ビッグデータ分析や機械学習のシステム構築において世界中で利用されている、Google Cloud Platform(GCP) のサービスパートナー認定を取得しました

株式会社グローバルウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小山義一、証券コード:3936、以下「当社」)は、Googleが提供するGoogle Cloud Platform(以下、「GCP」)の日本市場への展開に関するサービスパートナー認定を取得しました。

様々な企業においてデジタルトランスフォーメーションを推進する流れが加速するなか、データ分析やAIの活用により、新しい付加価値の形成に取り組む企業が急増しております。デジタルシフトが加速する中、より一層その需要は増加しており、データ分析や機械学習領域に強みを持つGCPに対する期待も高まっている一方で、 Amazon Web Services(AWS) と比べ、サービスパートナーや技術者がまだ少ないといった課題もあります。

今回のGCPサービスパートナー認定取得により、GCPの活用をご検討中のお客様に対する導入支援や開発受託等のサービスのご提供が可能となりました。これにより、高まる市場の期待に応えていきたいと考えております。

また、当社は、2011年よりGoogle Workspace(旧G Suite)のサービスパートナーとしてGmailなどのライセンス販売や導入支援、保守運用を提供してまいりました。

GCPサービスパートナー認定取得による新たなサービス提供も合わせて、様々なアプリケーションおよびクラウドプラットフォームを一貫してご提供することが可能となります。

さらに、データマルチクラウド環境のご提供や、様々なアーキテクチャの中からお客様により最適なソリューションを選択してのご提供が可能となります。

 
Google Cloud Platform(GCP)
https://cloud.google.com/gcp/

Google Cloud Platform(GCP)とは・・・
GCPはGoogleが提供するクラウドサービスです。
Google社内で利用されているものと同一の技術を用いて、お客様の環境をクラウド化することができます。
最先端の技術を利用し、アプリケーションを素早く開発できるのが特徴です。

今後の取り組みについて

当社では、すでに多くの企業様にビッグデータプラットフォーム、IoTプラットフォーム、APIプラットフォームなどをご利用頂いております。このようなプラットフォームには様々なデータが蓄積されおり、今後はそれらのデータ活用が望まれております。

そうした状況の中、データドリブン(データに基づいた意思決定)の考え方を企業内に浸透させるために、BigQuery や Google Cloud Machine Learning を組み合わせ、デジタルトランスフォーメーションの推進をご支援してまいります。

サービスの詳しいご案内、導入事例などお気軽にご相談ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルウェイ >
  3. ビッグデータ分析や機械学習のシステム構築において世界中で利用されている、Google Cloud Platform(GCP) のサービスパートナー認定を取得しました