祝!甲子園開幕戦勝利!テレビ大阪で4月9日(火)放送の『阪神×DeNA』と『開運!なんでも鑑定団』 マルチ放送で世帯視聴率10.7%! 在阪テレビ局2位の高視聴率!

4月9日(火)の甲子園開幕戦での劇的勝利でテレビ大阪放送の『ナマ虎スタジアム』も好発進! 

第2部(2054-2154)の瞬間最高視聴率は12.5%!

 

 4月9日(火)に阪神甲子園球場で行われた開幕戦は、阪神タイガースが最大5点差を跳ね返す逆転勝利となり、全国の阪神ファンにはたまらい試合だったが、それに呼応するように同日夜6時55分から放送されたテレビ大阪の『ナマ虎スタジアム』の視聴率も高視聴率を獲得した。第1部(1855-2054)は7.7%だったが、第2部(2054-2154)が10.7%(※マルチチャンネル放送、「開運なんでも鑑定団」との合算/視聴率はビデオリサーチ関西地区調べ)で在阪2位の高視聴率を獲得した。

瞬間最高視聴率は21時15分の12.5%で8回裏、2死満塁で阪神の攻撃、福留選手の外野フライをDeNAソト選手が落球、逆転した場面だった。

又、関西地区の同時間帯(21時~22時)の視聴率でも10.1%と在阪2位の高視聴率を獲得した。

 この試合を実況したテレビ大阪の福谷清志アナウンサーは、「野球を知っている人なら誰もが、今日は負け試合だな…と思った展開でした。私も実況席で負けを覚悟していました。が、あんなことがあるなんて!1年に1度あるかないかのゲーム。甲子園特有の浜風ではなく、その時々で風向きが変わる状況に解説の江夏さん掛布さんの2人のレジェンド共、この風が何かを起こすかもと予測されていましたが、まさにその通りとなりました。

 そして、何よりも梅野選手。骨折しながらプレーし続ける気迫がサイクル安打を呼び込んだと思います。野球の神様は本当にいるんだと感動しました。今まで実況してきた試合の中でも最も忘れられない放送となりました。」と話し、


 この日、アナウンサーとして、プロ野球中継初デビューとなったテレビ大阪の前田拓哉アナウンサーは「甲子園開幕戦、それも最大5点差をひっくり返す劇的な展開。さらに、梅野選手は史上69人目のサイクルヒットという偉業達成。初めてのヒーローインタビューは、間違いなく人生で最も早く、強く心臓が高鳴っていました。上手くは出来ませんでしたが、質問や梅野選手のパフォーマンス、一言一言に、大歓声が巻き起こる、この甲子園の雰囲気は、一生忘れません。大きな一歩になりました。」と話した。                                   

『ナマ虎スタジアム』の番組プロデューサーの松田 真佳氏は、「やはり昨日の試合は、サイクルヒットを打った梅野選手様様です。あと申し訳ないですがソト選手に助けられました。来週も火曜日放送なのでガルシア投手の復調を祈るばかりです。」と話した。

 

 

 

★次回のテレビ大阪『ナマ虎スタジアム』

★4月16日(火)『ヤクルト×阪神』/松山坊ちゃんスタジアム
  第1部:1855-2054 
  第2部:2054-2154
★解説    江夏 豊氏
★ゲスト解説 野茂英雄氏
★実況    福谷 清志
(テレビ大阪アナウンサー)                                   
★リポート  前田 拓哉
(テレビ大阪アナウンサー)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. テレビ大阪株式会社 >
  3. 祝!甲子園開幕戦勝利!テレビ大阪で4月9日(火)放送の『阪神×DeNA』と『開運!なんでも鑑定団』 マルチ放送で世帯視聴率10.7%! 在阪テレビ局2位の高視聴率!