2020年音楽配信売上は783億円で7年連続プラス成長、3年連続2桁増を達成

ストリーミング売上は前年比127%の589億円、シェアが音楽配信売上全体の75%へ拡大

日本レコード協会加盟全社の集計による2020年第4四半期(10月~12月)の音楽配信売上実績がまとまりましたのでお知らせいたします。
2020年第4四半期売上は前年同期比112%の207億円となりました。この結果、2020年の年間売上は対前年比111%の783億円となりました。
▶音楽配信売上 四半期数値 https://www.riaj.or.jp/f/data/online.html
 
  • 【2020年年間】音楽配信売上金額(前年比)内訳
前年に続きストリーミングが市場をけん引。「サブスクリプション/音楽」は前年比125%の507億円に伸長し、音楽配信売上全体の約65%を占める主要カテゴリとなりました。なお、ストリーミング市場(589億円)はダウンロード市場(179億円)の3倍以上となっています。

Master ringtones 1億4,800万円(67%)
Ringback tones 10億2,100万円(85%)

<ダウンロード>
シングルトラック 109億8,600万円(79%)
アルバム 67億8,800万円(81%)
音楽ビデオ 1億3,700万円(70%)
ダウンロード計 179億1,100万円(80%)

<ストリーミング>
サブスクリプション/音楽 506億9,700万円(125%)
サブスクリプション/音楽ビデオ 19億2,100万円(147%)
広告収入/音楽 24億2,200万円(156%)
広告収入/音楽ビデオ 38億8,500万円(119%)
ストリーミング計 589億2,400万円(127%)

その他 2億5,000万円(115%)


2020年年間の音楽配信売上は、783億円(対前年比111%)となり、プラス成長を7年連続に更新し、3年連続の2桁増となりました。

▶音楽配信売上実績(過去10年間) https://www.riaj.or.jp/f/data/annual/dg_all.html
 
  • 【2020年年間】音楽ソフト・音楽配信売上 合計
これにより、先月発表の2020年音楽ソフト(オーディオレコードと音楽ビデオの合計)生産金額1,944億円と、同年音楽配信売上783億円の合計は2,727億円(対前年比91%)となり、音楽ソフト(パッケージ)と音楽配信(デジタル)の比率は71:29となりました。

▶生産実績・音楽配信売上実績 https://www.riaj.or.jp/f/data/annual/msdg_all.html

音楽配信売上内訳は下記からもご参照いただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d10908-20210309-4832.pdf

以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本レコード協会 >
  3. 2020年音楽配信売上は783億円で7年連続プラス成長、3年連続2桁増を達成