創刊88周年企画、「文藝」電子版の配信開始! 同時に関連電子書籍約500タイトルのポイント還元フェアを開催。

最新号となる冬季号は、第58回文藝賞受賞作発表、柳美里の全米図書賞受賞第一作、綿矢りさデビュー20周年記念作、藤原無雨の文藝賞受賞第一作他、豪華ラインナップ!

株式会社河出書房新社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野寺優)は、10月7日発売の「文藝」冬季号より電子版の配信を開始します。紙と電子による定期刊行は純文学系文芸誌では初の試みです。今年で創刊88周年を迎える季刊「文藝」に、新たな1ページを刻むこととなります。

 

  • 電子版配信開始にあたって

2年半前の「文藝」リニューアル以降、多くの読者の皆様から電子化の希望が寄せられ、実現のための調整を重ねてきましたが、ようやくこのたび第一歩を踏み出すことができました。最高におもしろいと思える原稿を、どう見せるか、どう届けていくか、ということを、この88年間、代々の編集部が試行錯誤してきましたが、今後はさらに、電子版も含めた形で考えていきたいと思います。まだ挑戦は始まったばかりです。紙でも、電子でも、読者の皆様が手に取りやすい形で楽しんでください。「文藝」はまだまだ先へ向かいます。(「文藝」編集長 坂上陽子)

 

  • 「文藝」電子版配信記念、関連電子書籍約500タイトルによるキャンペーン開催!
「文藝」電子版配信開始を記念して、10月7日(木)から10月20日(水)までの2週間、下記の電子書籍ストアにて河出書房新社が刊行する小説・文芸作品約500タイトルがポイント還元対象となるキャンペーンを開催します。ベストセラーになっている注目作品の宇佐見りん『推し、燃ゆ』や遠野遥『破局』、若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』、綿矢りさ『蹴りたい背中』などの芥川賞受賞作も対象タイトルです。

〈キャンペーン概要〉
キャンペーンタイトル:「文藝」電子版配信開始記念!河出の小説・文芸フェア
対象書籍:河出書房新社が刊行する小説・文芸作品約500タイトル
実施期間:2021年10月7日(木)〜10月20日(水)
キャンペーン内容:20〜30%の各ストアポイント還元
対象ストア:Amazon Kindleストア、紀伊國屋書店Kinoppy、Sony Reader Store、BOOK☆WALKER、ブックパス、honto、楽天Kobo(五十音順)
*ストアによってポイント還元率が異なります。また、楽天Koboのみ実施期間が2021年10月13日(水)10:00〜10月20日(水)23:59となります。
 
  • 第58回文藝賞発表。受賞作『眼球達磨式』掲載!
今年も「文藝賞」から新たな才能が誕生しました。近年では宇佐見りん、遠野遥、藤原無雨がデビューした新人賞「文藝賞」。今回発表となる第58回文藝賞への応募総数は、過去最多となった昨年実績を大きく上回る2459作となりました。その中から選ばれた受賞作、澤大知(さわ・だいち)「眼球達磨式(がんきゅうだるましき)」を「文藝」冬季号に全文掲載。磯崎憲一郎・島本理生・穂村弘・村田沙耶香の各選考委員の選評および、受賞者と村田氏の対談も掲載します。
 
  • 「文藝」2021冬季号について
柳美里の全米図書賞受賞第一作「JR常磐線夜ノ森駅」(前篇)、綿矢りさデビュー20周年記念作「嫌いなら呼ぶなよ」、昨年文藝賞を受賞したデビュー作が三島由紀夫賞候補となった藤原無雨の二作目「その午後、巨匠たちは、」、同じく文藝賞デビューの山下紘加最新作「二重奏」を掲載。また、短編ではモデル・女優の長井短による初小説「ダウジング中指」、さらにお笑い芸人・Aマッソの加納愛子による「ファシマーラの女」を掲載します。「特集 聞き書き、だからこそ」では、2015年ノーベル文学賞を受賞したベラルーシの作家スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチへのインタビュー、高橋源一郎×斎藤真理子、いとうせいこう×岸政彦による対談を収録。その他にも「特別企画 コロナと五輪」、各連載作品・企画など、豪華執筆陣による強力なラインナップです。
 
【書誌情報】
〈紙〉
「文藝」冬季号
A5 ● 536ページ
雑誌コード:07821-11
発売日:2021年 10月7日(木)
定価1,485円(本体1,350円)
https://www.kawade.co.jp/np/bungei.html

〈電子書籍〉
配信開始日:2021年10月7日(木)
希望小売価格・税込1,000円(本体909円)*初電子化記念、特別価格
*電子書籍ストアによって、電子書籍の販売価格が異なる場合があります。
*この電子書籍は、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能は使用できません。

〈目次〉
【2年連続で史上最多の応募数更新、2459作 第58回文藝賞発表】
受賞作 澤大知 「眼球達磨式」(115枚)
・選評 磯崎憲一郎「視点の発明、自走する小説」/島本理生「「書ける」ことの先へ」/穂村弘「あり得ない現実の引力」/村田沙耶香「眼差しと言葉に宿るもの」
・受賞の言葉 澤大知
・受賞記念対談 村田沙耶香×澤大知「〝物の眼差し〟から世界を知覚する」
・第59回文藝賞応募規定

【創作】
〈全米図書賞受賞第一作〉
柳美里「JR常磐線夜ノ森駅」(前篇)
海にはええものも悪いものも流れ込む、と母はよく言っていた。――居場所のないすべての人たちへ。『JR上野駅公園口』と対になる物語、開幕。
〈デビュー20周年記念作〉
綿矢りさ「嫌いなら呼ぶなよ」
新居祝いを兼ねた三家族合同のホームパーティー。妻の親友に招かれた客のはずだった霜月だが、やがて彼を被告人とする「ミニ裁判」が始まり……心の〝明るすぎる闇〟に迫る!
〈文藝賞受賞第一作〉
藤原無雨「その午後、巨匠たちは、」
みなさんは神様になりました――北斎、レンブラント、ダリ、フリードリヒ、ターナー、モネら現代に蘇らせた巨匠をめぐり、註釈に註釈を重ね軽やかに変化する物語。現代文学の先を行く傑作!
山下紘加「二重奏」
老舗料理店の物販事業部に勤める幼馴染の加賀美と永沢。感染症拡大の影響で経営が逼迫の一途を辿るなか、年末のおせち商戦に懸け、商品開発に励む二人だが――。
〈短篇〉
加納愛子「ファシマーラの女」
長井短「ダウジング中指」
中原昌也「焼死体たちの革命の夜」(前篇)

【特別企画 コロナと五輪】
〈寄稿〉
吉見俊哉「二〇二一年夏、何が破綻したのか」
〈日記〉
高山羽根子「東京の日記 2021、6月-9月の路上で。」

【連続企画第5回 韓国・SF・フェミニズム】
〈チョン・セラン「アーミー・オブ・クィア」(斎藤真理子訳)について〉
チョン・セラン/QQ/斎藤真理子
石原理「DSDを知るために」

【特集 聞き書き、だからこそ】
〈対談〉
高橋源一郎×斎藤真理子「聞書には、闘いのすべてがある 森崎和江・石牟礼道子・藤本和子」
いとうせいこう×岸政彦「聞き手の責任をまっとうする」
〈インタビュー〉
抵抗するために「聞く」、アレクシエーヴィチのいま
聞き手:沼野恭子
〈新連載〉
いとうせいこう「東北モノローグ」第1回 宮城 a publisher
〈論考〉
岸政彦「聞くという経験」
梯久美子「声は消える」
〈聞書〉
小山田浩子「トミヱさん」
滝口悠生「八朔十八年(二〇〇四年と二〇二一年)」
大前粟生「モノのこと」
〈エッセイ〉
五所純子「むかしのかたち」
石井ゆかり「私の「闇鍋」インタビュー」
小田香「アンビバレンス」
〈特別企画〉
戦争・災害・差別・公害・コロナ――
「声を書きとる。」聞き書きブックガイド20
齋藤直子/瀬尾夏美/寺尾紗穂/朴沙羅

【連載】
落合恵子 「「わたしたち」」【第2回】
藤野可織 「先輩狩り」【第3回】
磯部涼 「移民とラップ 」【第6回】BLMを歌う(その3)
絲山秋子 「まっとうな人生」【第9回】
町田康 「ギケイキ」【第35回】
この装幀がすごい!【第6回】ゲスト 菊竹寛/川名潤/佐藤亜沙美
山本貴光「文芸的事象クロニクル 2021年6月~8月」

【季評】
山本貴光「文態百版 事実とフィクションの織物  2021年7月~9月」

【書評】
木村紅美『あなたに安全な人』【評】尾崎世界観
ジェニー・ザン  小澤身和子 訳『サワー・ハート』【評】王谷晶
呉明益  及川茜 訳『雨の島』【評】藤井太洋             
オーシャン・ヴオン  木原善彦 訳『地上で僕らはつかの間きらめく』【評】岨手由貴子ミッキ・ケンダル  川村まゆみ 訳『二重に差別される女たち』【評】海老原弘子
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 創刊88周年企画、「文藝」電子版の配信開始! 同時に関連電子書籍約500タイトルのポイント還元フェアを開催。