けつけ、温かい手を差し伸べてくれる優しい彼女はまるであなた専属の白衣の天使。自分のことは後回しで、一心不乱に面倒をみてくれる彼女に、あなたは安心して弱みもさらけ出せそうです。


 



【有能な女性秘書タイプ】
クールで状況判断が的確な彼女は、どんな時にもあわてず、ぶれない安定感があります。その物怖じしない切れモノぶりは、皆が一目置く存在でもあるでしょう。そんな彼女についつい頼り、従っていきたいと思ってしまうかも。


 「有能な女性秘書」、「献身的な看護師」と、自分に介入してくるタイプを選んでいる方は、結婚する際の条件として身長や外見を重視する傾向があります。結婚相手には自分の面倒を見てもらいたいというイメージを強く持っている可能性があります。その基準が身長や外見で、ステレオタイプ的なイメージや外見から受けるイメージで判断してしまいやすいことが考えられます。



■女性(右脳診断×左脳診断)結果
 こちらも先ほどの女性と同様です。
 例えば、孤高の作家タイプを求めている女性は、身長を一番重要視し、年齢はあまり気にしていないということになります。



【孤高の作家タイプ】
自分を見つめ、自分の世界をひたすら極める職人気質でちょっと不器用な彼。そんな自分の世界に没頭し、我を忘れてしまいがちな彼を助けてあげたい、支えになりたいと思ってしまうかも。彼もそんな支えを必要とし、あなたの気持ちに応えてくれるでしょう。

 



【カリスマ企業家タイプ】
いつも自信に溢れ、判断し決断できる頼りがいのある彼。自分のアイデアで起業し、周りを魅了するカリスマ性に、あなたも「ついていきたい!」とトキメくかもしれません。あなたが迷った時も、グイグイ引っ張ってくれるその頼もしさに甘えてみたくなるでしょう。


 「孤高の作家」、「カリスマ経営者」と、自分の考えを持ち、自信を持って生きているタイプを選んでいる方は、結婚する際の条件として学歴、身長、年収を重視する傾向があります。社会的ステータスが高い人は自信を持ち、自分の考えもしっかり持っていることが多いため、条件として学歴や年収という社会的ステータスを重視しているのでないかと考えられます。また男性の身長が高いことを重要視するのも、上から見られることで、男性が自信を持っているというイメージを抱きやすくなることが影響しているのではないかと考えられます。
 



【敏腕マネージャータイプ】
あなたが聞けば何でも答え、相談すると的確に導いてくれる頼れる彼。決して押し付けがましくなく、自信に溢れたスマートなサポートをしてくれる彼のリードに、つい付いて行きたくなりそう。特に落ち込んだ時には、彼の有り難みをしみじみ感じるでしょう。

 



【子どもに大人気の警察官タイプ】
困った人を見過ごせない、何に対しても愛情溢れる彼。いつも困っていることはないか気に掛けてくれる心配りは、疲れていても全力で子供を笑顔にすることが生き甲斐のお父さんのよう。その献身的に尽くしてくれる姿に、あなたは安心して甘えてしまいそう。


 「敏腕マネージャー」、「子どもに大人気の警察官」と自分のことをよく見てくれているタイプを選んでいる方は、結婚する際の条件として結婚歴を重視する傾向があります。しっかり自分(だけ?)を見ていてほしいという気持ちが強く、結婚していたという過去は受け入れられないのかもしれません。


 潜在的に自分が求めているタイプを知ることができる右脳診断と、条件に優先順位を明確にする左脳診断は、自分が持っているイメージや先入観等に影響され相関関係が見られました。「わたしのタイプはこんな条件を持ち合わせていそう」「わたしが考える条件から想定されるのはこんな人」のように、知らない間に脳内で判別をしているのかもしれません。しかし、イメージはあくまでイメージでしかないため、イメージが邪魔をしてなかなか結婚に踏み切れない可能性はあるのかもしれません。
 今後生涯を共にするパートナー選びをスタートさせるにあたり、ぜひ成婚コンシェルジュ診断を活用いただけると幸いです。



<成婚コンシェルジュ診断はこちら>https://ccs.p-a.jp/lp/

 

 

 

 

 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パートナーエージェント >
  3. 自分のことだけを見てほしい女性は結婚歴を気にする?!