来年(2020年度)より英語教育が変わります!

小学校の英語必修化、大学入試での4技能試験導入

第10回 学校教育ITソリューション EXPO  会期: 2019年6月19日[水]~21日[金]  会場: 青海展示棟(東京テレポート駅 徒歩2分 / 青海駅 徒歩4分) 主催: リード エグジビション ジャパン(株) 

 

来年(2020年度)より英語教育に大きな変化が起こります。「学習指導要領」が約10年ぶりに全面改訂されたため、小学校ではいよいよ来年(2020年度)から英語教育が必修化となります。また、大学入試がセンター試験から「大学入学共通テスト」へ変わることにより英語では4技能(読む・聞く・話す・書く)が求められることになります。
本展は、小中高から大学まで、これらの変化に対応する最新教材や授業支援ツール、さらにグローバル人材育成のためのプログラムなどが多数出展。全国の大学、学校、教育委員会、塾が37,000名来場します。 その場で模擬授業、デモ体験も可能です!ぜひ本展にお越しください!
 

■ AR/MRでゲーム感覚で英語を学べる!
フォニックスは、アルファベットの綴り字と発音との間にもつルールを学ぶことで、正しく発音できるための教育法ですが、AR/MRを活用した双方向英語学習プログラムは子供たちを飽きさせない工夫がされている。ただ一方的に教科書を読むのではなく、生徒参加型のカリキュラム構成。フォニックスの発音学習法を体を使いアクティブにゲーム感覚で英語を楽しく学べるので低学年から英語の指導が可能!
【出展社名:(株) Visang教育】
 
 

■ AIが発音のニガテを分析!?
「TerraTalk(テラトーク)」は、AIを活用して実践的な英会話の練習ができるアプリ。ネイティブらしさを「発音」「表現」「流暢さ」で採点し、60以上のコースから選択可能。発音練習ドリルでは単語のどこがうまく言えていないかピンポイントでフィードバックしてくれるので、発音改善にも効果的。AIによる弱点分析や忘却曲線に沿った問題生成により弱点を効率的かつ重点的に鍛えることもできる。
【出展社名:ジョイズ (株)】

 

■ 口の形や舌の位置まで解説して発音を矯正
英語のスピーキング学習に必要な「発話~フィードバック・矯正支援」までワンストップで支える発話評価機能を提供。英語発音を発音記号ごとに口の形や舌の位置を口蓋図を用いて解説。
また、 発話を「発音の正確性」「発話の流暢さ」の2つの指標で10段階評価。 その他、AIを用いた音声認識技術での学習サポートも。
【出展社名:Brothers & Co. (株)】

 

■ 観光英語に特化した英語学習!​
2020年のオリンピックを控えますます海外から日本への注目が高まり、訪日観光客は年々増加傾向にある。
観光英語に特化したWeb学習システムで筆記、リスニングとも旅行、観光等に絞られ、空港、交通、ホテル、観光、ショッピング等の実際場面を想定したものに加えて観光に必須の文化(国内外・異文化)、地理、歴史の知識も学べる。
【出展社名:(株) シー・エス・テクノロジー】

 

■ AIによる発音の自動採点!
単語・会話・音読の3つのセクションから発音練習が可能な学校向けアプリ。
AIによる自動採点機能は、発音の良さによって、単語ごとに色分けされるのでどの単語が正しく発音できてないのか一目瞭然!また、数値化し採点もしてくれるので、点数の低い単語が『苦手な単語』に集約され効率良く、個々の苦手な発音にアプローチが可能!アプリの内容は生徒のレベルに合わせて問題作成ができる。
【出展社名:(株) サインウェーブ 】  

 

■ 日本人が発音苦手な訳は英語にある12の母音
どうしても日本語の「ア・イ・ウ・エ・オ」の5母音に分けてしまいがちですが、口の中から具体的に発音の直し方を指導し、12個の母音がマスターできるよう多角的アプローチ!また、単語と単語のつなぎめの発音までもチェック!
英語の音を認識できていなければ、発音することもできない為、発音力を鍛えるとリスニング力も向上するそう★
【出展社名:(株) プロンテスト】

 

■ 英語で「STEM」を学習!?
海外名門大学 MIT の学生が企画・制作をした幼稚園~高校向けの[STEM教育]に関連したコンテンツがだれでも無料で視聴可能!生物、数学、電気、化学、物理学、地学など、様々な分野のコンテンツはどれも5分前後で、全て日英の字幕付き。低年齢の児童でも飽きずに見ることができ、「STEM教育」の知識を広げるとともに英語学習にも役立てられる。個人学習や学校現場での授業導入や反転学習教材などでの使用にも非常に適している。
【出展社名:Asuka Academy】
   
 

■ カラダを使った体感型学習
これまでのタブレット学習のように一人一台の端末で学習するのではなく、その場にいる全員が参加できる形で体感しながら楽しむことのできる学習。そうすることで時には応援し合ったり、助け合ったり、対戦したりと、学習に対する挫折感を少しでもなくすことだけではなく、一体感が生まれるそう。ジェスチャーを用いて、アルファベットの順番等を学べるので幼児からの英語学習導入にも適している。
【出展社名:(株) タカヤコミュニケーションズ】

  • 第10回 教育ITソリューションEXPO 開催概要 <第10回 学校・教育 総合展 内>
◆ 会期:  2019年6月19日[水]~21日[金] 10:00~18:00 (最終日のみ17:00終了)
◆ 会場: 青海展示棟 (東京テレポート駅 徒歩2分 / 青海駅 徒歩4分)
◆ 主催: リード エグジビション ジャパン株式会社
◆ 後援: 全国ICT教育首長協議会/日本教育情報化振興会/ICT CONNECT21/
大学ICT推進協議会/私立大学情報教育協会/日本イーラーニングコンソシアム
◆ 同時開催展: 第2回 学校施設・サービスEXPO
※本展は商談を目的とした展示会です。
 招待券をお持ちでも、一般の方、18歳未満の方のご入場は固くお断りいたします。
※同種展示会との出展者数および、製品展示面積の比較。
※出展契約企業に加え、共同出展するグループ企業・パートナー企業数も含む。出展社数、来場者数は予定。
  • 【お問合せ先】
主催者:リード エグジビション ジャパン株式会社
教育ITソリューションEXPO 事務局
TEL:03-3349-8510
公式HP:https://www.edict.jp/
取材登録:https://www.edix-expo.jp/press_f_tokyo/  
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リード エグジビション ジャパン株式会社 >
  3. 来年(2020年度)より英語教育が変わります!