10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」

『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)』

~若年層で、「化粧品やファッション系サブスクEC」利用率が増加~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年3月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全119ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

 

 

【調査結果の概要】 
                                                      
■10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」
現在、最も利用されているCtoC(個人間商取引)サービスを年代別に調べたところ、10代、20代、30代は「メルカリ」(10代:48.3%、20代:62.8%、30代:51.9%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」でした(40代:52.6%、50代:48.1%、60代:68.8%)。  
また、物品の販売に利用したことがあるCtoCサービスに限ってみた場合でも、10代、20代、30代は「メルカリ」を挙げた人が最も多く(10代:73.6%、20代:69.6%、30代:66.7%)、40代、50代、60代は「ヤフオク!」でした(40代:66.1%、50代:77.8%、60代:63.8%)。
    ※複数回答あり。 
                                  
■若年層で、「化粧品やファッション系サブスクEC」利用率が増加
ECの利用経験がある人のうち、月々、一定額を支払うことで、特定の商品や店舗側でセレクトした商品が届く「サブスクリプション(定期購入)型EC」(サブスクEC)を「利用したことがある」人は38.8%で、2018年3月度調査(31.3%)から、利用率は増加しました。「化粧品やファッションアイテムのサブスクEC」の利用率に限って見てみると、10代は16.3%(2018年3月度調査)から21.2%(本調査)、20代は18.6%(2018年3月度調査)から20.9%(本調査)と、若年層では増加していました。

■ハイブランド商品の購入は、約2割が「スマホアプリ」で
「CHANEL」「ROLEX」といったファッション関連のハイブランド商品を購入した経験がある人※1に、その購入方法を聞いたところ、「リアル店舗」が最も多く(55.2%)、次いで「パソコンのインターネット」(29.0%)、「スマートフォンのアプリ」(21.8%)、「スマートフォンのインターネット」(21.5%)、「カタログ通販」(12.8%)でした。
    ※1 新品、中古品を問わず、ハイブランド商品を購入した経験がある人が対象。
    ※ 複数回答あり。

■「UNIQLOアプリ」を最も利用しているのは、50代
スマホアプリからECを利用する人のうち、「UNIQLOアプリ」を利用している人は26.2%でした。年代別の利用率は、10代(27.8%)、20代(24.6%)、30代(22.4%)、40代(26.2%)、50代(35.6%)、60代(21.2%)でした。全世代において2割以上、特に50代は3割強が利用していることがわかりました。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 10~30代が利用するCtoCサービスは「メルカリ」、40~60代は「ヤフオク!」