AIを活用する独自のログ分析プラットフォームを構築、自社SOCへ導入

~アナリストの分析高度化と脅威検知スピードの向上でセキュリティ監視サービスを強化~

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下SBT)は、セキュリティ脅威検知のAIモデルを開発し、独自のログ分析プラットフォームを構築したことをお知らせします。
ログ分析プラットフォームは、5月から自社SOC(Security Operation Center:セキュリティ監視センター)へ導入し、顧客のセキュリティシステムを24時間365日運用・監視するサービス「マネージド・セキュリティ・サービス(Managed Security Service、以下MSS)」にて利用を開始します。
AIはセキュリティアナリストの経験と知識をモデル化したもので、判定結果の再学習により、日々進化する脅威情報を習得して精度を上げ、危険度の高いログやアラートの抽出を効率化していきます。これによりセキュリティアナリストは高度な分析に専念し、スピーディーな脅威検出ときめ細かなアドバイスを実現します。

 また、ログ分析プラットフォームは Microsoft Azure 上で構築されており、データ容量や分析処理の増加にも柔軟にスケールでき、監視対象追加などの顧客要望に迅速な対応が可能となります。

■AI導入後の脅威検知イメージ


SBTは今後も「セキュリティ」「データアナリティクス」「クラウド」各領域の強みを生かし、高品質のサービス提供を目指してまいります。

 ■マネージド・セキュリティ・サービスの詳細はこちらをご覧ください。
https://www.softbanktech.jp/service/list/managed-security-service/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. AIを活用する独自のログ分析プラットフォームを構築、自社SOCへ導入