かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」、かかりつけクリニック支援サービス「kakari for Clinic」との医薬連携機能 第三弾、”施設間チャット機能”の提供を開始

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長CEO:石見 陽、以下当社)が運営する、かかりつけ薬局化支援サービス「kakari(https://kakari.medpeer.jp/)」は、姉妹サービスである、かかりつけクリニック支援サービス「kakari for Clinic(https://kakari-for-clinic.jp/)※1」との連携機能として、「施設間チャット機能」の提供を開始いたしました。


当社は “Supporting Doctors, Helping Patients.”をミッションに、医師12.5万人(国内医師の約4割)※2 が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を中心に事業を展開しております。

2019年6月に、「患者さんに『選ばれる』を支援する」をコンセプトに、対人業務支援機能やオンライン服薬指導支援機能などを備える、かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」をリリースいたしました。2021年6月にアプリダウンロード数が30万件を突破するなど、多くの患者さんに選ばれるサービスとして利用が拡大していることに加え、導入薬局からも、「kakariによって、これまで行っていた服薬フォローをより丁寧に、かつ効率よく実施できるようになった。」「kakariで患者さんとの接点を増やすことができた。」といった評価をいただいております。

また、2020年9月には、地域のクリニックが「かかりつけ医」としての役割を果たすサポートをすることを目的に、クリニックPR機能や、診療予約機能、チャット機能、オンライン診療機能を備える、かかりつけクリニック支援サービス「kakari for Clinic」の提供を開始いたしました。

さらに、クリニック・病院における診療から、薬局における投薬・服薬指導・服薬フォローまでを一気通貫でサポートすることを目的に、両サービスを連携させる「医薬連携機能」の開発を進め※3、クリニック・病院と薬局の間で処方せん画像をセキュアな環境で簡単に共有することができる「処方せん画像共有機能」※4 の提供や、患者さんが両アプリをシームレスに利用することができる「アプリ連携」※5 をすでに開始しております。

今回提供を開始する「施設間チャット機能」は、クリニック・病院と薬局との間で日常的に行われている、疑義照会・事務連絡・経過管理等に必要なメッセージやファイルの送受信をチャット上で簡単に行うことができる機能です。

現在、クリニック・病院と薬局とのやり取りのほとんどは電話で行われておりますが、「診療時間中に電話の対応が出来ない」、「やりとりが記録に残らない」、「聞き間違えが発生する」などの課題がありました。
「施設間チャット機能」では、クリニック・病院や薬局の医療従事者が、自身の都合のよいタイミングでチャットの送信・確認ができることに加え、チャット上の履歴を事後的に確認することができるため、聞き間違えを防ぐことが可能となります。
なお、チャットの内容は暗号化され、セキュアな環境で安心してご利用いただけます。

当社では、クリニック・病院・薬局などの医療機関と患者さんとのつながりに加え、医療機関間の連携も「かかりつけ化」支援の柱と捉え、「医薬連携機能」の提供を通してクリニック・病院と薬局のかかりつけ化をサポートしていくとともに、診療から服薬指導・服薬後フォローまでを一気通貫でサポートする「プライマリケアプラットフォーム(図)」として進化してまいります。

※1:当社と日医工株式会社(本社:富山県富山市、代表取締役社長:田村 友一、以下日医工)との共同事業として展開
※2:2021年8月31日付で「みんコレ!」事業を譲受け、14万人となる予定 https://medpeer.co.jp/press/9444.html
※3:2021年1月29日発表 https://medpeer.co.jp/press/8944.html
※4:2021年5月11日発表 https://medpeer.co.jp/press/9266.html
※5:2021年6月3日発表  https://medpeer.co.jp/press/9312.html


(図)クリニックから薬局まで一気通貫する「プライマリケアプラットフォーム」

 
  • 参考:かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」について
「kakari」は、「いつもの薬局を、あなたの“かかりつけ薬局“に」をテーマに、患者さんの「かかりつけ化」を支援するサービスです。薬局と患者さんをつなぐ患者さん向けスマートフォンアプリ「kakari」と薬局向けの「kakari薬局システム」から成り、患者さんにとっては薬局をもっと便利で安心してご利用いただけるように、薬局にとっては患者さんのリピート(かかりつけ化)につながるよう、以下の機能を提供しています。
●「服薬フォロー支援」と「お薬相談/CRM」機能で、薬局は来局後も患者さんを継続サポート
●「処方せん送信/店頭チェックイン」機能で、患者さんの待ち時間を短縮
●「電子お薬手帳」機能で、服薬情報を一元管理
●「オンライン服薬指導」機能で、オンライン服薬指導から決済まで完結

【メドピア株式会社の概要】
会社名: メドピア株式会社
所在地: 東京都中央区築地1-13-1 銀座松竹スクエア9階
設立: 2004年12月
代表者: 代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容: 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL: https://medpeer.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. メドピア株式会社 >
  3. かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」、かかりつけクリニック支援サービス「kakari for Clinic」との医薬連携機能 第三弾、”施設間チャット機能”の提供を開始